疲労回復には、どれだけの質の高いノンレム睡眠を取ったかが問題。

スポンサードリンク

ノンレム睡眠の時間は、睡眠時間を長くしたからといって増えません

8時間寝る人も、6時間寝る人も、ノンレム睡眠の時間に大きな違いはありません。

 

違うのは、レム睡眠の時間。
ノンレム睡眠で最も重要なのは、最初のサイクル。

 

寝入りぱなのノンレム睡眠を深く眠ることで、
疲労と緊張は効果的に解消します。

 

短時間睡眠(ショートスリーパー)の人は、
レム睡眠を削ってノンレム睡眠を確保することで、
脳を休息させています。

 

ノンレム睡眠が奪われると、疲労で翌日昼間の眠気が強くなり、
レム睡眠が奪われても昼間の眠気にはほとんど影響がないことが報告されています。

 

レム睡眠が奪われた人は、変わりにその分を取り戻すため、
次の夜レム睡眠が通常より長くなります。

 

脳が活発に働いているレム睡眠は、記憶・情報の処理をしている。

 

したがって習慣にない新しい出来事をたくさん経験した日は、
レム睡眠の時間が長くなる。

 

また、知能指数(IQ)の高い子供は普通の子供と比較して、
レム睡眠の時間が長くなり、身体が休む間に処理しなければならない
情報がそれだけたくさんあるということです。

 

 

眠れば眠るほどシワの本数が減るの?

 

成長ホルモンに限らず、分泌されるホルモンは、
年齢を重ねるにしたがい減っていく傾向にあります。

 

成長ホルモンも16歳くらいをピークに減少します。

 

しかし、高齢になったからといってまったく
ホルモンが分泌されなくなるわけではありません。

 

 

成長ホルモンの働きとは

 

@筋・骨組織を成長させる
A体脂肪を少なくする
B免疫力を高める
C皮膚細胞を増殖させてシワを減らす

 

このことから質の良い睡眠によって、成長ホルモンがたくさん分泌されれば、
心身ともに健康が増進するだけでなく、美容とアンチエイジング(若返り)にも
役立つことが分かっています。

 

シワが出来たり肌にたるみが生じるのは、
皮膚細胞に含まれる水分の量が減ってくるからで、
成長ホルモンは細胞を増殖させることで、この失われた水分、潤いを取り戻します。

 

成長ホルモンが多量に分泌される時間帯を見てみると、
午後11時〜12時、次いで午前2時〜3時です。

 

この時間に起きていると、それだけ肌の潤いが無くなっていく。
夜更かしが美容にとって天敵となります。

 

睡眠不足が原因で肌が荒れ、吹き出物が出来てくるのは、
女性に限らず男性も同様。

 

睡眠がどれだけ肌の調子に関ることがお分かりでしょう。

 

高額な化粧品で手入れを念入りにしても、
細胞が新たに生まれ変わってくれないと、ツヤと潤いを備えた、
キメ細やかな肌にはなりません。

 

夜の睡眠を大事にしたほうが、美しさを維持する近道で、
より安くお金を無駄遣いしません。

 

美人は眠りには細心の注意を払っています。

スポンサードリンク

疲労回復と睡眠時間の長短記事一覧

しかし、4週間目を迎えると、平均睡眠時間が8時間15分に落ち付き、長い人で9時間、短い人で7.5時間。このことからも、人間の身体が1日に必要としている眠りは8時間前後であると分かったようです。しかし、この実験で分かったもう一つ重要なことは、睡眠を効率よく取るためには、多少の疲れやストレスが必要だということ。被験者達が寝付くまでの時間は長くなり、さらには途中で目覚めたまま4時間以上も眠ることが出来な...

朝型の人は、睡眠が深くその分、睡眠の浅い夜型の人より時間が少ない傾向にあります。ロングスリーパー(夜型)だった人が、ショートスリーパー(朝型)の生活に切り替えれば、それまでの消極的、内向的、悲観的な性格から、積極的、外交的、プラス思考の人間に生まれ変わることが出来ます。どうです。「早起きしよう!」ともった時点で性格はすぐに変わっています。睡眠時間と性格は、深く関係し合っています。睡眠時間の平均が4...

これは、ホルモンの分泌によるもので、男性はホルモンの分泌に周期性は無く、これによる眠りへの影響は見られません。女性は思春期を迎え、初潮を迎える頃をきっかけに、眠りの変化が始まります。これにも個人差はありますが、月経の周期は一般約28日。強いうつ症状、不安感、怒りの感情、中には自傷行為を行う人もいるといいます。しかし、生理が始まると治まり、普段は特に問題なく生活するのが特徴です。PMDDの正確な原因...

不眠の原因は一つに特定することは難しく実際には複雑に絡まって起こることが多いのです。@ストレス不眠症のほとんどはストレスが原因であることが多い。精神的な緊張や不安感は、身体に現れる不調がないと本人に自覚されないことも多いのです。眠りが浅い、夜中に目覚めるなどの傾向があります。A体調不良肩こりや腰痛、冷え性、目の疲れ、更年期障害などにより、睡眠に悪影響が出ることがあります。寝付きがよくない、起きたと...

1.出発前に十分な休養と睡眠を取っておくことです。東への旅行ならば、数日前から少しずつ早寝早起きを心がける。西への旅行ならば、逆に数日前から遅寝遅起きをして下さい。2.飛行機内では、到着地の時間に時計を合わせる。東方飛行上では、なるべく早く寝ておく。西方飛行上では、気持ちをゆったりさせ、映画を観たり、読書したりして、のんびり過ごしましょう。ただし、アルコールの摂取はほどほどに。3.到着後は、現地時...

ノンレム睡眠で深い眠りに入ると、脳の機能が休止状態に入るため、重い頭部はぐったりとして、すべての力が抜けている状態です。髪の毛は、重い頭によって枕の上で押し圧されているようなものです。寝ぐせを事前に防ぐ方法は、髪の水分を取った後、ナイトキャップを被るのがもっとも有効ですが、髪のボリュームが無くなってしまうことは覚悟しましょう。短い髪より細い髪より、太い髪のほうが寝ぐせになりやすいです。また、白人の...