スポンサードリンク

未病を治療する

漢方医学の基本

頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り、食欲不振、手足のしびれ、体のだるさなど何らかの継続した自覚症状があるのに関わらず、病院で検査を受けても異常が見つからない。

 

そんな半健康、半病気ともいえる状態を、漢方医学では「未病」と呼びます。

 

未病を病気の状態に近づいている1つの過程で、体が発している警告をとらえます。

 

健康診断では、異常が現れなくても、日頃から自分の体質や体調の乱れを意識して未病を見つけていくことが大切です。

 

漢方の「漢」は、中国を意味します「方」は治療方法を意味し、漢方は中国由来の治療方法を指します。

 

医療機関の7割近くがすでに、漢方薬を日常診療に導入しています。

 

そして、併用してはいけない場合も含め、漢方薬と西洋薬の得手、不得手とする分野が次第に明らかになってきています。

 

抗がん剤と漢方薬の併用のように、ターゲット臓器に対する治療として作用の強い西洋薬を全身状態の改善や西洋薬の副作用の予防・軽減を、漢方薬でとって具合にすみ分けをしつつあります。

 

大きな曲がり角にある、日本の医療制度で総医療費をどう抑制するかという問題は重要です。

 

この点、最新の漢方治療の医療経済学的評価は、注目に値します。

 

風邪を漢方薬のみで治療した場合と西洋薬で対症療法をした場合を比較した結果漢方薬を使った方が治癒に至る日数も少なくなります。

 

肝硬変の治療費用も西洋医学的治療のみと、漢方治療を併用した場合で比較したところ漢方薬併用の方が低コストになるとい推計もあります。

 

高齢化社会になり一人で種種の病気を抱える人が増えています。

 

常に全身を治すという漢方の考えは合理的で、社会的ニーズでもあり、医療費の無駄には当たりません。

漢方医学の「証」という診たて

患者さんの体質、病態の個性や特徴、こころと体の状態を全体的に現すものです。

 

体格がよいか悪いか、体力があるかないか、元気があるかないか、顔色がよいかわるいか太り気味か痩せ気味かなどを総合的に診ていくことです。

 

証が違えば、西洋医学でいう病名が同じ人同士でも、異なる漢方薬を処方することがあります。

同病異治・異病同治

風邪にかかった場合、赤ら顔で暑がりの人と、青白い顔で胃腸が弱い人では、処方する漢方薬はまったく異なります。

 

反対に、風邪や肩こり、蕁麻疹といった、西洋医学からするとまったく違う病気にも、葛根湯という同じ漢方薬を用いることがあります。

 

小柴胡湯(しょうさいことう)という漢方薬は、肝炎に使うこともあれば、風邪をこじらせたときに使うこともあります。

 

一見、関係ない病気に、同じ薬を用いるのは、その人の病態を示す「証」が同じだから。

 

このように証というのは、漢方医学の治療において、非常に重要なポイントとなります。
漢方では、四診(ししん)と呼ばれる診察が行われます。

 

望疹(ぼうしん・視診)、聞診(ぶんしん)、問診(もんしん)、切診(せっしん・触診)を指す。

 

切診の中でも、腹診(ふくしん)というお腹の診察には特別な意義があります。

 

長年の経験の積み重ねが、体系化されています。

 

腹診には、患者さんの全身状態と病態に特異的な局所反応を同じにつかむという狙いがあります。

 

全身状態に対する抵抗力の強弱を知ることができ、局所の漢方所見と合わせて処方が決められます。

 

西洋医学の腹部所見の診察は、お腹に何か異常なものがないかなど「診断」のための診察です。

 

一方、漢方の診察は、処方の手がかりとなる、所見を見つけるという治療という観点からの診察です。

 

漢方では、目の病気であっても、鼻の病気であっても必ず腹診をします。

 

漢方では、診察行為は、同じに治療行為でもあります。

 

患者さんの体のじかに触れることは、医療行為の原点です。

 

診察の際に、決して過度の苦痛を与えないことが腹診のコツです。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク