スポンサードリンク

活性酸素の発生原因

紫外線・薬物・炎症

紫外線が皮膚に当たると、活性酸素が発生して、皮膚の老化に深く関係があります。

 

ブレオマイシンなどの抗がん剤、パラコートなどの農薬、たばこの煙など化学物質が原因となって活性酸素が発生することもあります。

 

活性酸素は、細胞を傷つける毒作用を持っています。

 

プレオマイシンやアドレアマイシンのような抗がん剤は、このことを利用しています。

 

体の中で活性酸素を発生させ、がん細胞を殺すのが作用の原理です。

 

がん細胞は、活性酸素に対する防御機構が比較的弱いので、このような抗がん剤が有効ですが、抗がん剤はがん細胞だけを殺すことはできません。

 

正常細胞にも傷害を与えてしまい、副作用が現れます。

 

それから、体の中に細菌が侵入してくると、白血球が退治に向かい、白血球が細菌を殺すのにも活性酸素を用います。

 

活性酸素は必ずしも悪役だけだはありません。

 

しかし、白血球が細菌を殺すために作り出す活性酸素は、往々にして周りの組織に傷害を与えてしまうのが、炎症の原因になるといいます。

 

腎炎、肝炎、アトピー性皮膚炎など、炎という名のつく病気には、たいてい活性酸素がからんでいるといわれます。

 

活性酸素はDNAを傷つけるので、がんの原因にもなります。

 

慢性的な炎症ががん化を引き起こす可能性があります。

 

例えば、胃炎の原因のピロリ菌による胃がんの発生など。

活性酸素によって細胞が傷つく

遺伝子の本来のDNAが傷つく

活性酸素は反応性が強いので、体のいろいろな成分と化学反応を引き起こします。

 

DNAは活性酸素の作用によって、鎖の部分が切断されたり、塩基の部分がはずれてしまったり、塩基が酸化されて別の構造に変化したりします。

 

4種類の塩基のうち、Gが酸化されて生ずるOHG(8-ヒドロキシ-2-デオキシグアノシン)という物質は、DNAの活性酸素による傷害を示す目印として知られています。

 

DNAの大部分は核の中にあり、ミトコンドリアの中にも少量のDNAがあります。

 

ミトコンドリアのDNAは核のDNAよりもOHGを10倍以上含み、呼吸作用が行なわれる場のミトコンドリアが、活性酸素の発生する主な場所で、

 

若い間はあまり増加しませんが、老齢期に入ると急に上昇し、70才を越えるとOHG量が増加するといいます。

 

培養した細胞でも、老化した細胞のOHG量は、若い細胞に比べて約35パーセントも高く、年をとるにしたがって、活性酸素によるDNAの傷害を蓄積してくることがうかがえます。

たんぱく質や脂質も傷つく

たんぱく質も活性酸素により傷害を受け、たんぱく質は多彩な機能を持ち、生命活動の実際上の担い手です。

 

たんぱく質はアミノ酸がたくさんつながってでき、活性酸素によっていくつかのアミノ酸が酸化されてカルボニも化合物と呼ばれる物質に変化します。

 

カルボニル化合物は、老化とともに増えたウェルナー症候群の患者の細胞やアルツハイマー病の患者の脳では、同じ年齢の正常な人に比べてたんぱく質中のカルボニル化合物の量が多いといいます。

 

また、老化した動物の体内には、活性が低下したり、熱に不安定になったりしている異常な酵素が蓄積しているのが見つかっています。

 

これも活性酸素によるダメージのせいではないかと考えられています。

 

そして、活性酸素は脂質にも傷害を与えます。脂質は、細胞膜の主成分です。

 

活性酸素の攻撃を受けると、脂質が酸化し、過酸化脂質を生じ、そうすると細胞膜の性質が変わったり、細胞の中身が漏れ出したりします。

 

また、過酸化脂質は強い酸化力を持っていて(一種の活性酸素と考えられている)、たんぱく質などの他の体の成分を酸化し傷害を与えます。

 

年をとったネズミの脳や肝臓には、若いネズミの数倍の過酸化脂質が存在し、年をとった培養細胞にも若い細胞の数十倍の過酸化脂質が蓄積されているといいます。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク