頭髪の悩み解消は育毛百科でしませんか?

薄毛で悩む女性は約600万人

あなたの髪の毛は大丈夫ですかと、聞いたら

余計なお世話だと言われそうですが、生活が便利になっているけれど、色々と複雑にもなっていますよね。

 

頭皮回復手当てをしている女性とカラーで頭皮を傷めている女性

 

ゆったりした時間を大切にしたいのもやまやまだけれども、人との付き合いも大事。

 

そういった積み重ねが積もり積もってストレスをいっぱいに抱え込んで、毎日を頑張っていませんか。

 

長い人生の中の時間、そんなこともあります。

 

疲れたらちょっと、違うことを行うと気持ちもリフレッシュできますよ。

 

そうしてストレスを解消しながら、また元気に活きて行くのが大切なんです。

 

髪の毛は、生命に直接関与していないため、脳はそんなに重要視してないようなんです。

 

髪の毛は、植物とは別なもので比べることはできませんが、栄養がしっかり届いていないと、元気な髪の毛を育てることは出来なくなっていきます。

 

髪の毛の成長に大切なのは、毛球(毛根の一番下の部分)で、髪の製造工場が毛乳頭です。

 

髪の毛の元・毛母細胞に囲まれています。

 

皮膚は、表皮層・真皮層・脂肪層からなっていることは詳しいと思います。

 

髪の毛は体を覆う皮膚の一部が変化したもので、見える髪の毛は死んでいる細胞だと覚えてください。

 

頭皮から出ている(髪の毛)部分を毛幹でケラチンと言うたんぱく質で、頭皮の中に埋まっている部分が毛根(表皮層・真皮層・脂肪層)で、髪の毛を作っているのが毛根部分で、見える毛幹はすでに死んでしまった細胞なんです。

 

毛根部分で育った新しい毛(赤ちゃんの毛)の準備ができたら、押し上げられて頭皮からさよならして、役目は終わります。

 

髪の毛は頭皮に対して、斜め45度を保ち生えています。

 

これは、雨などの水滴が表皮層に直接当たらないようにしています。

 

これは日常生活を送っている上で、欠かせない働きです。

 

急激な体温低下(体温を一定に保つ恒温の維持のため)を防ぐ役目と、紫外線を遮ること、脳を衝撃、ものに頭がぶつかったりしたときに、思わず両手で頭を覆って守ると同じ様に、脳は髪の毛をクッションとして衝撃を軽減する役目を与えています。

 

脳はあくまでも私達の生命を守るためのプログラミングされています

 

しかし、私達人間はそれだけでは満足することはありませんよね。

 

そうです、欲求があります。

 

人間の行動を突き動かしている核があります。

 

私達人間は、どなたでも欲求(ニーズ)を持って生活を向上することを考えていると思います。

 

成功して、お金持ちになって、恋人と楽しく過ごしたい、これが、人間の行動を突き動かす欲求です。

 

安定したいという欲求、変化がほしい欲求、価値ある存在でありたいという欲求(重要感で)、愛されたい、誰かと繋がりを持ちたいという欲求、成長したいという欲求、何かに貢献したいという欲求。

 

この欲求は、男だけのものではありませんよね。

 

時代の流れで、女性の社会進出が進むことで、かなりの女性が外に出る機会が多くなっています。

 

男性も女性の目を気にして、メンズエステに通い脱毛をするように、見た目をというのを気にするようになるのは当然のことです。

 

女性でしたら、容姿やお肌のきれいなことを含め、髪の毛は見た目を左右する大きな要素とは思いませんか。

 

男性のハゲ・男性型脱毛症と同じ様に、女性の薄毛というのは自分の見た目がマイナス方向へと落ちていくとしたら、人間として深刻な問題です。

 

日本はまだ世界でも長寿の国として有名です。

 

平均寿命は女性のほうが男性よりも長くなり、これは逆転することはありませんよね。

 

女性の髪に対する悩みはさまざまですが、長い人生を充実させるためにも、きれいに年齢を重ねていくことを今から考えて生きましょう。

 

男性脱毛症に対する治療薬や育毛治療などのニュースが外国からも明るい話題として提供されています。

 

女性の薄毛に対するそういったニュースはどうでしょうか。

 

これまでは女性の薄毛はまったくというほど問題にされないというのが、本当ではないでしょうか。

 

女性の薄毛に関する情報も少ないことから、男性と同じ様な薄毛対策や育毛手当てをしてきました。

 

きっと、奥様なら一度は旦那様の使っている育毛剤をちょっと使ったというのが実情です。

 

薄毛の悩みは生活の質とも深く関係しています

 

薄毛は病気ではないためにどこへ行って相談してよいのか迷います。

 

年齢相応の髪の毛の加齢変化はどなたにでも起こるものですが、それならそのスピードをゆるやかにしたいと願うのは当然のこと。

 

女性の薄毛の原因は男性の脱毛症と異なり、女性の薄毛はさまざまな要因が複雑に幾重にも絡み合って起こることが多いため、薄毛の原因はひとつではありません。

 

薄毛の悩みは心の問題とも強く関わっているため、そのストレスを軽減していきながら、しっかりとした薄毛ケアをすることが、これからの長い人生を楽しく活きていく上でも重要だと感じております。

 

脳のお話になりますが、

 

脳は新しいことを嫌います。余計にエネルギーを取られるからです。

 

だから人間は知らないこと、分からないことに直面するとどこからとなく、不安感が芽生えてきます。

 

これは、脳がイメージさせることが抱く不安です。脳がブレーキをかけてストップさせようとします。

 

そこで、不安に負けて行動を起こさないと、何も変わることはできいません。

 

つまり「行動しなければ何も変わらない」、「行動すれば何かが変わる」、ということです。

 

読んだあとは、「行動」に移しましょう。

 

自分自身に向き合い、真剣に向き合えば変わります。

 

髪質が加齢に伴って変化してゆくことは、自然なことで、その曲線をなだらかなものにできれば、曲線が直線へと変化すると、老けたというマイナスな印象を周囲に与えることになります。

 

髪も皮膚の一部ということは、お知らせしましたね。

 

スキンケアと同じ様に考えて下さい。

 

何よりも、薄毛予防に大切なことは、頭皮のケアで健康な頭皮を取り戻すことで、90%は成功します。

 

男性型脱毛症(AGA)は約1260万人

 

当然、髪の毛はあったほうがよいですよね。

 

20代の男性は、友人にハゲできたと、冷やかされ不安です。

 

40代の女性は、責任ある立場で働いていますが、すごく頭頂部が気になって、色々な育毛剤を試したが効果が現れません。

 

30代の男性は、薄くなった頭皮を隠すために、整髪料を使うようになって、ますます薄毛が進行しています。

 

40代の男性は、地肌が透けて見えて同僚から冷やかされ、自宅で高価な育毛剤やシャンプーを買い、努力していますが進行を止められません。

 

女性の薄毛や男性型脱毛症の進行を止めるために、毎日使用するシャンプーが悪化の原因になっているとしたら、悪夢ですね。

 

とにかく、女性の薄毛や男性型脱毛症を自己防衛するために、使っているシャンプーやリンス、トリートメントが本当に安全なのでしょうか。

 

知っとくと便利な薄毛情報

 

薄毛の改善策のひとつに「増毛」があります。

 

エクステンションと同じように、1本の自分の髪の毛に複数の人口で作られた毛を結び付けて、人工的に髪の毛を増やす方法が「増毛」です。

 

だけど1本の髪の毛に数本の毛を結び付けるので、髪の毛に過重がかなりの負担になるので、かえって抜け毛につながることもあります。

 

根元からかなりのボリューム感があるので、薄毛が改善したように思われますけれど、自分の髪の毛は少ずつに伸びてきて、人工毛との結び目が下に落ちてきます。

 

ボリューム感を得たいというならば、定期的に増毛をしなければならず、これが繰り返すことであなたの頭皮の負担はかなりなものとなります。

 

薄毛対策のもうひとつに「植毛」があります。植毛とは頭皮の毛穴に自毛を植え付ける方法です。

 

一般に行われている単一植毛法は後頭部の皮膚を毛根ごと採取して株分けし、薄くなっている頭皮部分に一株ごと移植をしていきます。

 

形成外科医が1本1本植えていくため、一度に広い範囲に植えていくことは難しいので、何回か植毛手術を繰り返すことになります。

 

しかし、植えた髪の毛が100%定着するわけではなく、ヘアサイクルでいう休止期に入れば、植えた髪も抜け落ちます。

 

急いで調べて、女性の薄毛や男性型脱毛症が進行しないうちに、対策計画を立てましょう。

 

今から34年前の日本人の髪の太さの平均値は、0.1mmでした。

 

ストレス社会で問題の多い今は、0.009mm〜0.085mmと細くなっています。

 

私たちは、ストレスを受けると脳は、脳内アミノ酸テアニンの消費が激しくなります。

 

テアニンが不足するとα波が低下して、体にまで悪影響が及ぼされます。

 

生命維持に関係のない、髪の毛が一番真っ先に影響を受けます。

 

そのためストレスから来ている女性の薄毛・細毛が本当に増加しています。

 

ストレスで気(元気・精力)が滞ると、イライラしたり、気うつになると神経系と、血の流れにも変化が現われ、末端の髪の毛に栄養と酸素が届かなくなり、粗末な毛髪が作られるようになり、薄毛化が進行します。

 

外からの手入れと、体の中からのバランスを整えることで、体がより健康になり、美しい髪の毛が生えやすい環境になります。

 

じっくり基礎から、元の気を補い、血の流れに勢いをつけましょう。

 

もうひとつ、髪の毛が細くなっている原因が、市販のヘア用シャンプー

 

私が薦める「ルナレストル育毛シャンプー」とヘア用シャンプーを使用したときの、毛の太さの比較があります。

 

健常者でもルナレストル育毛シャンプーを使いつづけると、細くなってきた髪の毛を回復させることができました。

 

そして、男性型脱毛症の方が、ルナレストル育毛シャンプーを使い続けると、明かに髪の毛が太くなりますが、ヘア用シャンプーを使い続けた方は、逆の数値が現われました。

 

サービス業で対人的なお仕事をしている方:営業・販売員・サービス業。
人に見られるお仕事をしている方:教師・医師・講師など。
これから就職活動や恋人・結婚を目指している方にはオススメします。

育毛の基礎とは

育毛環境の改善

  • 痩せて萎縮傾向にある頭皮・毛穴の回復
  • 細胞増殖、毛の寿命を長くする育毛剤の塗布
  • 活性化と緊張緩和の頭皮マッサージ
  • 乱れた気血水のバランスを正常化する育毛サプリメント

育毛には、育毛剤を使った手入れだけでは、限界があることから、体と心の健康維持を考えた、総合的な育毛の手入れが必要になります。

 

元気とは、元の気で大気(酸素)から、気を取り入れ、食べ物から地の気を取り入れることです。

頭皮・毛穴の内部の大掃除

頭皮のおとろえ、異常の改善、毛穴のつまり、角化の予防、広く深い毛穴に、毛穴内部の残留物の大掃除と保護、次世代の毛の保護、血流の促進

 

浸透させ作用させる薄毛・抜け毛対策。育毛剤を積極的に使う方法や薄毛や抜け毛に効果を上る使い方があります。

 

トップ相互リンク

Net Office Nakai
薄毛父さんの育毛講座

 

育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う