スポンサードリンク

人間、普通は誰でも長く眠りたいもの!

朝型の人は、睡眠が深くその分、睡眠の浅い夜型の人より時間が少ない傾向にあります。

 

ロングスリーパー(夜型)だった人が、ショートスリーパー(朝型)の生活に切り替えれば、それまでの消極的、内向的、悲観的な性格から、積極的、外交的、プラス思考の人間に生まれ変わることが出来ます。

 

どうです。「早起きしよう!」ともった時点で性格はすぐに変わっています。

 

睡眠時間と性格は、深く関係し合っています。

 

睡眠時間の平均が4〜6時間のショートスリーパーでも、土日になれば起床時間は自然と遅くなります。

 

明日が休みだと思えばお酒も美味しく飲めますね。

 

「予定が何もない」と安心して気を緩めれば、結果ロングスリーパーに!

 

人間は放っておけば、どんどんロングスリーパーへ。それは、単なるルーズな人と変わりません。

 

政治家や事業家などの経営者は、自然とショートスリーパーになっていくもので、仕事量が多いだけでなく、約束があったり、自分以外の人たちのことを考えたりする機会が多い、責任も大きいため、仕事をのんびり始めているわけには行きません。

 

ちょっと早起きして、これまでは会社に9時に行っていたのを8時にしようという気になる!

 

それは、早起きするショートスリーパーは、前日の意識と責任感が違います。

 

責任と意識が変わってくると、それはリズムになっていくのです。

 

自分らしい眠りを体得するためには、ある程度のリズムを作るといいです。

 

リズムが本当に身体に叩き込まれるには、実際には100日かかり、最低でも30日は続けましょう。

 

そして、それを続けるために、目的意識が何よりも重要。

 

この目的意識があるかないかが、ロングスリーパートショートスリーパーを分ける要(かなめ)になると言えます。

 

ショートスリーパーの方に、活動的な人が多いというのは、性質や性格と変わりなく、目的意識、ヤル気があるからで、通勤・通学に長時間かかるから、仕事を遅くまでかかるからという理由で、やむなくショートスリーパーになる人もいます。

 

目的意識を持って睡眠時間を制御すれば、無理なく自分でコントロールできるリズムを作られます。

 

土日の休みはロングスリーパーでも良し。

 

月〜金は明日の予定・目的をハッキリさせ、ショートスリーパーとなるよう心がけるといいです。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク