スポンサードリンク

髪質が維持できない

傷んで切れやすくなったり赤っぽく変色します
毛は外からの物理的刺激、熱など化学的刺激傷んで切れやすくなったり赤っぽく変色します。

 

代謝性の疾患や栄養状態が悪かったりすると本来の髪質が維持できなくなります。

 

一般に早い人では20才代前半から髪の質も太さも変わってくるようです。

 

男性は前頭部、頭頂部の毛が細くなる若ハゲが始まる人もいます。

 

女性の場合は出産で変化が訪れ「ボリュウムが減った気がする」と気づき始めます。

 

次の変化は40代後半から始まる更年期が大きくかかわります。

 

このような場合更年期に入るまえに手当をすることです。

 

私は、新しい育毛理論を深く理解し、症状や体質を見分け育毛の適切なアドバイスをすることで薄毛や脱毛症がよくなるまで育毛アドバイスを続ける育毛専門家です。

 

顔が見えないからこそ、安心と希望を与え、相談者は「薄毛や脱毛症を治す方法を求めている」ことを常に認識し育毛法をアドバイスすることを理念として活動しています。

更年期に入ると大変です

髪がやわらかく細く、猫ッ毛のような感触になります。

 

卵巣機能の低下によってホルモンバランスが変化することも影響します。

 

40才代の変化について、全体のボリュウムが減ったと感じる人は、約80パーセントに及びます。

 

女性の育毛は体の中からも男性に混じって活躍する女性は、髪だけでなく体にとってもいい環境とはいえず、いろいろな障害がおこりやすく。

 

また女性特有の冷え=冷房や冷たい飲み物や生理不順が、若いのに更年期とおなじ障害をひきおこし、それが薄毛にも影響しています。

女性の体は感じやすくできています

薄毛の原因も複雑多岐にわたっています。

 

せっかく手当をしているのに効果がないとか悪化している女性の多くは、この手当の方向を間違えていたからです。

 

女性の薄毛は手当の方向さえ間違わなければ、男性よりずっと改善率は高いと資料があります。

女性にとっては更年期が髪質変化のおおきな契機です

更年期に入ると大変
加齢による変化は自然なこと、顔にしわやたるみが増えるのと同じように髪も細くなりこしを失ってきます。

 

これは健康な状態での正常な変化です。

 

女性の薄毛の原因には、貧血、栄養の偏りや、ストレス、出産後の一時的な脱毛、頭部の皮膚炎や甲状線疾患など代謝性疾患による場合もあります。

 

改善できる原因であれば体調、食生活を整えるなどして普段の状態に戻ってきます。

 

白髪は、メラニン色素の供給が乏しくなり起こります。

 

一般的な合成シャンプーは、石油系の界面活性剤が使われています。

 

その合成界面活性剤は分解性が悪く、生活排水として流され自然界に大きな障害を与え大きな環境問題に発展しています。

髪の成長期

髪の毛は同じ毛穴から数本生えている同じ毛穴から出ている毛の一本が白髪ならば同じ毛穴のほかの毛も同じ白髪ということが多いので抜くことで増えたりはしません。

 

くり返し抜いていると毛根が傷ついた状態になります。

 

毛根を傷めると毛は生えてきません。

 

ストレスなどで白髪になる

また黒く戻る可能性があるので、抜くことはやめましょう。

 

何度も言うようにやはり、栄養の偏りなくよく食べるのが髪にとっても一番よいのです。

 

とくに女性に不足しがちな鉄分は意識して摂るよう心がけましょう。

 

鉄分が不足すると髪が細くなったり成長が遅くなったりします。

 

鉄分は栄養補助食品、ほうれん草、レバーでも食品で摂るようにしてください。

 

シャンプー剤は、髪の汚れ落しより、頭皮の汚れを取り除く効果で選んでください。

 

「サラサラ」とか「しっとり」とかなど、どんな髪を望むかで選びましょう。

毎日使うからこそ

髪は皮膚の一部なので地肌が障害を起こしては、髪の毛も傷みやすく抜けやすくなってしまします。

 

すすぎ方も重要な箇所です。

 

すすぎが不充分なときはあとでかゆくなりますが、地肌が皮膚炎になりがちなので充分なすすぎをしましょう。

 

シャンプーをしても直ぐにふけが出るのは、シャンプー剤が肌質に合わないか、洗いすぎが原因のことが多いようです。

 

手軽にカラーリングする人が急増しています

手軽にカラーリングする人が急増
ブリーチやヘアダイは髪への刺激や負担が強く「脱色したら髪が傷んでしまった」という声を聞きます。

 

これは、色を抜く時に髪の主成分のタンパク質まで流れ出てしまいやすいからです。

 

髪の毛を傷めるだけではなく「かぶれる」という地肌への悪影響もあります。

 

ふけが出る、かゆくなる、地肌が赤くなる、ピリピリするなどかぶれの症状で、これはアレルギー反応です。

 

染髪剤を使っている最中このような症状を感じたら、すぐに洗い流すことが大切です。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク