スポンサードリンク

時差ぼけの解消法には

1.出発前に十分な休養と睡眠を取っておくことです。

 

東への旅行ならば、数日前から少しずつ早寝早起きを心がける。

 

西への旅行ならば、逆に数日前から遅寝遅起きをして下さい。

 

2.飛行機内では、到着地の時間に時計を合わせる。東方飛行上では、なるべく早く寝ておく。

 

西方飛行上では、気持ちをゆったりさせ、映画を観たり、読書したりして、のんびり過ごしましょう。ただし、アルコールの摂取はほどほどに。

 

3.到着後は、現地時間に沿って行動しましょう。

 

ただし、体内時計による覚醒の働きかけが、現地では何時頃になるかを予め計算して知っていると、同調はよりスムーズに運びます。

 

非常に明るい光は、体内時計のリズムを早める効果があります。

 

東方飛行では、現地の天気がよければ、無理にでも日光をタップリ浴びるようにすると効果的です。

 

時差ぼけは、体内時計が人間の生理に与える影響の大きさを示しているといえます。

 

起きた瞬間伸びをしたくなる

伸びをするとき、同時に大きく息を吸い込んでいることを気付いているでしょうか?

 

寝起きに大きく伸びをすると、気持ちがよく、「目が覚めた!」という気分を味わえます。

 

実は、目覚めにはこの深呼吸が大切なのです。

 

深呼吸をしようとすると、自然とお腹から大きく息を吸って吐く腹式呼吸をします。

 

朝方のレム睡眠は、脳は活動しても身体の機能が停止状態です。

 

眠っていた、身体の各組織に新鮮な酸素を送り込むには、この深呼吸が必要なのです。

 

起き抜けの腹式呼吸は、眠っていた全身の交感神経にとって、マッサージのような役目を果たします。

 

身体は心地よい刺激を受ける事で気持ちよく目覚めして、スムーズに動き始めることが出来ます。

 

起きても布団から直ぐに出られない、寒い時期には布団の中で大きな伸びをすると良いです。

 

手足の少し力を入れ、指先を上下に動かすと、さらに起きやすくなります。

 

伸びには、気持ちに「起きた」という活を入れる効果もあります。

 

長時間のデスクワークの後、乗り物に長い時間乗っていた後に、大きく伸びをすると気持ちいい経験はどなたも経験があると思います。

 

飛行機のエコノミークラス症候群は、長時間座っているために、下肢がうっ血状態になって起こることは知られています。

 

窓側に席を取ると、隣の人に遠慮してなかなか動くことが出来ず躊躇しますが、ときどき立ったり伸びをしたり、トイレに行くことで防ぐことが出来ます。

 

笑顔ですみません、と一言声をかけて席から離れるようにしましょう。

 

ちなみに、朝伸びをすることは、今日の体長を計るバロンメーターにもなります。

 

健康であれば伸びをするとスッキリといい気分になりますが、体調(主に血圧の状態)によって、めまいや立ちくらみを覚えたり、意識が飛ぶような感覚になることがあります。

 

このような場合は、低血圧、貧血、血糖値の異常、自律神経の不安定などさまざまな症状が考えられます。

 

朝、伸びをしても気分がよくない、むしろ目まいがするような場合、無理をしないで頑張りすぎることなく、力をセーブした1日を過ごすようにしてください。

 

食後は多少の休憩を取りましょう。人間に生体リズムの基本は、約25時間の周期的な自律性を持つ1日周期で、繰り返される変化(サーカディアンリズム)ですが、され以外にも約半日周期のリズム=サーカセメディアンリズムがあります。

 

これは1日を半分に分け、その半分の中にもそれぞれ活動期と休息期があるというリズムです。

 

午後になると、自然に眠気が出るのはこのサーカセメディアンリズムによって、休息期に入るからです。

 

昼食後に当たるため眠くなるのは食事を摂り、満腹のせいだと思いがちですが、実は生体リズムによるものです。

 

これには個人差があり、昼の眠気のピークが午後2時頃の人もいれば、5時頃の人もいます。

 

しかし、実際には眠気のピークは、その日の生活によって変化します。

 

興奮していたり、緊張していたり、仕事が忙しいと、眠気を感じないままで過ごすこともあります。

 

生体リズムは、このような臨機応変、流動的で、そのときどきの環境に柔軟に対応し、人類を生き延びさせてきたといえるでしょう。

 

食事を摂ることで、胃腸の消火活動が活発化します。

 

すると全身の血液は消化器周辺に集中しているため、大脳は一旦弱まります。

 

食事後直ぐに仕事や勉強を始めても効率が上がりません。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク