女性ホルモンで知られているのが、エストロゲンとプロゲステロンがあります。

スポンサードリンク

いつまでもきれいで若々しく暮らしていきたい

男性の体内に少なくて、女性の体内にあってそれによって

 

守られているのが「女性ホルモン」です。

 

女性ホルモンは、女性らしいなめらかな体型を維持したり、妊娠・出産に大きくかかわっているホルモンです。

 

髪の毛を保持する働きをするのが、エストロゲンになります。

 

薄毛や男性型脱毛症で悩み、男たちが必要なホルモンなんです。

 

女性ホルモンとは卵巣から分泌されるホルモンなんで、卵胞ホルモン(エストロゲン)と、黄体ホルモン(プロゲステロン)です。

 

これらのホルモンの分泌量は確実に30代を境になだらかに減少するため、誰も避けられない加齢の変化です。

 

女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量は、20代(思春期)、30代(性成熟期)がもっとも分泌量が活発になり、40代の後半〜50代の前半(更年期)に入り女性ホルモンの分泌は坂を転げるように、分泌量は減少していきます。

 

60代・70代(老年期)に入り、個人差が出てくるので、髪質やお肌にもさまざまな変化が現れてきます。

 

女性ホルモンは、女性の一生に関わる物質です。

 

今から、これらのことを意識して、いくことが大切なのではないでしょうか。

 

女性の若さは、女性ホルモンの力で決定!

女性ホルモンの力とは、一般的に知られている生殖機能を司る女性ホルモンだけではありませんよ。

 

女性たちの子宮・卵巣の周りに凝縮されている生命のエネルギーのすべての力の事です。

 

その女性を守っている女性ホルモンそのものは悲しいかな女性の宿命で、加齢とともに減少をしても、増えることはありません。

 

だけれども心配はいりませんよ。女性ホルモンの力は、ほんのちょっとの工夫でパワーを蓄えることが可能になったから、どんどん頑張って、女性ホルモンの力を上げて、何でも積極的だった若いころの心身の健康をより戻せることを願っています。

 

ちょっと深刻なお話になりますが、

 

今と違って、昔は「子宮がん」を疑われただけで、子宮と卵巣の摘出をしていました。

 

女性の体のバランスが崩れ、更年期障害のような症状が出て、苦しんだ方が多かったにも事実です。

 

更年期障害の無縁な年齢で、突然目の前に差し出された現実は、同じ女性ならその心情を察することはできるでしょうね。

 

昔は人工的に更年期障害を作る手術をしていました。

 

いま一度、食事とセルフケアをあなたの生活習慣の中で実践するだけで若さと健康を取り戻せます。

 

女性の若さの定年はとても早く、何にもしないでいたら、35歳〜40歳前後で「老化」の波が押し寄せてきます。

 

そこで、あなたは「年齢には勝てません」と簡単にあきらめられるのか、積極的に「できることからしてみよう」と思うのか、あなたの決断(選択)次第で、5年後、10年後、20年後の未来が決まりますよ。

 

いま、はじめませんか!

 

30代の女性
女性ホルモンの減少を抑え、更年期の訪れを遅らせることが可能です。

 

40代の女性
更年期特有の悩みが軽減できるでしょう。

 

50代の女性
閉経時期を遅らせたり、閉経後も新たなバランスによって円熟した第2に人生のスタートの始まりです。

 

60代の女性
お医者さんいらず、薬は飲まないでイキイキとしたハツラツ生活を心から楽しめるでしょう。

 

このようになるには、日々の生活の中で少しずつ女性ホルモンの力を磨きあげることで、あなたは何歳になっても、若々しくキラキラと煌めく毎日を心から楽しめるマイライフを手に入れられるかもしれません。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク