月経前特有の精神状態は、月経前不快気分障害(PMDD)と呼ばれます。

スポンサードリンク

男性と女性では、眠りが大きく違います

これは、ホルモンの分泌によるもので、男性はホルモンの分泌に周期性は無く、
これによる眠りへの影響は見られません。

 

女性は思春期を迎え、初潮を迎える頃をきっかけに、眠りの変化が始まります。
これにも個人差はありますが、月経の周期は一般約28日。

 

強いうつ症状、不安感、怒りの感情、中には自傷行為を行う人もいるといいます。
しかし、生理が始まると治まり、普段は特に問題なく生活するのが特徴です。

 

PMDDの正確な原因と明確な治療法はまだハッキリしていませんが、
PMDD患者には、眠りと関係するホルモンにある特徴が見られるという報告があります。

 

夜、プロラクチンの分泌が盛んになり、
甲状腺を刺激するホルモンの分泌がサーカディアンリズムと一致する。

 

さらに強い光を浴びてもメラトニンの分泌があまり増えないため、
PMDDが体内時計そのものに影響を与えている可能性があるといいます。

 

PMDDの諸症状が時差ぼけのひどい状態と似ているのも単なる偶然でしょうか?

 

 

不眠症に悩むのは女性に多いのは何故?

月経以外でも、女性の眠りに影響を与えるのが、妊娠や閉経による女性特有の身体に変化。
例えば、女性は妊娠すると、眠りが変化します。

 

妊娠直後には、黄体ホルモンによって猛烈な眠気に襲われ、
昼間でも眠くて堪らないといった状態になります。

 

妊娠後期には、ホルモン分泌が変化するほかにも、横になる姿勢が楽でなかったり、
夜中にトイレに行く回数が増えたりと、逆に不眠を訴える女性が多いのです。

 

また、出産後赤ちゃんの断続的な眠りに合わせて世話をしなければならず、
睡眠リズムの乱れた生活がしばらく続きます。

 

更年期障害が起こってきます。

 

閉経の前後数年間を更年期といい、その時期に身体の変化に対応できないで、
自律神経が乱れると、さまざまな辛い障害が起こります。

 

顔が火照る、汗をかきやすくなる、
息切れ、動悸が起こる、起こりやすくなる、肩凝り、腰痛、肌荒れなど多くの症状があります。

 

睡眠についてみても、寝付きが悪くなったり、夜中に激しいほてりに襲われて眠れなくなったりと、
不眠に悩む更年期の女性が多くいます。

 

ホルモン代替療法が用いられることで、一旦改善されることはありますが、ホルモンが一生を
通じて周期的に分泌している女性の身体は、睡眠に対しても敏感に反応するといえます。

 

一般に不眠を訴えるのは男性よりも女性の方が多いのですが、
その理由はこうしたことと関係していると専門家は言っているのです。

 

それまで以上に、規則正しい日常生活に送る、
栄養バランスの取れた食事と適度な運動を心がけるなど、取るべき対策はいろいろあります。

 

しかし、「女性の身体特有の仕組みだから仕方がない、
ゆったり構えよう」というくらいの余裕を持っていたほうが良いです。

 

男性にはなかなか理解しにくいかもしれませんが、
パートナーや家族がどのような周期にいるかが、注意して見て下さい。

女性はどうして生理前に眠くなるのか?関連エントリー

理想的な睡眠時間は何故8時間か?
よく「人間は一日平均8時間程度の睡眠が理想的」といいますが、8時間とは何故、どうして出てきた数字なのでしょう。1960年頃、アメリカの海軍病院で睡眠にまつわる実験が実施されたことにあります。温度と湿度を一定に保たれた無音で真っ暗な部屋で一週間続けられ、食事は液体栄養剤をストローで飲み、動くことは許されないベットに横たわったまま、起きているか眠るかのどちらかだけ。一週間、脳波が記録され、一日目は何にもすることが無くよく眠り、平均すると16時間ほどの睡眠で、20時間眠る人もいました。しかしその後、睡眠時間はドンドン減っていき、最終的に8時間前後になりました。
睡眠の2つ特徴的なタイプ
ショートスリーパーは、精力的、野心的、グループ内で有能さを発揮する人が多い。勤勉、自信家で社会に適応していて、性格的には果敢なところがあります。自分自身と現在の生活に満足して、政治などに対しても不平はあまり持っていない人。ロングスリーパーは、何事につけ悲観的、社会的、政治的に批判的な傾向が強い。ショートスリーパーに比べ、色々な面で満足していない、睡眠という行為を高く評価する一方、大部分の人は軽度か中度の神経病的問題を抱えている。
現代の若い人に増えている睡眠障害
「睡眠障害国際分類」の分類法によれば、88種類とも言われています。代表的なものが、睡眠無呼吸症候群(SAS)と、夜も眠っているのに昼間に猛烈な眠気を催すナルコレプシー(特発性過眠症)です。こうした睡眠障害が生活習慣病やうつ病発症の原因になることもあるといいますから、注意が必要です。
時差ぼけが起こる原因
体内時計と体外(現地)時計とのズレによって、睡眠障害が起こります。それに伴い日中に眠気に襲われることが多くなり、作業効率が低下する、疲労が溜まる、食欲が減退する、胃腸障害、目の疲れが生じたりします。時差ぼけの症状は、日本から米国など、東方飛行に顕著に現れるようです。
どうして寝ぐせが出来るのか?
寝ている間に、人は平均コップ1杯分の汗をかいています。それは発汗による熱放射で体温を下げ、よく眠るためです。当然、頭皮からも汗が出ていますから、乾いた髪のままで眠っても、髪は水分で湿ることになり寝ぐせになります。