スポンサードリンク

排毒システムは大事

老廃物がからだの外に現れるメカニズム

食べ物は、胃腸によって消化吸収され、血液内に取り込まれます。

 

その他、血液には水分や肺から吸い込んだ酸素、内分泌臓器で作られたホルモン骨髄で作られ赤血球、白血球、血小板などの有効成分が存在します。

 

このように、さまざまな有効成分を含んだ血液は、体内のすみずみまで送られて配給しそれぞれの器官を養っています。

 

一方、各器官の代謝の結果、作られた老廃物の大部分も、血液に入ってきます。

 

水に溶けるものは、腎臓から尿として、揮発するものは、肺から呼気として排泄されます。

 

老廃物

=呼気、腎・膀胱=尿、子宮・膣=帯下、口腔=唾液、
=耳だれ、=鼻水、涙腺=目やに。
皮膚 汗腺=汗、皮脂腺=皮脂。

 

気血水

毒素・滞り・硬直の三角関係

体には、血液やリンパ液とともに生体エネルギーが流れています。

 

これを東洋医学では、気血水といいます。

 

生体エネルギーは、気の流れに当たり、血液とリンパ液はそれぞれ、血と水に当たります。

 

この3つの流れは、川の流れと同じで、どこかに滞りが出きると、そこにヘドロが溜まる。

 

これが、毒となります。

 

気の流れは、主に筋肉や腱にとって、あるいは筋肉や腱を流れています。

 

流れが滞ると、筋肉や腱が硬直します。体が硬くなります。

 

その人の体質や生活環境によって、滞りやすいところが変わるといいます。

 

したがって、ある人は、肩が痛くなり、別な人は腰が痛くなったりします。

 

痛みを伴なわなくても、筋肉が固くなることによって、動きが鈍くなることもあります。

 

血液のはなし

指を切ったとき、無意識にそこを押さえるか、口に加えるかしますがこれは一番正確な血止め法です。

 

血は体温に近い温度のときに一番固まりやすく、冷やしたら固まりにくくなります。

 

このときに一番大切なことは、安心していることです。

 

驚いたり、騒いだりするほど、血の出方は激しくなります。

 

プロボクサーは、血を止めることが出きるのはそのためです。

 

血の出るのは、血圧の高低に関係があります。

 

驚くと、交感神経の興奮で血圧の上昇するためです。

 

だから気づかずにいる傷が早く治りやすいです。

 

よい方法は、下腹に力を入れて強く息を吐き出しながら、傷口を押さえることです。

 

副交感神経の働きが高まって血圧が下がるから必然的に血も止まります。

 

筋肉を緩めているほど、血が止まりやすくなります。

 

血には、本来凝固して自然に止血させる材料を持っています。

 

ビックリする、恐れると、血の中のプラスミンが増え過ぎ、この材料の働きの邪魔をします。

 

血の中の繊維素原

体の異常があると増加します。ばい菌が入ってくると4・5倍ぐらいまでに増えます。

 

この繊維素原は、ばい菌をその部に閉じ込めてしまう土壌剤としても使われています。

 

繊維素原は、疲労や精神緊張の場合にも増えるので、血沈運動が早いからといって直ぐばい菌ありときめてしまってはいけません。

 

この繊維素原を作るところが、肝臓と骨髄です。

 

規則正しい食生活、よく運動している人の傷は治りやすく食べ過ぎている人の傷は、治りにくいです。

 

血が水のように軽くなる

体が疲れすぎて、血の中の水分が多くなっています。栄養不足になっています。

 

血の成分でこころの状態を知ることができます。

 

アドレナリンの量で興奮緊張しているかどうかが分かります。

 

ビタミンAが、不足すれば凶暴になり、カルシウムが不足していると興奮しやすくなります。

 

血液はホルモンを使い感情を全身に伝える

恋愛をすると体全体に変化が起こって美しくなり、副腎皮質ホルモンは皮膚の色を白く美しくする働きを持っています。

 

しかし、同一の感情が続くと、同一のホルモンだけが分泌過ぎるのでホルモン全体のバランスが乱れ、その血の偏りから神経もデリケートになってきます。

 

同一の心の状態が続くことを執着といいます。
執着心が生理的アンバランスを作り、こころの乱れから病気になる理由がうなずけます。

 

忘れたり、気にかけないことを、こころを放毛下するといいます。

 

こころの病は、放下するか、別の考え方をすると治ります。

 

うれしいことの連続でも異常になるのだから、恐怖心を持ち続けると害があることはうなずけると思います。

 

同一環境や同一刺激の中にいると、無意識に偏ったこころが続くようになりこころにも常時、旅をさせる必要があります。

 

常に学び、色々な考えの出きる材料を身につけて置くことです。

 

害があることはうなずけると思います。

 

同一環境や同一刺激の中にいると、無意識に偏ったこころが続くようになり、こころにも常時旅をさせる必要があります。

 

常に学び、色々な考えの出きる材料を身につけて置くことです。

 

環境を変えることも必要

嫌だなと思った瞬間に、全然これと反対な感謝する感情を、同時に起すことがこころのバランスが取れて、血の成分にも異常が生じないため、常時安定を保てるようにする訓練、練習が必要です。

 

血液は多だ漠然と流れていない

血液の流動には一定の法則があります。

 

必要に応じて対応または、同調して常時体温や血液量のバランスを保っています。

 

皮膚の血管と内臓の血管重とは対抗し合っています。

 

一方が、少なくなると、他方に多くなります。

 

寒さに合ったり、発熱前には、ガタガタ震えるのは内臓血管が、拡張して血液をそこに集めるからです。

 

熱気を覚えるときや発汗するときには、血が体表に移動するため、このとき食物を食べてはいけません。

 

脳の血管と腹部の血管

腹を緩めると脳血管が収縮します。

 

腎臓の血管と皮膚の血管は、同じ働きをしているようです。

 

発汗すると多くの水分を失うので一時的に、血が濃くなりますが、正常濃度に回復するため組織の中から、水分が吸収されますが、そのとき、組織の中の不要水分や有害物、老廃物を運び去り、不要脂肪も燃焼されます。

 

よく体を使う人の血は清く、怠け者の血が濁っているというのはこのためです。

 

血管の膨らみと縮みをさせているのは、自律神経がこの働きをしています。

 

この収縮と拡張のシーソーゲームが正しく行なわれているならば、自律神経の働きの健全性を意味します。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

排毒システム記事一覧

毒素が体内に入ったり、体内で作られる解毒の役割を担っているのは、主に肝臓です。血液とともに流れ込んだ毒素は、肝臓で処理されます。肝臓が疲れていると、解毒し切れなかった毒素が血液を介して全身を巡り最後に皮膚上で排毒や解毒の作業が行なわれます。肝臓は血液の解毒工場肝臓は、脂っこいものや甘いものをどんなに放り込まれても、アルコールでいじめられても何一つ文句を言わずに、淡々と働きます。肝臓の内部には、痛み...

外から入る毒には、口から入るものもあります唾液や涙、白血球に多く含まれるラクトフェリンは、体に不要なミネラルと結合し、体内への吸収を抑える働きがあります。細菌などの微生物の増殖を抑える除菌作用や殺菌作用を持ち、免疫力を引き上げるパワーがあるといわれています。ラクトフェリンは、腸内の悪玉菌に必要である鉄分を奪ってその増殖を優位にして、腸内環境が安定して、整腸作用が期待できます。ラクトフェリン約700...

唾液の種類を見極めて、しっかり分泌させることで、体の自浄作用を高めることが大切です。唾液の種類唾液には、安静時唾液と反射唾液があります。安静時唾液特別な刺激がなくても、絶えず分泌されている唾液をいいます。子どものよだれと同じもので、常に口腔内をサラサラと流れています。70%は、顎下腺から、25%は耳下腺から、残り5%は舌下腺から分泌されます。年齢と伴なう唾液腺の成長により、その分泌量は増加します。...

人間は日々代謝を行なう不要物として体の中からの、アンモニア、尿素、尿酸は、たんぱく質や核酸が分解されて出てくる老廃物です。他の、二酸化炭素は糖や脂肪が酸化され、エネルギーが取り出されるときに発生します。いずれも、生命を維持するために行なう代謝によっって出てくるものです。一生涯出され続ける不要物です。コレステロールや塩分などのように、体にとって必要なものでも、摂り過ぎれば不要物として排泄されます。不...

便には、栄養素が吸収された後のカスだけでなく消化液、粘液や粘膜などの消化管から出てきたもの、古くなって腸壁から剥がれ落ちた細胞、不要なミネラル、腸内細菌が含まれています。便の色茶色系、黒色系、赤色系、緑色系、白色系便は食べた物と全く違う色になって出てきます。便の基本的な色が、胆汁色素と食べ物のカスによってつけられます。胆汁色素とは、血液を赤く見せている、ヘモグロビンの残骸で、役割を果たしたヘモグロ...

腐敗便がおこる全身症状便の流れ大腸のカーブしている部分で遅くなり、滞りやすくなります。消化・吸収・排泄のサイクルが順調に行なわれていれば、一般的に、毎日1回以上の便通があり、滞っている便は、入れ替わります。しかし、便秘のために便が入れ替わらず、何日も腸内に滞るようになると、悪玉菌が、一気に増えて便を腐敗させます。腐敗した便は、古くて汚い便です。便は入れ替わっていれば、何の問題もないのですが、長期的...

茶色の便コロコロ便=便秘。半練り便バナナ便=健康。ドロドロ便=慢性→過敏性腸症候群の疑い、または肉、脂肪分の摂り過ぎ。泥水便=慢性→過敏性腸症候群の心配 一時的→食中毒、暴飲暴食の可能性。黒色の便コロコロ便=便秘の出血か薬の色。半練り便バナナ便、ドロドロ便、泥水便食道、胃、十二指腸、小腸からの出血を疑う、胃・十二指腸の潰瘍、胃がん、結腸がんの可能性。赤色の便コロコロ便=大腸下部のポリープの可能性。...

突然起こる急性、便秘が続く慢性便秘には原因や症状によってのタイプ特に害の大きいものに、腸内残留物があります。食欲不振、腹痛、舌苔(ぜつたい)、口中が渇く、咳がよく出る、腹が張る、だるい、疲れやすい、頭が重い、夏負けする、イライラする、まばゆい、性感低下、腰や手足が冷える、息が臭い、肩が凝る、腰が痛い、息苦しい、貧血しやすい、血色が悪い、異常血圧、内臓下垂、坐骨神経痛、肝臓や腎臓の異常、耳鳴り、蓄膿...

食物繊維は便秘を改善たけのこたけのこは、肝臓のグリコーゲンを分解して、血液中のグルコース値、血糖値を上昇させる酵素の働きを抑えることで、糖尿病予防に効果があります。食物繊維は便秘を改善、大腸がんを予防する作用があります。腸でのコレステロールの吸収を抑制する作用もあります。ブドウ糖の吸収を緩やかにして、食後の急激な血糖の上昇を抑える働きもあります。高血圧を予防してむくみも解消します。カリウムは塩分の...

スポンサードリンク