スポンサードリンク

気血水とは

漢方医学は気血水で生命を維持する考え更年期障害は、気滞、お血。

 

メタボリックシンドロームは、水毒、お血。

 

老化による病気は、気虚、水毒の人に多く見られます。

気は、人間を生かしているエネルギー

生命力のことで、ふだん何気なく使っている「元気・陽気・やる気・眠気」などの言葉は、人間の精神や肉体的状態「気」というエネルギーが大きく作用していることを示しています。

 

気というのは、目には見えませんが、体の中をくまなく循環しています。

 

健康な体では、気が滞りなく全身を巡っていますが、体力が低下したり、ストレスがかかったりすると、気の巡りに悪影響を及ぼし、気に流れが滞ったり、循環する気が足りなくなったりしてきます。

気の不調

気滞

気の流れが障害された状態。頭が重い、喉が詰まった感じがする。

 

息苦しい、お腹が張るなどが見られる。

気虚

気が全体的に不足し、滞っている状態。

 

気力の減退や疲労感、だるさ、食欲不振などが見られる。

 

「血・水」の循環も滞っていると見ます。

気逆

気の流れが逆行している状態。のぼせや動悸、発汗、不安感などが見られる。

血は全身を循環して、生命を活動させる液体

皮膚、筋肉、目、鼻、胃腸、子宮などあらゆる組織、器官に栄養を運んで、生命を活動を維持する液体で、西洋医学でいう「血液」とほぼ同等なものと考えられます。

 

血の循環が順調であれば、皮膚が潤い、力がみなぎり、生命活動が活発になるといいます。

逆に血量が不足したり、血の流れが滞ったりすると、血の不調

お血

血がスムーズに流れず、停滞している状態。

 

月経異常、便秘、お腹の圧痛(押すと痛む)、肌荒れ、色素沈着などが見られる。

血虚

血液が全体的に不足している状態。貧血、皮膚の乾燥、脱毛、血行不良などが見られる。

水は体内をめぐる血以外の水分

体液や分泌液、尿や浸出液のことを示します。

 

水の循環が順調であれば、皮膚に潤いと張りをもたらし、筋肉、関節の動きを容易にして脳が栄養で充実するといいます。

逆に、水分が不足したり、水分を調節する器官に異常があったりすると、水の不調

水毒

水が停滞や偏在している(必要なところには少なく、必要のないところに溜まっている)状態。
むくみ、めまい、頭痛、下痢、排尿異常などが見られます。

問診は、漢方独自の症状・兆候を聞く

喉が渇いて水分を飲みたがる口渇と、口内を湿らすだけで水分を飲むのは好まない口乾では処方が全く異なります。

 

患者さんの言葉の中に治療のヒントが含まれています。

 

自分がどう辛いのか、ありのままに伝えてください。

 

小児の場合、診療室で「おとなしい」か「じっとしていられなくて動き回る」かも処方を決める参考になりますので、お母様は、お子さんの自然体を診せるようにしてください。

 

食事が腹診に影響するので、診察の直前に飲食は控えてください。

 

腹診では、下腹部の圧腹も診るので、診察前にトイレを済ませてください。

 

薬の効果は人により違います。西洋薬も実際は効き方に相違があります。

 

薬物は体内では、消化器や肝臓などで吸収・代謝を受けるため、個人差が非常に大きいといえます。

 

漢方薬は、個人の自然治癒力を最大限に発揮できるような個別の処方箋や「さじ加減」をして効果を上げるようにしています。

 

漢方医学では、基本的には生体のある部分の異常が全身の機能に、どのように波及し影響し合っているかを、総合的に考えます。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク