スポンサードリンク

便は腐る

腐敗便がおこる全身症状

便の流れ

大腸のカーブしている部分で遅くなり、滞りやすくなります。

 

消化・吸収・排泄のサイクルが順調に行なわれていれば、一般的に、毎日1回以上の便通があり、滞っている便は、入れ替わります。

 

しかし、便秘のために便が入れ替わらず、何日も腸内に滞るようになると、悪玉菌が、一気に増えて便を腐敗させます。

 

腐敗した便は、古くて汚い便です。

 

便は入れ替わっていれば、何の問題もないのですが、長期的に滞って、腐敗便になったとき体に多くの弊害をもたらすようになります。

 

有害物質の発生

腐敗便は、悪玉菌の格好の住みかです。有害物質を発生させるようになります。

 

腸内に、腐敗便が溜まっていると、おならや便が悪臭を放ったり、お腹が張ったりします。

 

血液へ侵入

有害物質は、腸内だけに留まらず、大腸粘膜の血管に入り込みます。

 

そして、血液を通して、全身に運ばれます。

 

有害物質が、皮膚に運ばれれば、肌荒れや吹き出物ができたり、体臭が出たりします。

 

肺に届くと息を吐くときに、口臭がし、脳に届けば、頭痛が起きやすくなります。

 

肩こりや冷え性も起きやすくなります。中には、がんを引き起こすものもあります。

 

活性酸素を発生

腐敗便を貯め込むと、活性酸素を発生します。

 

他の有害物質とともに全身に運ばれた、活性酸素は、体の免疫力も奪い、細胞を破壊していきます。

 

活性酸素の影響で、免疫力が低下すると、さまざまな感染症にかかりやすくなります。

 

細胞に異変を起こし、がん細胞を活性化させます。

 

それ以外に、動脈硬化などの血管障害を引き起こしたり、全身の細胞の老化を促進させたり疲労感や倦怠感を起こしたりします。

 

このようなことが起きないためにも、毎日の排便はとても大切です。

 

腸内腐敗を防ぐ

腸内腐敗は決して健康によい影響を与えません。

 

だからこそ、悪玉菌を減らして、善玉菌を増やし、腸内を発酵状態にすることが大切です。

 

そのために、私たちが気をつけなければいけないのが、食事です。

 

高炭水化物・高繊維の食事を摂り、ヨーグルトや各種オリゴ糖入り食品を食べると善玉菌が増えます。

 

一方、肉などの動物性たんぱく質は、悪玉菌のエサになります。

 

肉を食べ過ぎないようにして、ストレスは悪玉菌を増やしますので、適度に発散を心がけてください。

 

朝は排便の絶好のチャンス

便をお腹に溜めないようにするには、朝食が大切です。

 

朝起きたときは、胃の中は空っぽの状態です。

 

そのとき、胃に食べ物が入ってくると、胃・大腸反射が強く起こり、便意を促す強烈な刺激となります。

 

また、水分を摂るのもよいです。

 

コップ1〜2杯の水を一気に、飲み干すことによって、胃腸に刺激を与えます。

 

温かい飲み物よりも、冷たい飲み物のほうが、よい刺激となります。

 

水分は、胃腸に刺激を与えるだけでなく、大腸内で水分を吸収し尽くされ、硬くなった便をしっとりと軟らかくする効果もあります。

 

これらができていても、食事時間が不規則、睡眠不足などの生活習慣が乱れたり、出勤時間が間に合わないといった、理由で絶好の排泄タイムを、逃してしまったら、意味がありません。

 

時間に余裕を持って、排泄タイムを習慣化しましょう。

 

舌は、消化器官の玄関口

噛んでいるときには、舌も働いています。

 

舌には、甘味・酸味・苦味・塩味の4つの主な味覚のレセプターがあります。

 

もうひとつ、うまみを感じる部分もあります。

 

食べ物をほしくて、たまらなくなるのも、ある食べ物のことを考えると、よだれが出てくるともこのためです。

 

身体の中で、食事に関する綱引きをさせているのも、ある程度このせいです。

 

身体には、エネルギーの行き場がないかも知れなのに舌は、ある食べ物(おいしくて、エネルギーたっぷりの食べ物)を食べたくなる、とういう状態です。

 

甘味・酸味・苦味・塩味は、生まれながらに持っている好みです。
自分の遺伝子のいうがままに、好きか嫌いかのどちらかです。

 

しかし、脂肪は後で身についた嗜好です。ということは、脂肪を嫌うことも学習できます。

 

口には、あなたの内なる配管への玄関の役目を果たしています。

 

消化という点から、いえば、口での困ったことは、ほんの少ししかありません。

 

唾液の酵素の問題、歯の問題、歯茎の問題くらいです。

 

消化器は太っ腹

私たちは、生きるために食べなければいけません。

 

胃はほとんど、どんなものでも消化できますが、初めてのものや毒のある食べ物も試すこともできるように、食べ物を吐き出したり、ガスをゲップで出したりすることができます。

 

この逆流を減らすために、食道が胃に入るところは、鋭角になっていますがこの接合部(胃食道接合点)が、開いていたら(鋭角の度合いが広まっていたら)GERD(胃食道逆流症)になり、灼熱感や消化不良を引き起こします。

 

胆のうは胆汁をたくわえ、食べ物が胃を通過してくると、小腸に胆汁を分泌します。

 

たくわえられている胆汁が、困って胆石となり、痛みを引き起こすこともあります。

 

食道

食べ物は、胃に入ってから、真っ直ぐ胃に入っていくわけではありません。

 

胃は食道のところで、わん曲しているので、その横の入口は、胃液が逆流したり少なくとも口まで戻ったりするのを防いでいます。

 

でも、年を取るにつれて、胃は食べ物により敏感になり、多量の酸を出すようになります。

 

食べ物を、戻す能力は、私たちを守っています。

 

この毒をコントロールする仕組みは、自分の身体から有害物質を出すのに役立っているわけで、同時に酸の逆流の原因にもなっています。

 

食道は鋭角に、胃に入りこんでいて、食べ物が通過した後、胃の内容物が食道に逆流しないように捻じれています。

 

もし、この鋭角が裂孔ヘルニア(角度を鋭角保つための筋肉に生じる異常な穴)などのために歪められると、酸が食道に逆流することがあります。

 

胃酸を大量に出すようなことをすると、夜遅くにたくさんに食べたりすると、肥満になるのはもちろん、胃液が食道にあふれ出る危険があります。

 

食道の内膜は、胃の内膜ほど保護されていません。胃よりずっと敏感です。

 

そのために、喉に痛みが生じると、まるで誰かの喉で、火のついたマッチを動かしているような感じがします。

 

胸やけが繰り返し起こると、GERD、胃食道逆流症(胃酸などの胃内容物が、なんらかの原因で、食道に逆流する症状)になってしまいます。

 

GERDは、食道に慢性的に炎症を起こさせることから、がんの原因になることもあるので危険です。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

 

ページのトップへ戻る

ページのトップへ戻る

スポンサードリンク