スポンサードリンク

界面活性剤は「浸透作用力」があります

使い方をあやまったり、洗っているつもりが、界面活性剤を毛穴に押し込んでいます。弱っている頭皮、体質的に防御力が弱い場合は、界面活性剤は浸透していきます。

 

もっと悪いことには汚れまで再浸透させています。
毛穴の中は界面活性剤の残留物で汚れている状態です。

 

界面活性剤の残留物はゆっくり排泄されますが、シャンプーやリンスなどを毎日使うことで、残留が多くなるケースが多いです。

 

そうした残留物が毛を育てる組織を弱らせたり攻撃して毛は次第に細くなります。
4〜6年ある髪の毛の寿命も次第に短くなっていき、薄毛が進行していくことです。

予防方法

浸透しにくい育毛シャンプーを選び、毛を育てる洗い方を学びましょう。

 

シャンプーの前後に、スカルプケア頭皮ローションT、ルナレストルセリピッド=頭皮料で、頭皮を保護・補修してください。

アドバイス

毛穴から大量の皮脂や残留物を取出して見せ、脅かす育毛サロンがあると聞きます。
ステロイドや残留物が長期間、しかも大量に残るはずがありません。

 

皮脂腺は排出器官です。外部から物質を出来るだけ中に入れない機構になっています。
体も異物を排除するためにいろいろな方法を取っています。

 

薄毛で心配なのに、界面活性剤のような残留物を見せられ、うろたえて相手の言いなりになります。

 

心理を商売に、皮脂を強引に取り去ると、頭皮のバランスを乱して薄毛や脱毛症は進行しやすくなるので注意してください。

界面活性剤の作用

界面活性剤の作用
毎日のように使っているシャンプーやリンス・トリートメントなどは、界面活性剤を基剤としてつくられています。

 

浸透すると汚れ物の内部まで浸透して、膨張させて汚れを細分化します。
浸透した汚れ物は皮膚や細胞に対して下記のような作用を及ぼします。

予防方法

シャンプーやリンスの害
浸透しにくい育毛シャンプーを選ぶ。
毛を育てる洗い方を学ぶ。

 

シャンプーの前後に、スカルプケア頭皮ローションT、ルナレストルセリピッド=頭皮料で頭皮を保護・補修する。

 

シャンプー剤が残らないよう、たっぷりのぬるま湯でていねいにすすぎます。
耳のうしろや生え際の部分もすすぎ残しのないようにしてください。

 

シャンプーは、汚れを落とす目的だけでなく、薄毛の手当では血流の促進や交感神経の切り替え効果を重視しておこないます。

 

頭皮の緊張をゆるめることで交感神経と副交感神経の切り替えを滑らかにし、血液の循環をよくするためにおこないます。

 

市販のリンスやトリートメント、そしてシャンプーは「ヘア用」で、傷んだ髪の保護や補修を目的に作られています。だから成分が髪に残らなければ目的を達しないわけです。

 

いい成分だけが残留するのでなく、全部残留するし、髪だけでなく頭皮や毛穴にも残留し、毛穴から浸透して直接毛母細胞を攻撃します。

 

リンスやトリートメントはシャンプーよりも毒性の強い陽性の界面活性剤を使っているし、シャンプーよりも頭皮に残留しやすいのです。

毛穴の汚れをしっかり洗い流す育毛シャンプー

育毛シャンプーは洗浄力が何とも言えないので汚れがしっかり落ちないのではないか、と心配する人もいるみたいです。
育毛シャンプーはほとんど泡立ちもなく一般的なシャンプーと比べると髪をすすいだ後の爽快感の少ないことに関係あります。
育毛シャンプーは基本的にしっかり洗えるシャンプーです。

育毛シャンプーの泡立ちが少ない原因は、育毛シャンプーの洗浄力はアミノ酸系の洗浄作用によることに関係あります。

 

アミノ酸は肌と同じ様なタンパク質で構成されていて、一般的なシャンプーで用いられている合成界面活性剤のような爽快感がある泡立ちがありません。

 

不必要な汚れや皮脂を取り除いて頭皮に欠かせない皮脂は維持する性質を挙げられ、実際の所しっかりと汚れを落とします。

 

一般的な感覚でしたら、泡立ちが少ないのは汚れが落ちていないと感じます。普通のシャンプーを使用する時泡立ちが少ないと、もう一度洗い直し、余分にシャンプーを付けるでしょう。そうしたやり方は、汚れを落とすより頭皮を傷める行ないになります。

 

泡立ちが多くなるのは、皮脂を過剰に取り除くとか、シャンプーを使い過ぎています。

育毛シャンプーには天然由来の成分が配合されています。
天然由来の成分とは素材洗浄効果で、刺激がなく洗浄できます。
配合してる天然成分は、潤いや栄養を供与する役割をするから刺激が少なく汚れを落とした後は、皮膚に栄養分を与え頭皮を元気な状態に保ちます。

汚れを落とす作用で代表的な育毛シャンプーに“プレミアムブラックシャンプー”や“S-1無添加シャンプー”“ウーマシャンプー”がございます。
全部がアミノ酸系の洗浄成分を使って、無添加で弱酸性、合成着色料や合成香料、シリコン成分を一切使用しいない。
栄養成分や保湿をもたらすシャンプーなのです。
無くてはならない皮脂や成分は落とさず栄養分を与え、一般的なシャンプーよりは洗い上がりさっぱり感を減らした点は理解ができます。

育毛シャンプーも一人残らず相性が合うと断定できるものではないです。

 

中には肌に合わない方もいるため頭皮が肌荒れになったり、効果のでないとき一度使用を中止にするのが適切と考えます。

頭皮の汚れが育毛を妨害しています

頭皮を清潔にしておく方法とは

マッサージをやっても食事に注意していても、どうしても回復しない薄毛。育毛を邪魔するのは、頭皮の汚れも要因の一部です。

 

頭皮の汚れについて。
育毛に関する決定的な盲点を徹底的に究明していきましょう。

頭皮の汚れの原因は

頭皮の汚れの原因は何だと思いますか?
頭皮の毛穴の汚れとは、大部分皮脂やフケというものが過剰に分泌され、毛穴をふさいだり、抜け毛を助長させる分泌物です。

 

頭皮には約10万本の発毛してます。
汗腺や皮脂腺も数多く、フケや分泌物も盛んに発生するため、外からのホコリや、汚れも張り付きやすく、蓄積しやすい場所です。

 

頭皮は髪の毛で覆われ保湿されますが、何にもしないと簡単に環境が悪くなります。
衛生的に健康に保つという意識が大切。

 

毛穴を閉塞する原因に取り上げられるものは次に挙げる3つ。

体内からの分泌物→汗(乳酸、尿素) 皮脂(脂肪酸、トリグリセライド) 老化した角膜(フケ)

 

頭髪化粧品といった残留物→ヘアクリーム、ヘアコンディショナー、ヘアスプレー

 

大気汚染→大気中に漂う排気ガスや残留物、大気汚染物が頭皮に付着し止どまる

常に外部と接触する頭皮の環境は、芳しくはない条件が揃えられているのでます。

頭皮の汚れが原因の薄毛とは

頭皮の汚れが原因の薄毛はあると思いますか?
中には頭皮の環境が粗末なため起こる薄毛があるそうだが一般的に考えて認知されていないです。

 

ヘアケアやスカルプシャンプーの商品が売られていますが、実にAGAに対し効果がないと言われます。
頭皮が汚れて出てくる症状とは?次に挙げられます。

脂漏性脱毛症
過剰に分泌した皮脂が、毛穴を閉塞することで発生する脱毛症。
皮脂が毛穴を閉塞すると、周辺で頭皮の常在菌が異常に繁殖し、炎症が起こり抜け毛の原因になります。

粃糠性脱毛症
フケが毛穴を閉塞し発症する脱毛症。脂漏性脱毛症と同じく、フケが原因となって毛穴がふさがれ炎症が発生します。
フケが起きる原因は、頭皮の乾燥やホルモンのバランスの乱れで生じます。
フケは通常、正常に保っているならシャンプーやブラシで自然と流れ、取れますが、ストレスやホルモンの乱れから皮脂腺や、汗腺に異常が発生すると分泌異常を起こします。

こういう例は珍しいですが、条件と状態が整ってしまうと起こる確率が高くなります。
必ずしも力任せに頭皮を傷つけて、ごしごし汚れを落としたり、フケを嫌って過剰にブラッシングをし過ぎると、頭皮の環境を悪化させます。

 

どんな事でもやりすぎはダメです。最低1日に1回はシャンプーして、頭皮を健康的に保つうえで刺激が少ないマッサージや指圧も含めて頭皮環境を良好に保つことが必要。

血行を促進する頭皮マッサージは汚れにまで

頭部は人体の中で最も重要な部位。重さは体重の1割くらいですが、酸素の消費量は全消費量の40%を占めます。
脳がリフレッシュする効果が起こすのは、頭皮の血行を含め、頭皮の汚れにまで効果が見られ全身の健康状態にも関係します。
だったら効果が高いマッサージとはどういう感じでやればいいと思いますか? 重要ポイント3つまとめました。

頭皮毛細血管を活発化させて血流促進をする頸動脈マッサージ

髪が作られるには、タンパク質が作るのに必要な栄養素や酸素、水分を血液から十分に補給することが必要です。
体のマッサージと同じくらいに頭皮も皮膚が刺激され、血流が促進しますが、本当のところは頭皮部位のみをマッサージしても大きな効果は得られません。

 

人間の血液は体の中心、心臓から送られますが、頭部は心臓と比べて上の位置で首の頸動脈付近で血流停滞が起こります。
頭皮部位に刺激を与えても首の血流アップを促さないと頭部の血流量がアップしない。
頭部への血流量が減れば、心臓から頭皮への血流量は勿論不足します。
そうならないためには頸動脈マッサージが効果的です。

 

やり方は、耳の後ろの方から顎の下へ向け指で揉みながら、なぞることを繰り返す。
頸動脈はかなり太い血管で、脳にたくさんの血液を勢いよく送り込んでるので強く圧迫したり、ブロックは絶対にしないでください。

AGAで固くなりがちな頭皮の柔軟化を行なう

AGAになると皮膚の硬化が生じ、やがて青白く柔らかな頭皮が角質化していきます。
頭皮が柔軟性をなくなって、皮膚の弾力性を保てなくなり起きます。
色が赤茶けて少し光沢を有することになります。

 

疾患が悪化すると頭皮を保護する髪が抜け落ちるため固くなって、毛根が深く根づく環境が奪われ発毛環境が悪くなるダウンスパイラルが生じます。

 

発毛医薬品で手当が可能ですが、入浴やシャワーでしっかりとマッサージをやり、頭皮を入念に解きほぐすことが必要です。
頭皮を気持ちよく両手で掴んで、絶対に爪を立てず、力を入れないで、数十回揉んでほぐしをしていきます。

毛穴に詰まっている皮脂汚れを押し流す

毛髪の毛穴には、アポクリン腺といった汗の出る部分と皮脂腺があります。
毛髪周辺にも頭部や髪を外部から守る働きで皮脂が吸着するように作られています。
重要ポイントは、汗腺は毛穴が見えない頭皮にも数多く存在します。

 

皮脂や汗は、脂肪の多い内分泌が多かったり、水分が充分ではないと粘りが強化されます。不健全な体内環境では汗や皮脂が汚れまで吸着してしまいます。
毛穴内にある汗腺や皮脂腺からの分泌が頭皮から逃れられず、毛穴に留まって酸化し、かなり不潔な環境になってしまいます。

 

汚れも頭皮マッサージを柔軟に行うことで、皮脂や汚れはかなりの部分、排除します。
マッサージ前にシャワーで頭皮を入念にシャワー洗浄すると、さらに洗い流せます。

 

温まった温水シャワーで数分間、頭皮を温かくし、皮膚をなじませてマッサージをすれば、より効果をアップできます。
注意しなければならないのは、皮脂を過度に取らないこと。

 

皮脂を取り過ぎると、分泌物が過剰に分泌するためです。
添加物のシャンプーも肌にダメージを与え、毛穴を詰まらせる原因を作り出します。
基本的に体質に見合ったシャンプーを使用することが大原則です。

 

 

薄毛は、頭皮のAGA体質が大きな原因で、幾つもの外的、内的環境と重なり発症します。
薄毛には、他にも食生活を見直し、目標にに向けて体質改善を行いつつ外的要因とも向き合っうことが大事です。
頭皮も皮膚の一部。顔の手入れと同じくらいの積極対策をして薄毛改善を目標にしましょう。


 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク