スポンサードリンク

食べて飲んで髪の毛を美しく

全身の健康状態が非常に現われやすいです。
頭皮を流れる血流は、体の中で最も多いといわれ、栄養分は頭皮に盛んに送られ、頭皮の細胞は活発に活動しているのです。

 

髪の毛にとって一番肝心なのは栄養の偏りのない食事と適切なエネルギーを摂ること。
髪の毛は皮膚に一部分です。細胞が構造を変え、毛を次々と作り出します。
便秘と肩こりがあると白髪になるのは、便秘をすると腸の中に古い便が溜まって、新しい栄養を血液に取り入れる力が落ちるためです。

 

便の中の毒素が血液に再吸収され、髪は血液から栄養を補給して作られているので結果として髪に悪影響を及ぼします。

健康な毛を作りましょう

健康な皮膚と活動が活発な細胞を作ることが肝要です。
髪の毛の主成分はケラチンという繊維状のタンパク質で、髪の毛はケラチンを積み重ねたような構造になっています。
だからといってタンパク質だけ摂ればいいということではありません。

 

銅や亜鉛といったミネラルも髪の毛を構成する成分なので、銅や亜鉛もいっしょに摂ることを意識してください。健康な髪の毛は作れません。

髪の毛は食事の見直しで太く成育させる!4つの育毛栄養素

タンパク質だけではない。髪の毛を衰え知らずで成育させる4つのビタミンとは?

「ここ最近、髪の毛が抜けがちになってきた」「髪の毛が老化しているようにも思う」と考えるとしたら、食事内容、中でも栄養面に意識を向け見直しましょう。
髪の成長にタンパク質とビタミンがすごく影響しています。欠乏すると薄毛(ハゲ)が発生するリスクは増加します。
髪の毛を老い知らずで成育させる4つのビタミンをドッサリ持ち合わせている食べ物、そして調理方法を見てください。

ビタミンは髪の成長に絶対条件

ビタミンによっては頭皮の状態を整えるものやタンパク質の組み合わせをサポートするものがあり、髪の成長にとっては絶対必要です。
ビタミンは体の中で生み出せない栄養素で、食事で体に取り込むことが必要です。

 

効率的に髪に絶対不可欠な栄養摂取することを目的とした、育毛に実効性があるビタミンをたっぷりと含む食料品に関し見ていただきます。

欠乏も過剰もダメバランス状態が重要

ビタミンが不足していると頭皮の健康状態は不調になり、抜け毛が目立つようになり薄毛(ハゲ)のリスクも増加します。
「摂取するとよい」というものでもなくて、過剰摂取も抜け毛、薄毛に結びつきます。

 

例えるならビタミンAは摂取し過ぎると頭皮を固くして髪の成長を阻害します、ビタミンEの過剰摂取は消化不良の原因になって栄養を摂取できない状態を招いてしまいます。
ビタミン摂取は「必要量を、バランスよく摂ること」が大事です。

毛細血管をしっかり作るビタミンC

ビタミンCは健康と美容の2つの面に絶大なるビタミンで、薄毛(ハゲ)予防でも絶対必要です。
髪の毛は毛根が毛細血管を流れて行く血液から供給される栄養を材料に発育します。万が一毛細血管の働きが弱ると血液が行きわたりづらくなるので、髪に送られてくる栄養素もほんの少しになります。
そうしたタイミングで、ビタミンCが効果を見せてくれます。毛細血管内ではコラーゲンが外膜と中膜に存在していて、血管の弾力を保持する役目をはたしています。
弾力性のある血管は血行を促進します。血行促進の大切な部分であるコラーゲンを作るというプロセスが、ビタミンCというわけです。

ビタミンCを多く含む食べ物

ビタミンCは中心としてフルーツや緑黄色野菜に多く含まれています。フルーツだとアセロラが特別にたくさんあって、100g中のビタミンC含有量は1700mg、緑黄色野菜だと青汁の原材料としてはよく知られているケールが1100mg、以外にも赤ピーマン、緑茶やパセリなんかもビタミンCをたっぷりと含んでます。

 

ビタミンCと言ったらレモンを思いうかべる人もたくさんいるかも知れませんが、本当はレモンは100g中のビタミンC含有量100mg(アセロラの約17分の1)と、意外に豊富にある品種だとは限りません。

生や焼くことは問題ない茹でることはしないこと

「ビタミンCは熱に壊れやすい」といった説もあるのですが、何故ならばとても誤った認識が見られる表現です。ビタミンCは加熱で壊れることなくても、野菜炒めと生のサラダで含有量が変わる事実がないのです。

 

大事なビタミンCを損ねるのは茹でて加熱した瞬間です。
ビタミンCは水溶性で、茹でたときは水分に溶け出します。

 

シチューとして熱したときの水分も食べるものならば問題ないのですが、茹でたお湯を捨て去るとビタミンCを失くすことに他なりません。
野菜ならばサラダや野菜炒めとして、果物ならば生のまま食べてみるかジュースとして飲むことが効果的です。

頭皮と髪をフォローするビタミンB

ビタミンB6は髪に、ビタミンB2は頭皮に素晴らしい効用効果を起こします。

ビタミンB6は、食事から摂取したタンパク質を初めに分解し、皮膚や髪の毛にふさわしく再構築する働きがあります。ビタミンB6が欠乏するとタンパク質の構築が止まり、ひ弱な髪の毛が成長します。
ビタミンB2は、皮脂の過剰分泌を防ぎ、細胞の新陳代謝を活性化させる働き。
頭皮の皮脂分泌を適量に管理し、髪の毛の発育を促す効果が見られます。

ビタミンB2、B6を含む食品

ビタミンB6は主として香辛料に、ビタミンB2は肉や魚に多く含まれています。
ビタミンB6を豊富に含むのが唐辛子で、100g中のビタミンB6含有量は3.81mgです。

 

唐辛子を100g食べるのは現実感がありませんが、一日のオススメ摂取量は0.4mgですので、唐辛子をたっぷりと用いた料理を摂取すると推奨量にとても近い状態にするのは確実です。 他に多く含む物はにんにくやバジル、パン酵母、マグロを挙げられます。

 

ビタミンB2は、肉や魚の、特に内臓にたくさん含まれており、鮭のめふん(腎臓の塩辛)や豚レバー、牛の肝臓はビタミンB2が思っている以上に豊富にあります。

ビタミンB6、B2は熱に強い

ビタミンB6もB2も熱に強くて、加熱処理しても傷めない。かえってレバーといった内臓はじっくり熱を加えなければ食中毒の恐れがあるため、しっかり熱を加えましょう。 水溶性も少し高いので、煮るならば煮汁も一緒に口にする料理を選ばないといけません。

血行を活性化させるビタミンE

ビタミンEとして2つのメリットが見られます。ひとつは血管を伸ばして血行を活性化させる作用、もうひとつは抗酸化作用です。
酸化は新陳代謝を滞らせ、頭皮の健康状態悪化に直結します。ビタミンEの抗酸化作用によって頭皮を育毛に最適な環境の中で維持できます。

調理に植物油を用いて積極的に摂取を

ビタミンEは煎茶に非常に多く含まれ、そしてひまわり油やぶどう油といった植物油に豊富に含まれています。ではありますがじかに、多目に摂取できないでしょう。ビタミンEは脂に溶けやすい性質をもっていますから、調理に植物油を用いることで摂りやすくなるのです。

 

 

ナッツ類でビタミンEを効率的に摂取
ナッツ類、特にアーモンドはビタミンEをたっぷりと含み、手を加えないで食べるのが簡単なのでピッタリです。
栄養価にこだわるなら、ローストしたものではなくノンローストのナッツを買いましょう。
ナッツは煎ると味覚や香りが改善されますが、加熱の途中で栄養が少しだけ減らしていくのです。 生のナッツは取扱店が制約されるので調べるのに少し面倒くさいこともあります。
定期的に、手っ取り早く入手が可能なインターネット通販を役立てましょう。
【ミックスナッツ】 オーガニックローナッツはアーモンド以外にカシューナッツなどを含み、不要な味つけをやっていないからこそナッツ本来の風味を楽しみながらビタミンEを摂取できるはずです。他の料理やケーキ類にセットして召し上がってアクセントということで楽しむことだって行なえます。


髪の毛と健康は身近な関係にあります

健康の悪さが髪の毛に出てくるれることもあり得ますし、ストレスで心と体がベストでなければ抜け毛が起こるとか髪に影響が生じます。

 

髪の毛はからだの状態を現わします。髪の毛は胃、腎臓、血管と人間の身体の中を経由して栄養素が浸透するという仕組みなのです。
髪の毛とは、頭部だけにより生まれるものではないのです。

 

胃で消化が行われ栄養素が血管を通じ、髪の毛を作る毛細血管へと結びついています。
毛細血管が毛乳頭に結びついていますから、毛乳頭までの栄養素の浸透経由がちゃんと保持されていなければ元気のある髪の毛を生みだすことができないです。

 

例としてストレスを抱えている場合に、喫煙を常に満喫している方は、血管を収縮させてしまいがちです。
そうなってしまうと栄養素の流れが細くなって、髪の毛に行き渡る欠かすことができない栄養素が半減するため、髪が痩せちゃうケースが発生します。

 

さらに血管が痩せ細ると髪の毛の影響ばかりか、動脈硬化や血栓が発症してしまう危険性があるため、心筋梗塞や脳梗塞の恐れが大きくなります。
抜け毛や髪の毛にコシが見られなくなった場合、危険な病のパーセンテージが高まったと考えた方が良いと思われます。

 

老化と一緒に、動脈の血管が硬化し血管の内側が弾力性を失って、有害成分が凝固したり、脂分が原因で血流が悪化する危険性がジワリジワリと高まっていくでしょう。

病気を防止するうえでも、一番に習慣的に食生活やストレスを溜め込まない生活は大切ですね。
ストレスから起こる抜け毛では、血管内に老廃物などが発生することではなく、血管が収縮されるのでストレス解消が可能なら良い状態にできるでしょう。

食生活を見直した方が良いでしょう

食生活による血管の影響は長い期間にわたって対策をしなければ、すぐ改善できません。
脂分が多いとき高血圧や脂質異常症を患ってしまう場合もあります。血液内の中性脂肪が積み上がってしまったら、高血圧や脂質異常症という病に冒されるケースがありますから注意が必要。

 

血液をサラサラに変える実効性のある食品は、緑黄色野菜や海藻類、きのこ類、オクラや納豆、とろろといったネバネバ系も血液をサラサラに変えるカルシウムやミネラルがたくさん含まれています。

 

断然実効性があるのは「大豆製品や乳製品」。大豆製品は血中コレステロール値を下げる働きが作用し、植物性のタンパク質が血液に影響をもたらします。
乳製品も腸内の善玉菌を増加し消化を良くし血液サラサラにする効果を発揮する。

 

積極的に、大豆製品や乳製品を毎日のように食べるように努力すると良いのです。
髪の毛で抜け毛やコシが見られなくなったら、髪の毛ばかりの問題と考えずに、生活習慣全体の再点検を行うことが必要でしょう。

良質タンパク質を多く含む食品

イワシ、タイ、カジキ、イカ、エビ、オタテ貝、鶏むね肉(皮なし)、豚ヒレ肉、ささみ肉、牛もも肉、プロセスチーズ、カマンベールチーズ、もめん豆腐、厚揚げ、大豆、卵、牛乳
イワシ ホタテ貝 大豆

亜鉛と銅を多く含む食品

イワシ、牛レバー、豚レバー、鶏レバー、牛もも肉、ホタテ貝、ウナギかば焼き、カキ、カシューナッツ
イワシ ホタテ貝 カシューナッツ

 

亜鉛を多く含む魚の代表がウナギ。タンパク質も豊富です。
アーモンドなどのナッツ類は亜鉛や銅を多く含みます。
アーモンド カシューナッツ

 

動物性・植物性両方のタンパク質をバランスよく摂ることです。
動物性タンパク質は、頭皮の血管を作る役目をします。
ささ身は低脂肪の良質タンパク質です。
レバーはタンパク質と亜鉛と銅を多く含む万能選手と言えます。

 

「髪は女性の命」という時代もあって、特別に女性にしたら髪の美しさが美を主張するのに絶大なる役目を果たしてきたのです。
女性の美を代表する以外に、まず第一に人間にとってとって大切な機能があります。

人間の生命力を映し出す髪の毛!

科学が進化した今の時代、髪の役割りが細胞レベルで具体的に調べられ、人間の生命にかかわるなくてはならない機能を背負っていることが明らかになりました。
髪には人間の生命力=心身の健康状態を招きます。
髪は頭皮の血流に合わせて栄養が行きわたり、ホルモンにコントロールされて生えてくるものです。
ですから、頭皮の血流がうまくできないと栄養失調を招いてしまい、薄毛といったトラブルを引き起こしてしまいます。
加えて頭皮の血流の悪くなるのは、実のところ頭皮ばかりか身体全体の血流不良が影響しているものです。
血液循環の悪さは、身体の有害物質の排泄を滞らせて、肩こり、眼精疲労、頭痛というような肉体的不調を招きます。
そして、肉体的不調の体調でいることによって最後には、髪の衰えが目立つようになります。
まさしく、身体的な元気不足が髪の活力不足が起こる事です。そういう理由で、髪の毛は健康のバロメーターと言えるでしょう。

心と体の健康が損なわれたら、髪のダメージも目立つことになります。

髪からのメッセージをしっかりとキャッチする、あなたの髪の様子を知ることが大切。毎日髪の様子チェック、毎朝鏡に向かってブラッシングを生活習慣にしてください。
寝不足や疲労感が滞っている状態では、ブラシの通りがひどくなります。
毎日鏡を見ていると、髪の光沢不足なども感じるはずです。
髪の表面的な変化は、体の内部に元凶があるケースが間違いなくいっぱい。

髪は身体的な栄養状態のバロメータ!

身体は日頃の食事より摂取したひとつひとつの栄養成分を、心臓や肝臓、腎臓、脳、神経というような生命の維持にストレートに関わる重い役割の器官から、一番初めに大量の栄養素を活用しているわけです。なるほど身体が自分の命を守ることに必要な身体が行う仕組みというものです。

 

さらに、何処かに病気の部分があったりしたら、病気を良くするために、または仕事や運動などによって身体に疲労感が残っていれば、疲れを取り除いて癒すといった私どもの身体は大量の栄養素を消費するわけです。

 

髪や皮膚・爪などは、生命にストレートに関係のない部位に栄養成分が巡ってくることは身体の中でやはり最後の最後なんです。

 

何故ならば逆に考えると、髪や皮膚・爪など身体の仕組みは最後に栄養成分が巡ってくる部位が健全ならば、身体が健康という事が断定できます。
まさに「髪は健康のバロメーター」と言われるのです。

髪は心の栄養バランスのバロメータ!

ストレスイコール正常な髪を異常脱毛による抜け毛や細毛・薄毛に追い込んでしまう元凶となる強烈な脱毛促進剤。
育毛手当は、ストレスは心の妨げが生じて発毛や育毛の非常に大きいブレーキなのです。

 

個人によって心の妨げとなるストレスが解消されたさえすれば脱毛予防や育毛効果が得ることができ、髪がスクスクと発毛してきたり、脱毛がほとんどピッタリ止まるということだってあります。

 

余談ですが私たち人間のストレスは強烈な脱毛原因のひとつです。髪の毛が薄いという理由で過去には活発であった行動が萎えたりします。
「髪は心の栄養バランスのバロメータ」つまりは髪は精神状態をも写す鏡と一緒です。

髪の毛を経由して体外に排泄している有害な重金属類

ほとんどの場合は一般的でないことですけど、身体にこそ有害な水銀やカドミウム・ヒ素・鉛・銅を代表とする重金属類が毎日の食生活によって食品から日常的に体内に吸収しています。
けれども有害な重金属類は、ほとんどの場合、髪の毛や体毛・汗などの手段で身体の外へ排泄します。
ですから身体にこそ有害な物質を体外に排泄する器官とされる髪の毛が薄くなってきたり、無くなったりしたら身体は健康であるとか、一人一人寿命に大きな問題が出るに違いありません。

身体に有害な重金属類が、髪の毛を経由して身体の外へ排泄していることに対し、環境問題と身体への影響の面から考慮してみましょう。

 

毒性がある重金属だと、水銀、カドミウム、砒素、鉛、銅などを挙げられます。
金、銀、白金なども重金属で、希少なですから全然問題にはされません。
環境問題を考慮すると、砒素やセレンなどの元素も問題が発生しますが、科学的に金属に含まれません。

 

反対に、生体にこそ大切な必須元素を目にすると、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウム、鉄、塩素、亜鉛、ケイ素、銅、マンガン、バナジウム、モリブデン、セレン、ヨウ素、スズ、クロム、コバルトなどが挙げられます。
塩素、セレン、ヨウ素、ケイ素以外では全部金属元素で、身体に必要な重金属です。

 

水銀は人体からすれば有毒作用しか持たないが、セレンや銅は極々微量ながらいないと困る元素の一つです。
けれども生体内で効率的に役立てるには量が多すぎてもダメです。
つまり、セレンや銅も摂り過ぎると、人体にとって猛毒と化して有害物質になってしまう。
過剰な摂取は身体にとって毒でも、微量ながらも最低限必要な量が不足したら、人体にダメージをもたらす重金属もあります。

 

毛髪を分析する方法で、人の日々の食生活の状況以外に、有害な重金属類のため身体が汚染されているのかいないのか分かります。

 

髪の毛は身体内に留めては駄目な有害物質を24時間毎日排泄をくり返し身体の健康面でのバランスを維持する身体に良い役割を担います。

 

髪の毛が自然にあるのか無いのか?という事は正直言って見た目のカッコ良さであったりカッコ悪いということも関係しますが、そんなことこと以外に、一生に一度の人生を毎日幸せに健康で長生きできるかどうかという点にもまさに大きく影響しています。
身体も心も明るく楽しくなる暮らす効果を期待して一本一本の髪の毛を大事にしほしい。

 

 

髪は、個人ごとに差は出ますが1日当り約0.35o〜0.6o位伸びています。

 

髪の量は、少量の人でおおよそ7万本〜8万本、かなりの量がある人では12万本〜13万本、オマケに14万本〜15万本になるのです。しかし平均で約10万本でしょう。

 

髪からは水銀や砒素・アルミニウム・カドミウム・鉛といった、身体に有害ないろいろな種類の重金属類や化学物質が排泄されます。

 

 

人の髪の本数を例えば10万本にした場合、1本の髪が1日に伸びる長さをまとめて1本の髪にしてつなげると、0.35o伸びる人は0.35o×100,000本=35,000o=35mです。
たった1日でホントに35mも伸びているので、相当の量の重金属類が髪を経由して身体の外へ排泄している事が納得できます。
0.6o伸びる人なら0.6o×100,000本=60,000oとなり、1日でホントに60mも伸びていることになります。
1ヵ月に約1.05Km〜約1.8Km、1年間で約12.6Km〜約21.6Kmになるのです。
髪を通じて体外に排泄される重金属類や防腐剤や合成着色料という化学物質の量も薄毛の人より髪がたくさんある人が、さらに多く排泄されます。
仮に髪1本1本の内に重金属類の量が同じだったら、髪の伸びるスピードが遅めの人に比べて、速い人が、また同じ髪でも細目の人より太目な人がよりたくさんの重金属類や化学物質を排泄してます。
髪が伸びるスピードは、比較的髪が細い人より太い人が早く伸びることが多いです。
太毛で弾けそうな元気な髪を生えさせることは身体にこそ有害な重金属類や化学物質を一日も早く、しかもよりたっぷりと体外に排泄する結果に影響します。
長期間髪を経由して有害物質の排泄が「しっかりと行なわれた」事が積み重なり、結果人の健康を増進し病気にも罹患しがたく寿命を伸ばす事態に結び付いています。
通常1本の髪の毛の寿命はいくらかの個人個人で差は見られますが男性が3〜5年、6年、女性で4〜6年、7年と考えられています。
ようやっと発毛してきた髪の毛1本1本に対ししっかりと本来の寿命を全うさせるようにしましょう。
見た目は言うまでもなくあなたの健康対策のためにも。


 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

髪の毛は健康のバロメーター記事一覧

毛根を囲んでいる毛細血管は毛母細胞に血液を供給して栄養分を運びます。供給が滑らかにに行われていれば髪の毛は健やかに育成されています。ところが、血行が悪くなると毛母細胞に栄養が行きわたらなくなります。髪の成長は止まり脱毛が始まります。鉄は細胞の活動を高めるために必要な成分です。特に女性は不足しがちになります。ビタミンB2・B6は、皮膚を整える働きがあります。カプサイシンは、新陳代謝を促すので料理に上...

スポンサードリンク