スポンサードリンク

プレケア=頭皮回復段階

  • 老化・萎縮した頭皮・毛穴の回復と頭皮に育毛剤が効く状態にするため、育毛の前段階。
  • 頭皮の正常化、皮膚温の上昇、冷えによるマイナス要因の改善。
  • 硬くなり浸透力が悪くなった頭皮の改善。
  • 角化した毛穴の周囲と内根鞘皮・外根鞘皮の回復。
  • 皮脂の除去と皮脂腺の分泌抑制、皮脂組成分の調整、抗酸化、抗菌。
  • 保湿、角質軟化、ふけ・かゆみの予防。
  • 緊張した頭皮・痛み・かゆみのある頭皮の沈静化。
  • 炎症とうっ血のある頭皮の改善、ターンオーバー正常化。

 

育毛@ 毛を太くする段階 細胞分裂の増加
育毛A 毛の寿命を延ばす段階
育毛B 効果の波を維持して育毛を持続させる段階
発毛  毛を増やす段階

体の中からの育毛とは

気血水の整備をすると、育毛の効果が出やすい体になります。余力・精力のある体にする。免疫力系の整備。

 

スキンケア

皮脂の除去、毛穴の整備、頭全体のケア。

 

美髪・ヘアケア・健康毛

髪を太くしっかりさせる、ダメージヘアの改善、カラー薬液から保護する。

 

育毛は何ヶ月も後のことです。

 

まずは周りの人の目を気にしなくてもよいようにします。

 

毛の立ちあがり、しっかりした毛、毛先のチリつきを改善、ボリュームアップ、傷みやすくなった毛の毛質改善、毛髪のツヤをよくする。

 

市販のヘアケア剤やスタイリング剤を使い続けていると、ますます薄毛・細毛を進行させて、同時に頭皮を弱らせます。

 

薄毛・細毛の髪は、粗造化

髪が粗末に作られるため、傷みやすく、シャンプーなどの弊害を受けやすいです。

 

それを補うするために使っているヘアケア剤やスタイリング剤で、薄毛・細毛が進行していく、悪循環を繰り返しています。

 

この悪循環を断ち切ることです。

機能を強化した育毛剤(スカルプケア頭皮エッセンス)とは

薄毛・脱毛症は、その症状や脱毛症の進行度、部位によって、薄毛の原因や発症機序が違います。

 

そのためそれに対応できる新しい育毛剤が必要です。

 

ヘアサイクルの正常化、硬毛。血管の再生・毛細血管の強化、血の改善。

 

サイトカイン活性阻害、5-α-リダクターゼ活性阻害、男性ホルモンの拮抗・中和・低下。

 

毛母細胞の活性化、抗老化、毛周期の改善(毛の寿命)。

 

血流促進、血流量、新生血管の再生、血管の強化、細胞呼吸の増加、栄養補給。

育毛剤の使い分け

薄毛・脱毛症の初期には

レストル育毛エッセンス(基本となる育毛剤)
薄くなりやすい部位、頭頂部、ひたいなどにたっぷり浸透させます。

 

頭皮マッサージをよくして、貴方が気になる部位には、もう一度つけます。(2度づけ)

 

進行した薄毛・脱毛症には

レストル育毛エッセンス(女性の薄毛育毛剤)
スカルプケア頭皮エッセンスT〜X(機能強化育毛剤)

 

全体にレストル育毛エッセンスを浸透させ、さらに進行部位にはスカルプケア頭皮エッセンスT〜X(機能強化育毛剤)を、重ね塗りすると効果的。

 

ひたいの後退・M型脱毛症には

スカルプケア頭皮エッセンスT(機能強化育毛剤)をつけるか、レストル育毛エッセンスを全体につけてから、スカルプケア頭皮エッセンスT(機能強化育毛剤)をつけると効果的。

 

これらを朝・晩2回以上つけます。

 

スカルプケア頭皮エッセンスT(機能強化育毛剤)は、いまの薄毛・脱毛症の原因に対応した進行型の育毛剤です。

 

M型脱毛・ひたいの後退、進行部位に使います。

 

単独で使うか、レストル育毛エッセンスと重層塗り(育毛剤の2度づけ)して、相乗効果(育毛剤の持続)を期待します。

 

育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

 

スポンサードリンク