スポンサードリンク

望診聞診問診切診

四診(望診聞診問診切診)を行ない、医師の五感を駆使する診察方法

 

独特な漢方医学のものさしを使って、実際に患者さんの「証」を決定して、その患者さんに適した、漢方処方と結びついて、治療法の決定にもなります。

望疹

目で診て行なう視診のことです。患者さんが診察室に入ってきたときから始っています。

 

患者さんの体型、体格、顔色、目、唇、舌、皮膚、爪、頭髪などの状態を観察して気血水の乱れがないか確認していきます。

 

むくみが見られれば「水毒」、皮膚が乾燥してカサカサしたり、ひび割れていれば「血虚」の可能性を考えたりします。

 

望疹の中で、特徴的なのが「舌診(ぜっしん)」です。

 

漢方医学では、舌の状態に体の異変が表れており、舌質(色や形)と舌苔(表面につく苔状のもの)、舌の側面につく歯型のあとによってむくみも有無などを観察します。

 

健康な人の舌は淡紅色で、全体に白い場合は冷え、赤っぽい場合は熱があることを示しています。

 

健康な人でも薄く白い舌苔が見られるものですが、舌苔が厚い場合には水毒を表します。

 

また、舌の裏側が紫色に腫れて浮かび上がっている場合は、お血が考えられます。

舌の色

淡紅舌

健康な人の舌の色。全体に淡く赤い色をしていて、湿っているのが特徴。

淡白舌

舌の色が正常な状態(淡紅色)より、さらに淡い様子。

 

虚証と判断され、貧血気味の人によく見られます。

紅舌

舌が正常な状態により赤く濃い状態。

 

発熱、脱水症状の時に多く見られる。お血状態と判断できる。

紫舌

紫、または青色の舌。お血状態で、強い冷え性の人に多い。

舌の形

胖大舌

口の幅いっぱいに膨張した舌で、気虚、水毒が考えられる。

紅点

舌の表面に赤い点が点在する舌で、熱証、お血が考えられる。

舌の乾湿

乾燥していれば熱証、湿っていれば寒証が考えられる。

歯圧痕

舌に歯のあとが付いた状態で、水毒が考えられる。

聞診

聴覚と嗅覚を使って行なう診察です。

 

患者さんと会話しながら、声の出し方、力強さ、咳、呼吸音、胃やお腹の音を聞いたり口臭や体温を調べたりします。

音の診察

話し方

はっきりと力強い人は、気が循環し、充実した状態。

 

ほそぼそと力のない人は、気が不足し、気虚の状態と考えられます。

呼吸

力のある人は実証、ない人は虚証と考えられます。

お腹の音

お腹がグルグルと活発になっているような場合、気血が滞っていると考えられます。

力強い場合は実証、弱いものは虚証が考えられます。

においの診察

口臭

胃腸の調子が分かり、裏に熱があると考えられます。

体臭

代謝の異常、皮膚の調子が悪いと考えられます。

尿臭

無色透明、においのあまりないものは実証、色が濃く、においがきついものは熱証と考えられます。

便臭

においがあまりないものは寒証、においがきついものは熱証と考えられます。

問診

現在の症状、経過、これまでにかかったことのある病気、アレルギーの有無などを質問します。

 

全身の状態、日頃の生活に関することなど、質問の幅が広いのが特徴です。

 

食欲の有無は「虚・実」、女性からは、出産経験の有無や月経の状態は「お血」の判断材料になります。

脈診

漢方医学では、両手首の脈を診ます。脈の強さ、速さ、脈拍数、緊張状態を調べます。

 

気血の通り道の脈を調べることで、気血のバランス、病気の状態、抵抗力の強さなどが分かるとされています。

 

触れただけで脈が分かる場合は「脈が浮く」と表現され、熱性の病気の初期で多く見られます。

 

指を強く押しつけてやっと脈が分かる場合は「脈が沈む」と表現され、冷えや慢性的な病気で体力が消耗している際に多く見られます。

腹診

漢方医学では、特に重要視されている診察法です。

 

患者さんの仰向けに寝てもらい、腹部に直接触れ診察します。

 

お腹を手の平で押し付けて見たときの反発力である「腹力」は、生命力の強さを表していると考えられており、腹力の強いものを実証、弱いものを虚証とし、強くも弱くもないものを中間証とします。

 

さらに特定の場所を押してみて、抵抗感や痛み、こりがないかどうか確認します。

 

腹部の場所によって、次ぎのようないくつか特徴的な症状が見られます。

胃内停水(いないていすい)

みぞおちのあたりを軽く叩いて、ポチャポチャと音がする場合、水毒が考えられます。

胸脇苦満(きょうきょうくまん)

両側の肋骨の下からみぞおちにかけて、張りやつかえ感があり、押すと痛みや抵抗が見られる場合、ぜんそく、肝臓や胆道の病気が考えられます。

小腹不仁(しょうふくふじん)

下腹部に触れると、腹部の筋肉が弱く、押すと柔らかくへこむ場合、虚証と考えられます。

 

足腰の弱い人、高齢者に見られます。

心下痞鞭(しんかひこう)

みぞおち部分につかえた感じがあり、押すと痛みや反射的な抵抗がある場合、消化器の病気が考えられます。

小腹硬満(しょうふくこうまん)

下腹部、特にへそへの下部が硬く腫れ、押すと痛みや抵抗がある場合、お血が考えられます。

 

月経異常や女性特有の病気、肝臓病などで見られます。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク