スポンサードリンク

健康に大切なのは体の柔軟性

健康に大切なのは体の柔軟性
体が柔らかいということは、筋肉、血管、
神経が柔軟であることに繋がります。

 

筋肉の柔軟性がとても大切です。
刺激を受けた、そのときに筋肉が生まれます。

 

ウェイト・トレーニングなどは、
筋肉がコンパクトに縮むかを
効率的に鍛えられるよう考えられています。

 

縮めることばかりに力を注いでも限界があります。

 

縮む筋肉の反対側には、
緩んで引き伸ばされている筋肉があるので、
その筋肉が柔らかくないと十分に縮まないために、
力が発揮できません。

 

筋肉はどれだけ伸びるかによって
運動能力は高まります。
筋肉が硬くなると、足首、膝、腰、背骨の
各関節、肩の関節の動きが悪くなります。

 

筋肉を柔軟にすれば、
硬かった関節も柔らかくなって運動能力は高まります。

 

育毛無料相談で、
肩こりがすごいと書いてくる人が現代は意外と多いです。

 

肩こりするということは、筋肉の緊張の現れで、
肩から首筋、後頭部、頭頂部とこっているはずです。

 

頭皮もこっていますが、感覚はないことがほとんどです。

 

頭皮がこるということは、10万本ある毛穴が緊張して
毛の育毛環境が悪化していることを現しています。

 

頭皮マッサージとぜひ、ストレッチ運動をしてください。

元気よく歩くためには

立ったり歩いたり、
日常生活のすべてが筋肉活動によって支えられています。
年齢とともに筋肉が硬くなるとスポーツばかりか、
日常生活に支障をきたします。

 

筋肉が萎縮、硬化して、
運動能力低下し動きが悪くなり、
ますます体を動かさなくなって、
さらに動きが悪くなる悪循環です。

 

使わない筋肉が萎縮することを廃用性萎縮。
廃用性萎縮を起こした筋肉でも、
動かして柔らかくすれば機能は回復する。

 

予防は、筋肉(縮む力)を衰えさせない、
よく伸びる柔らかい筋肉が大切です。

 

筋肉を柔らかくし、動きを良くして、
歳をとっても元気よく歩くことができます。

老化は「あし」から忍び寄る

足の運びが悪くなると老化を意味しています。

人間の体の筋肉は腰から脚にかけてたくさんあります。

 

体を動かす骨格筋の7割近く達する9割近くが、
お尻や大腿のうしろ、ふくらといったはぎ
体の後ろ側についています。

 

柔らかい筋肉であれば自在に関節もうごくので、
足元がふらつくこともありません。

 

使わなかったり動かさないでいると、
筋肉も血管も萎縮し衰えます。

 

動かさないでいたため、
血行が低下して栄養分が筋肉に行き渡らず、
筋肉がやせ細るため、血液の流れの良し悪しは、
血色=顔色になって表れます。

 

首から頭皮に循環している血管は、
頭頂部になるほど細い血管から補給されています。

 

毛細血管は毛の太さの
1/10くらいの太さしかないのです。

 

頭皮の緊張や圧迫で、血液の流れは制限され、
毛が育ちにくい環境となります。

 

いい毛を生やす環境は、
頭頂部の一部の血管だけを拡張するのでなく、
肩から首筋、後頭部、頭頂部までの
血の循環をよくすることが大切です。

 

頭皮の緊張を緩和することで、
血液の流れも改善されていきます。

血液の働きとは

1. 細胞が活動するために
 必要な栄養素や酸素、ホルモンを供給する。
2. 細胞の活動によって産出しった炭酸ガスやアンモニア、
 乳酸の老廃物を回収して疲労を回復させる。
3. 体温を36度前後に保ち、身体機能を高進させる。
4. 病原菌から身体を守る、生体防御。
5. けがなどによる出血を止め、破損箇所を補修する。

 

健康が維持されているのは、血液の働きがあるからです。
体には本来、健康な状態を維持する
ホメオタシス=恒常性、元の健康な状態に戻そうとする
自然治癒力が備わっているが、
働きを十分発揮させるのは、血液のスムースな循環が不可欠です。

細胞の新陳代謝が若さを保つ

血液が澱めば濁る。

東洋医学では、濁った血液のことを
お血といって万病の元と考えます。

 

細胞が活動するために必要な栄養や酸素は、
血流によって供給されます。
乳酸や老廃物も血液によって運び去られます。

 

血液の流れが悪くなれば、
細胞は栄養や酸素が不十分でしかも
老廃物は溜まった状態で働かされることになります。

 

細胞は、日々分裂を繰り返して新しい細胞を生み出します。
血液の流れが悪くなれば、
細胞分裂の勢いが衰える、老化が早く訪れます。

 

いきいきとした活力のある細胞であってこそ、
新しい細胞を生み出し、
活力のない不健康な細胞よって生まれた細胞で
構成された内臓では、その働きは低下し、
皮膚もつや・張りを失います。

 

健康な体を作るには、
血液の流れをよくして細胞の新陳代謝を活発にし、
ひとつ一つの細胞がいきいきとした状態にして置くことです。

冷え性で膝の関節も硬くて正座ができない

脚の筋肉に柔軟性がなくなると、
筋肉のポンプ運動がうまく働かないので、
血液の流れが悪くなります。

 

血液は体温を保つ働きもあり、
流れの悪い部分は冷たくなります。
体が病めば内臓など身体に変調をきたします。

 

病は気からと言われ、
心の持ちようによって病気にも健康にもなれるといいます。

 

血液やリンパ液の流れをよくすると免疫力が高まので、
笑うことによって、免疫力も高めることもできる。

 

笑うと心から明るくなり、心も体もすっきりしてきます。

 

生理学的に、脳内でベータ・エンドルフィンや
メラトニンというホルモンが分泌され、
免疫力に重要な役割をする、細胞を元気づけます。

 

心がふさぎ込むとノンアドレナリンを分泌し
細胞を傷つけ病を引き起こすといいます。
健とは体のすこやかさ、康は心のやすらかさ。

 

真の健康とは、心身ともに健康な状態。
体だけ丈夫な状態は頑健。

 

笑いを生活の中にうまく取り入れて、
育毛手当にプラスにしてください。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

育毛で人生を楽しく記事一覧

人はこのステップを踏んで行動に出るのです。中途半端な怒りではなく、人は怒りが大きい分、本気で頑張れるものです。理不尽な仕打ちを受けていて、いつも怒りを抱いていたとしても、それをムリに押さえ込む必要はありません。怒りを封印することにエネルギーを使うのではなく、その怒りをどこに向けるかにエネルギーを使った方が賢いと言えます。人が成功するためには、このような怒りのエネルギーが必要な時もあります。充実した...

今、あなたが前向きに考えることができるかどうかで、すでにきまっているのです。自分の力を信じて前向きに歩く心構えを大切に。絶対にやりたくないことを決めた方がいい。どうしてか、やりたいことがより明確になるからです。この発想で、楽しい仕事をしてゆきましょう。願望だけで終わらせないで、本気で考えて下さい。動機を持っていると、積極的にアイデアを生み出す優れた人間に変身できます。自分は特別な能力も学歴もない、...

今の仕事でムダになることなんてなにもない人は自分に対するイメージを持っているものです。人は意識するしないにかかわらず、自分が描いたイメージ通りの人間になります。言葉の力は多きものがある。たった一言与えるだけで、思考のスイッチが切り替わってしまうのです。日頃から知りたいと思う気持ちを持つことが大切。強い好奇心を持ち続けるのです。知識を自分の中に吸い上げて、視野が広がり、チャンスをつかみやすくなります...

スポンサードリンク