スポンサードリンク

今日から男性型脱毛症=AGAの進行を停止させるために

男性型脱毛症の第1の因子は男性ホルモン。
男性型脱毛症を和らげる成分が育毛剤に使われることが多い。
しかし、実践してみると育毛成分の効果には限界があります。

 

だから、育毛剤の効果に頼る育毛法よりも、不利消去育毛法を心がけることです。
自分の薄毛の原因を突き止めて、いくつ改善できるかが育毛の成功につながります。

 

育毛を「育毛剤をつけて治す」「シャンプーして育毛剤をつける」単純に考えない。

 

男性ホルモンの影響で起こる男性型脱毛症は、皮脂の分泌が多いですが、シャンプーなどで強引に除去することをしてはいけません。

 

皮脂を取る手当ては、頭皮や毛の組織の老化を早めます。
皮脂が多いから薄毛になることはありません。
皮脂にも、髪に潤いを与え、育毛成分も含まれています。

 

AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaを省略したもので「男性型脱毛症」の意味です。

 

成人男性に特定される髪が薄くなる状態です。思春期が過ぎれば額の生え際や頭頂部の髪が、片側、あるいは両方から薄くなっていくのです。

 

一般的に遺伝や男性ホルモンの影響が主な原因と言われています。
抜け毛が進行して、薄毛が目立ってきます。

 

AGA(エージーエー)は進行性です。行動を起こさずに放置しておくと髪の毛の数は減り続け、やがて薄くなります。ですのでAGA(エージーエー)は早期ケアが大事です。

男性型脱毛症のコレをしてはいけません

不利消去とこれ以上不利にならない手当て法

毛穴が詰まっています。(詰まることなんてない)
皮脂が多い。(男性と女性の皮脂が多い原因が違う)
脂漏タイプ。皮脂が多いから薄毛になるのではない。
だから皮脂を除去しても薄毛の改善にはならない。
薄毛なのにリンスやトリートメントを使う。
薄毛脱毛にリンスやトリートメントを使わせる育毛法は疑問。
進行しているのに、いきなり育毛剤を使う。
最初から育毛剤で毛を生やしたり増やすことはムリ。
カラーやパーマは気をつけて。
カラーやパーマから始まる薄毛が急増。

男性型脱毛症=AGAの進行を停止させる

育毛剤の効果に頼りすぎる、育毛剤はそれほど効かないと考えて、
手当て法で薄毛を改善することが基本です。

 

手当て法と症状に適した使い方を組み立ててください。
男性型脱毛症は、予防、いち早く、本格的に、手当てすること。

 

男性型脱毛症はいったん発症すると、それを止めるのに長い時間と労力が必要です。

 

AGA(エージーエー)の脱毛部ではDHT(ジヒドロテストステロン)が高い濃度に見られ、ここがヘアサイクルの成長期を短くしてしまう原因物質と言えます。

 

成長期が短く変化することで、髪の毛が長く太く発毛してくるよりも前に抜け落ちます。
しっかりと成長をしない、細く短い髪の毛が増えると総合的に薄毛が激しくなります。

男性型脱毛症=AGAのひたいの後退について

ひたいの後退

 

男性型脱毛症のひたいの生え際は、いったん後退するとなかなか元にもどすのは難しいです。

 

こうなる前に毛の伸び」が遅くなるので、その兆候を早くみつけて早めの手当てをしてください。

 

写真のように片方だけが早く後退したり、手当てをしても片方だけ改善が遅れることあるので、あきらめないで手当てを続けてください。

28才 男性

びまん性の薄毛脱毛は症状が混在しているケースが多く、
額は比較的細い血管から栄養を補給されているので、頭皮マッサージがかぎを握る。
男性型脱毛症の生え際改善前 男性型脱毛症の生え際改善後
AGA(エージーエー)は抜け毛・薄毛がジワリジワリと進行します。
さらに、額の生え際や頭頂部の髪が、片方、そして両方から薄くなります。

 

毛包が完璧に成育してくれないから、髪の毛が太く長く成長をしないまま抜け落ちます。

 

しかし、AGA(エージーエー)だとほとんどの場合、薄毛だったとしても、産毛は残っています。毛包が存在している間は、髪の毛は太く長く成長する可能性も高いです。何があっても諦める必要はないのです。

女性にもひたいの生え際の後退が急増しています

ひたいの後退部位の手当ては、頭頂部よりも3倍の時間が必要です。
手当て法や使い方も特別の措置が必要なのです。

 

ふだんは鏡で何気なく見ているヘアスタイルや頭皮も、よく観察することで、男性型脱毛症の兆候をはやめに知ることができます。

 

AGA(エージーエー)は進行性です。
行動を起こさずに何もせず放っとくと髪の毛の数は減り継続し、ジワリジワリと薄くなっていくでしょう。
そういう理由でAGA(エージーエー)は早い時期のケアが必要不可欠です。

 

AGA(エージーエー)の脱毛部においてはDHT(ジヒドロテストステロン)が高い濃度に見られ、ヘアサイクルの成長期を短くしてしまう原因物質となると考えられます。
成長期がごく短時間になり、髪の毛が長く太く階段を上がるより前に抜け落ちます。

 

しっかりと発育しない、細く短い毛髪が増えすぎると全体的に薄毛が激しくなります。
DHTは5α-還元酵素といった酵素に影響されてテストステロンから作られます。
AGA(エージーエー)は抜け毛・薄毛がジワリジワリと進行していくのです。

 

額の生え際や頭頂部の髪が、いずれか一方、あるいは両方より薄くなります。
毛包がしっかりと発育しないため、髪の毛が太く長く発育しない過程で抜け落ちる。

 

とは言っても、AGA(エージーエー)それでは基本的に、薄毛になっていたとしても、うぶ毛はあります。

 

毛包が存在するのなら、髪の毛は太く長く育つことも考えられます。

 

何があってもあきらめる必要はないのです。
男性ホルモンの変性と毛母細胞に対する侵入が一番のファクターのAGA。
女性とはそれほどリンクしていないみたいに感じられますが、女性だってAGAは発生します。

 

というのならば、どうして女性のAGA(FAGA)は発生してくるのだろうか。女性の身体の中にも男性ホルモンは存在します。

 

男性ホルモンとなるテストステロンやジヒドロテストステロンが身体の中で合成され髪の毛に悪影響を及ぼすメカニズムは、

男性と同じようなものです。

 

それじゃあ、何の目的で男性のAGAと症状に違いがあるのでしょうか。そのキーポイントを支配するものは女性ホルモンです。

 

女性ホルモンが髪を発育させる

男性ホルモンのテストステロンが脱毛に影響するのとは反対に、女性ホルモンとなるエストロゲンだと髪の毛を発育させる役割があります。

 

女性ホルモンの分泌が活動的な若々しい女性は血液の中のテストステロンの濃度が男性陣の20分の1と限られるので、毛髪への影響力も限られるのです。

 

さらにエストロゲンの作用で髪が生えかわるサイクルが長い期間になりますから、薄毛や抜け毛が生じたとしても、それらの進行はとても緩やかで、ほとんどのケース不安になりません。

 

女性ホルモンの分泌が活発に実施されているのなら話は違いますが、女性ホルモンは年をとるにつれてスピードダウンしてしまうのです。

 

早いケースではは35歳になるかならないかから女性ホルモンの分泌量が減ってきます。
そういうことから、男性ホルモンの影響によってAGAが発症するプロセスがスタートしやすいようになっていくのです。

 

加齢現象だけに限らず女性ホルモンを減らす原因については、ストレスや過剰なダイエット、ライフスタイルの異常などが考えられます。

 

男性に関しては頭頂部と髪の生え際(前頭部)など局所的に薄れてゆくことが際立ちますが、女性に関しては髪の毛が細く弱り全体を通して薄くなります。

 

しかもAGAは進行性ですので放置したままにしておくと毛髪が減り続けていくわけですが、女性の薄毛だとそういった事実はほとんどありません。
このことは、女性ホルモンは減らすけれども定められた量は生成されるお陰です。

 

女性ホルモンがスピードダウンしてホルモンバランスがアンバランスになって現れてくる症状には、ホルモンバランスを調整することが重要です。

 

大豆製品(イソフラボン)といった女性ホルモンをアップする食べ物を摂りいれる、ストレスを少なくするなどというライフスタイルの立て直しを意識した方が良いでしょう。

女性も生え際が後退する額が危ない薄毛の改善方法は?

以前とくらべて額が広くなった印象がありませんか?
生え際が後退するとか、前髪が薄くなったと感じたら、薄毛ではないでしょうか。

 

女性でも様々な原因で薄毛が生じます。
なかでも生え際は、髪が薄くなりやすい部位です。

 

生え際の髪の毛が薄れると、どうしても寂し気な印象をもたらし、実年齢より老けて見られがち。おしゃれやお化粧も億劫になる。

 

なぜ生え際や前髪が薄くなるのか?
新たに、髪のボリュームを復活する方法はないのか?

女性の生え際が後退するきっかけとは?

頭皮や毛根の老化

真っ先に考えられるのが、ただの老化現象による頭皮や毛根の衰えによるもの。
年齢と一緒に顔の皮膚がたるみ、毛穴が形を変えて縦長になっていきます。

 

それと同じ様に、頭皮も水分を失ってたるみが生じ、毛穴も歪みます。
30代からチリチリしたうねりが起こる髪が生えてくることも毛穴の歪みがきっかけ。

 

頭皮が痩せることで、髪の毛も細くなったり、ボリュームが減ってしまいます。
30代〜40代は身体がピーク時を過ぎて下降線をたどる世代です。

 

肌や骨、臓器というものはいたるところの器官の新陳代謝が衰退して、少しずつ衰えます。生え際が後退するのも老化現象で生じる薄毛の症状の1つです。

びまん性脱毛症で生じる女性の薄毛

びまん性脱毛症は、30代〜40代以上の女性に見られる脱毛症です。

男性型脱毛症(AGA)には、いわゆる「M字ハゲ」や「O字ハゲ」、あるいは局所的に集中した抜け毛が発生します。

 

一方で、女性の脱毛症が生じるびまん性脱毛症は、頭部総合的な毛髪がところ構わず脱毛します。

 

そのため、全体的にいつの間にか髪が薄くなったと感じたり、毛が抜けた部位なんてないが髪全体のボリュームが減ったと感じるかもしれないですね。

 

ただし、女性でも前髪が薄くなってきたり、生え際が後退するケースがあります。
症状は、びまん性脱毛症もAGAと同じ原因にから発症します。

5αリダクターゼU型とテストステロン

一番最初に、男性型脱毛症(AGA)が起こる原因をご覧ください。

 

男性ホルモンのテストステロンと5αリダクターゼが結合し、一段とパワフルな男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)が出来上がります。

 

毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体と結合し、抜け毛や薄毛の症状が起こります。

 

5αリダクターゼには、I型とII型が存在し、II型が脱毛を呼び覚まします。
5αリダクターゼU型は、前頭部や頭頂部に範囲を広げて存在しています。

 

レベルの差こそありますが、生え際や頭頂部に薄毛の症状を起こしやすく変化します。
本当なら、女性の薄毛となるびまん性脱毛症も、男性型脱毛症と同様のメカニズムで起こっているわけです。

 

そういう理由で、びまん性脱毛症になると額が広くなった印象がだったり、生え際が後退した印象も持つのも決して気のせいでない。

女性ホルモンの分泌の低下

びまん性脱毛症が発生する原因は、ホルモンバランスの乱れが原因と言われています。
女性は、20代後半〜30代半ばをピーク時に女性ホルモンの分泌が低下します。

 

比較的に男性ホルモンが優位に変わって、身体まで男性ホルモンの作用が生じます。
30才代以上の女性でもヒゲが生えたり、すね毛が生えることが少なくありません。

 

男性化と並行して、頭髪も女性ホルモンの低下がきっかけとなって脱毛トラブルを起こすと考えられます。

 

 

特に女性ホルモンの分泌が急激に減少する40代、
更年期やプレ更年期という期間では、びまん性脱毛症の症状が生じることが多く進行します。

 

不安になっている方もおられると思います。
けれども、心配しなくて大丈夫です。
びまん性脱毛症は適当な手当てによって改善できます。

 

でも、症状が進行してしまうと元に回復することは難しくなります。
早急の手当てが重要となります。


薄くなった生え際の改善方法とは?

頭皮や毛根も、顔の皮膚と同じで老化します。
年をとるにつれ、顔の皮膚にはシワやシミが現れて、毛穴が開いて、たるみが発生。

 

同様に、頭皮もいずれハリを失い、毛根は細くなり、休止状態になり、結果髪の毛を作らなくなります。

 

生え際の後退をストップするには、継続して頭皮のエイジングケアに取り組むことを意識しましょう。
それでは、すでに後退した生え際は、もう元の状態には回復しないのか?

 

そうとは断言できません。
一度休止状態になった毛根も、適切な手当てでふたたび活性化させることがあり得ます。
諦めることなく、しっかりと薄毛対策をしてください。

育毛に必須の栄養素の摂取

健やかな髪の毛を守るなら、育毛に必須の栄養素をしっかり摂取が重要です。
女性にとって、バランスの良くない食生活や食事制限から、タンパク質やミネラルが不足することが多いです。

タンパク質

頭皮や髪の毛の原料であり、育毛にとって必須です。
タンパク質が不足していると、髪が細くなったり、髪質が異常になります。
ますます、髪の毛の根幹となる頭皮が痩せて、元気がいい髪の毛が育たなくなります。

 

ですから、徹底的にたっぷりタンパク質を摂取することが大事です。
タンパク質は動物性食品から摂る方が吸収が良いです。
タンパク質が不足していると分かっているなら、できるだけ肉や魚から摂りたいですね。
カロリーが心配な方は、鶏ささみ肉や青魚がおすすめです。

ミネラル(亜鉛・鉄・銅)

亜鉛や鉄分、銅というミネラルは髪の毛をしっかり作るために必要になる成分です。
しかも、亜鉛・鉄分・銅のミネラルは不足すると欠乏症を招きます。
欠乏症になると、脱毛や白髪である症状が生じます。

 

女性の場合、体質上ミネラル欠乏に陥りやすいことから、サプリなどで毎日決まった量を体に取り入れる方が良いかもしれません。

育毛に必要な栄養素一覧

たんぱく質
亜鉛


ビタミンB群
パントテン酸
ビオチン
ビタミンE

育毛サプリ

あくまでも食事で栄養を摂取したいけれど、時間がなくて毎日食事に気をつかうことのできない人も大勢います。
そんな方にオススメしたいのが、育毛サプリ。

 

育毛に必要な成分がまとめて凝縮し、1種類だけで十分カバー叶うので効果があります。

 

なお、現代に育毛サプリは驚くほどたくさん出ていますが、マイナチュレ無添加オールインワンサプリを選んでいます。

 

おすすめの理由は、含有成分の種類が他よりダントツに多いこと。
女性に不足しがちなミネラル、育毛成分や美容成分が100種類以上含まれています。

質の良い睡眠

髪の毛の成長に睡眠は忘れてはいけません。
髪の毛を育む成長ホルモンは、しっかり睡眠中に分泌しています。

 

成長ホルモンの作用で、睡眠不足や睡眠障害が発生した場合、髪の毛が成長できずに抜け落ちてしまうことすらあります。

 

「寝る子は育つ」と言って髪の毛にも言うことができる。
毎日同じ時間に就寝し、目覚めることで、質の良い睡眠をとることができます。

アミノ酸系シャンプーの使用

毎日使っているシャンプーは、頭皮の状態に大きな影響を与えます。
強力な洗剤を使用を継続すると、手の油分がすべて奪われ、手あれが生じます。

 

同様に、強い洗浄力があるシャンプーを使い続けると、頭皮の潤いが無くなり炎症に陥りやすく、頭皮や毛根の老化が早まります。

 

市場に出回っているお手頃価格のシャンプーの大半は、費用の格安な高級アルコール系の合成界面活性剤が混ざってます。
ひときわ危険度の高いのがラウリル硫酸ナトリウムです。洗浄力が強度があって、浸透しやすく、使い続けると頭皮が危ういのが心配。

 

育毛剤や育毛サプリでもお金が必要なので、余裕のある方だけにオススメしますが、なるべくなら頭皮や髪から近い洗浄成分が採用されているアミノ酸系シャンプーを使用した方がいいでしょう。
シャンプーに含まれるラウリル硫酸ナトリウムの危険度と頭皮へのダメージと

女性用育毛剤の使用

薄毛手当てをするつもりなら、育毛サプリやシャンプーより、さっそく女性用育毛剤を利用することが大切です。

 

育毛サプリは健康補助食品といった扱いで、シャンプーはだいたいが化粧品といった扱いになります。

 

その一方、育毛剤は医薬部外品といった扱いになる。
すなわち、効果効用を明言することが適うのは育毛剤だけです。

 

いまだに育毛剤を使用した経験がない女性には、一般的に導入することに抵抗がある方もいらっしゃるかも知れません。

 

しかしながら、単に育毛剤と言っても、女性用は男性用とは違って、急速に毛を生やしたりとか伸ばしたりする効果はないです。

 

基本は、頭皮や毛根に栄養成分を送り、頭皮の状態を改善し、髪が育ちやすい頭皮環境を作るものとなります。
だからこそ、中止したらすぐにまた抜け毛が生じてしまう恐れもないと言えます。

 

何となしに育毛剤を使用することが心配だと思いますが。

 

だけれど、現に使ってみますとかなり使い心地が言うことなく、頭皮の状態も改善され、もっともっと早く使っていたらこれほどまでに薄毛は進行しなかったのに…と少しばかり後悔することになります。

 

育毛剤に抵抗感がある方も、薬用化粧品という様な感覚で使用してみてはいかがでしょうか。使用し続けることによってじわじわと効果が現れますよ。

日ごろから頭皮のためのエイジングケアを!

生え際の髪のボリュームは、女性の容姿年齢に大きく左右するポイントのひとつ。
いつになってもフサフサで健やかな毛髪量を保ちたいはずです。

 

ですから、日ごろから頭皮や髪の毛のエイジングケアをやり続けていきましょう。

 

また、バランスがとれた食事や規則正しい生活習慣、質の良い睡眠、適度な運動とか、体の内側からアンチエイジングに役立つことを行なってみましょう。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク