スポンサードリンク

免疫システム

そばアレルギー、卵アレルギーなども、多くの人が食べても平気なのに、わたしだけが反応して、じんましんなどを起こします。

 

人間の体は、不要なもの有害なものと戦い、これを排除しようとするのが免疫といいます。

 

風邪ウイルスが体内に入ってくると、これを感知して抗体を作り、ウイルスと戦います。

 

アレルギー反応は、この免疫システムと同じ仕組みで起こります。

 

スギ花粉が鼻から入ったときに、その花粉に対して抗体を作って攻撃するのが花粉症。

 

攻撃が粘膜の上で起こるため、炎症を起こしてくしゃみや鼻水が出ます。

 

アレルギーは、免疫システムの誤作動といえます。

 

病原体などの有害なものを攻撃するのが免疫であるのに、無害なものまで間違って攻撃してしまっているのです。

アレルギーの原因物質

避けられないアレルゲンには、ダニやハウスダストです。

 

空気中に無数に舞っているものですから、避けることはできません。

 

花粉も同じです。

 

ダニ

アレルゲンになるダニは、チリダニといい、人を刺すダニとは別の種類です。

 

ダニはどこの家庭でも無数にいます。

 

アトピー性皮膚炎、気管支喘息、アトピー性鼻炎、アレルギー性結膜炎などの原因になることがあります。

 

ハウスダスト

ダニの死骸などを含む家庭内のホコリ。

 

ハウスダストもアトピー性皮膚炎などを引き起こします。

漢方薬で体質改善

アレルギーは人間の免疫システムの誤作動です。

 

普段から健康状態を高め、栄養バランスを摂ることで防ぐことが大切です。

 

漢方医学の大きな特徴は、自分自身の治癒力を高め、病気にならない体を作ることの考え方が根底にあります。

 

アトピー性皮膚炎の原因物質のダニは、無害なもので、ダニに負けない丈夫な体を作ることです。

 

アレルギーは、急に発症します

アレルギーは体質的なもので、生まれつきのものと思っている人が多いです。

 

花粉症のように、アレルギーはいつだれが発症するかもしれない、あなたもお子さんも、ある日突然アレルギーを発症します。

 

ある特定の物質にたくさん接触していると、アレルギーを起こすリスクを高くなる傾向はあります。

 

胃腸が弱かったなど、いろいろな要素を加わってアレルギーを起こします。

 

添加物の多い食品を摂ることもアレルギーを誘発するといわれます。

 

子どもは胃腸が大人よりまだ整備されていないため弱いので、食物アレルギーを起こしやすいです。

子どもが食物アレルギーにならないためには

同じものを毎日食べないこと、ひとつのものを一度にたくさん食べさせないことが大切です

 

添加物の多いもの

インスタント食品、ハム、ソーセージなどの加工肉、漬物など。

 

消化の悪いもの

生の魚介類やパイナップル、マンゴーのような南方系の果物です。

 

これらは、3才くらいまでは、与えないように注意してください。

アレルギー体質

アレルギーには必ず何か原因物質があります。

 

スギ花粉アレルギー、卵アレルギーというように、色々なものにアレルギーを起こしやすい人がいます。

 

そのような人がアレルギー体質です。

 

花粉症でも、スギだけでなく、ヒノキ、ブタクサなど次々に反応する人がいます。

 

食物アレルギーでも、果物や野菜など多くのものでじんましんなど起こす人がいます。

 

なぜこのようなアレルギー体質になるのかについては、医学的に解明されていない部分もあります。

 

食物アレルギーも胃腸が弱く、消化不良を起こしやすい人に多く見られます。

 

鼻の通りが悪い人が、花粉症を起こしやすいといわれています。

 

このように、もともとの弱い部分にアレルギーは、現れやすい傾向があります。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク