スポンサードリンク

毛細血管は網の目のように張りめぐらされている

頭皮の毛細血管

毛根を囲んでいる毛細血管は毛母細胞に血液を供給して栄養分を運びます。

 

供給が滑らかにに行われていれば髪の毛は健やかに育成されています。

 

ところが、血行が悪くなると毛母細胞に栄養が行きわたらなくなります。

 

髪の成長は止まり脱毛が始まります。
鉄は細胞の活動を高めるために必要な成分です。特に女性は不足しがちになります。

 

ビタミンB2・B6は、皮膚を整える働きがあります。
カプサイシンは、新陳代謝を促すので料理に上手く取り入れてください。

毛細血管は体内の組織細胞に網目状に張り巡らされて、血液中のビタミンやミネラル等々の栄養素や酸素を毛細管壁を通じて細胞一つ一つに送り出し、CO2や老廃物を細胞や組織からキャッチし体の外に排出する働きを持ってます。

毛細血管は循環器系の特に基本的な役目を果たしてますが、血液がドロドロの状態になると、毛細血管を血液が流れにくくなるので、細胞との栄養分や老廃物のキャッチボールも困難になることで、健康を害するリスクが高くなります。

 

毛細血管は20才代をピークに年を経るごとにスピードダウンして、60年代にはピーク時期の40%を失うことが明白ですが、他にも血管が老化したり機能低下することで、血中の栄養素や老廃物といった成分が漏れ出し炎症を発症させて、毛細血管が減ってしまう恐れもあるでしょう。

 

紫外線や生活習慣によって活性酸素が大量に発生し、毛細血管を傷めたり、血管を構成する壁細胞や内皮細胞がダメージを受けて血管がつぶれることも、血液が通れなくなって毛細血管が減少するわけです。

 

次にあげる原因となって毛細血管が減ってしまう現象が発生します。
運動不足

体を動かすことによって血液やリンパが正常に流れますが、体を動かさなかったら血液もリンパも流れが悪くなって、体がしっかり血液を流さなくても大丈夫だと判断して血流が滞ることになります。
特に運動不足になったら下半身に対する血流が悪くなって、足がむくんだりするわけですが、ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれるほど血流にとっても影響を与えて、体を動かさないのでふくらはぎが固く変化すると、どこまでも血流が滞ります。
血流が滞ると、毛細血管にでも血液がきちんと流れなくなってしまいます。

肥満

太り過ぎるのだって毛細血管を傷める原因です。
毛細血管が体中に網目状に張り巡らしていて、体重が増え脂肪がたっぷりと体の中に付くと必要がない脂肪にも毛細血管が拡がってしまいます。
血液の量や血流は太っても、太っていなくとも一緒なので、余計に毛細血管が拡がってしまったら必要な場所までしっかり血液が行き届かなくなります。

食べ過ぎ

ご飯を食べると、消化・吸収のため胃や腸に血液が集まります。
過食すると消化・吸収に時間がかかって、胃腸を除いた場所への血流が悪くなっているため、毛細血管が傷みやすくなるのです。
また、絶え間なく何かしらを食べているとか、いつだって食い過ぎたり続けていると、日常的に胃腸に血液が集められる体質に変化して、手足や頭皮の毛細血管が減りやすくなるのです。

毛細血管が減ることと薄毛の関係

もうお気づきだと思いますが、髪の毛の成長や生成には毛細血管から毛乳頭へ血液が十分に行き届くことが必要なのに、頭皮の毛細血管が減少するため血液が毛乳頭へ行き行き渡らなくなるので、抜け毛が増えてしまう。

 

特に前頭部の生え際や、頭頂部が薄毛を発症しやすいというのは、前頭部の生え際や頭頂部に毛細血管が多くないので、血液が行き届かないのと、毛細血管の減少が起こりやすいのです。

おまけに、薄毛をスピードアップさせる生活習慣が考えられますが、実際には毛細血管が減少する生活習慣と一緒のものが考えられます。

タバコ

毛細血管を減少させる第一の生活習慣は喫煙です。
タバコを1本吸うことで100兆個の活性酸素が体の中に生じると言われて、毛細血管ばかりか毛母細胞に関しても攻撃の対象になって、毛細血管や毛母細胞の老化をもたらし、薄毛を促進させる。
また、タバコに含まれてるニコチンは末梢血管を収縮させ、血流量を減少させることから毛細血管の減少を促進します。

ストレス

毛細血管の血流は、毛細血管に結びつく「細動脈」という血管の拡張に合わせて血流が生じます。
細動脈は、憎しみやストレスというものを感じたの際に交感神経が活性化したら閉じられてしまうので、毛細血管への血流が衰えてしまいます。
仕事とかで絶えずストレスに襲われているとか、溜め込んでいますと、細動脈が閉め切っている時間が長くなって、毛細血管の減少が促されます。

肩コリ

肩コリは毛細血管が減少することでも現れますし、肩コリがひどいから毛細血管が減ることも、原因と結果の両面に関係する症状です。
肩コリをしてしまうと、血流やリンパの流れが悪化しますので、特に頭皮の毛細血管が減少しやすく、薄毛の進行に大きく関係します。
また、体の毛細血管が減少して血流が悪化したり、血液中の酸素が減ってきて肩コリをすると、頭皮への血流がもっと進行するので、頭皮の毛細血管を減少しやすくなって薄毛が進行します。

目の酷使

働いてると、パソコンやタブレット、スマートホンというものを何時間も何時間もじっと見ることも増えると思うのですが、目を酷使することだって毛細血管の減少を招きます。
実のところ頭皮の毛細血管の大部分は目の周りから伸びていますので、目を酷使すると目の周りの筋肉が緊張状態になって固くなり、血管も萎縮して頭皮への血流が滞ってしまうので、抜け毛が増加したり、頭皮の毛細血管の減少が起こります。

食生活

毛細血管は赤血球がやっと通れるレベルの太さですが、糖質や脂質ばかりの食べ物をいつも食べるとすれば、血液がドロドロになったり、血管内にコレステロールが密着して血流が劣化したりして、毛細血管までキレイな血液が流れなくなります。
また、水分をサッパリ飲まないでいたら血液中の水分量が減少して、血液がベトベトとなって血流が悪くなってしまって、毛細血管を傷める原因になる。

減ってきて毛細血管を新生に導く方法

毛細血管が生活習慣や加齢現象で減少しやすく、減少してしまった毛細血管を元に戻すことができるか気になりますが、元に戻せます。

 

正しく言うのならば、新しく毛細血管を作り上げるのを新生というけど、毛細血管を新生をしたり、滞った血液を毛細血管にまた流したりできるのです。
毛細血管を減少する原因を取り除くことから始めてみてください。

 

仕事でコントロールすることが容易くはないものもありますが、ストレスや目の酷使は抱えこまないようにストレスを解消できたり、目の疲れをほぐし、休めて影響を減るといいですね。


加えて毛細血管を新生に導く目的でやった方がいいこと

栄養バランスの良い食事

薄毛を回復するうえでも栄養バランスの良い食事は必要ですが、毛細血管を新生のためにも食事の栄養バランスは欠かせません。

 

特に血中脂肪や血糖値の対策は血液をサラサラにする上でも必要ですので、イワシ・サンマ・サバといった青魚、山芋やオクラ、ニンニクや玉ねぎ、豆腐や納豆、緑黄色野菜など積極的に食べることをおススメします。

 

栄養バランスを向上させるために一日中気を配ることは大変、消費する食べ物の種類を増し、品揃えを増すことで、別に意識せず栄養バランスはお膳立てされます、それほど気負わず何種類もの食料品を食べてみることを意識しましょう。

適度な運動

運動不足だったら、始めからジョギングなんてハードな運動になるので、かえって毛細血管にダメージを与えるかもしれません。
ウォーキングといった有酸素運動を楽に継続すると、血行促進になるので抜け毛対策としても、毛細血管の新生にだって効果が期待できます。

 

ウォーキングは1回30分〜1時間くらい実践するのが申し分ありませんが、時間がなかなかとれないときには「その場スキップ」を行なうと良いです。
手と脚を正確に上に高く上げて20回、その場でスキップするのみです。

 

朝・昼・夜と1日3回実践できると足周辺に滞留した血液やリンパを流す力を高めることが可能になります。

毛細血管を整える作用があるスパイス

毛細血管がダメージを受けたり、劣化することで減少、傷つきますが、毛細血管を若返らせ丈夫にするために、毛細血管細胞の中に存在するTie2受容体(タイツー)を活性化させ、毛細血管の機能が丈夫に、たくましくできます。
Tie2(タイツー)を活性化させるスパイスは「シナモン」と「ヒハツ」です。

シナモンには、シンナムアルデヒド(桂皮アルデヒド)というTie2(タイツー)を活性化させる成分が含まれ、ヒハツにはピペリンといった辛味成分がTie2(タイツー)を活性化させます。
シナモンはシナモントーストにしたり、カプチーノを飲むとか、アップルパイやスパイスカレーに混ぜたりと馴染みがあり、摂り入れで悩まないと思われますが、ヒハツは聞き慣れないことから摂り入れ方が馴染みがないかも知れません。
ヒハツは沖縄の島コショウを指し、コショウにウコンが混ざったみたいな味。
料理に、コショウに代わってヒハツを活用すると違和感なく摂取できます。
シナモンもヒハツも、摂り過ぎると健康を害する危険性が見られます、上限1日2g(ティースプーン1杯程度)までにしましょう。

身体を温める

お風呂に入った時にシャワーでなくて湯船に入浴したり、ふくらはぎをマッサージするとか、生姜を積極的に食べたりして、体の中から温かくすると血行が向上することで、毛細血管の減少を防止できます。

 

シナモンやヒハツも体を温かくする効果を発揮するので、毎日1g〜2g摂取すると育毛にも毛細血管を改善させる効果が見られます。
毛細血管は、「主治医が見つかる診療所」や「ためしてガッテン」といったテレビ番組でも話題となり、注目しているテーマだったとも言えます。

 

育毛は、血行促進が大事であると考えられていますが、頭皮の毛細血管が傷んでいては、毛乳頭に血液が届かないせいでいつになっても育毛の効果が感じられないことになる。

 

育毛の対策はいろいろ考えられますが、効果を高めるうえでも毛細血管を若返らせ、新生しておくと育毛剤の成分が浸透しやすく変化したり、髪の毛に欠かせない栄養成分や酸素がしっかり届いて、健康な髪の毛が発毛してくることにもつながります。

 

どんなに多忙でも運動とスパイスは忘れないで習慣づけると、抜け毛も安定化し、育毛を実感できる年月が短くなっていきます。

ヨウ素は甲状線ホルモンの成分です

成長期の発育促進する働きをし、髪の発育を促します。
海藻類を食べると髪の毛が生えるといいますが、ヨウ素だけ摂取しても健康な髪の毛は保てません。
摂取過剰は、体の健康に悪影響を及ぼします。
サバ、カツオ、イワシ、ノリ、コンブ、ワカメ(乾)
イワシ 海藻類

ビタミンBを多く含む食品

さんま、豚ヒレ肉、豚レバー、牛レバー、豚もも肉(脂身つき)、マグロ(赤身)、ウナギかば焼き、アサリ
さんま 豚ヒレ肉

ビタミンEを多く含む食品

アーモンド、かぼちゃ、ひまわり油、ヘーゼルナッツ、アボガド、落花生、ウナギかば焼き、タラコ
アーモンド かぼちゃ 落花生

鉄を多く含む食品

牛ヒレ肉、牛レバー、豚レバー、鶏レバー、カキ、ワカサギ、干しひじき、小松菜、ほうれん草、凍り豆腐、黒きくらげ(乾)
ほうれん草

カプサイシンを多く含む食品とは

鉄、ヨウ素、ビタミン類など豊富なイワシは、内臓を取って料理をしてください。
血行を促すカプサイシンは、キムチで野菜を炒めて辛味を和らげるとおいしいです。
チリソース、とうがらし、トウバンジャン、カレー粉
とうがらし キムチ

不飽和脂肪酸でつややかな毛髪を保ちましょう

適量の油脂が欠かせません。
減量ダイエットで油脂抜きの食生活にすると、髪の毛がパサつき、つやがなくなったり、枝毛ができたりします。
油分が少なく髪の毛が油の膜で皮膜されていない状態になるからです。

 

頭皮・毛根の栄養を良くするため、普段からの食事で適量の油脂を摂ることが大切です。
油脂は動物性でもよいが、なるべく不飽和脂肪酸を多く含む植物性のものを選ぶ。

不飽和脂肪酸を多く含む食品

菜種油、オリーブ油、サラダ油、ごま油、ごま、ヘーゼルナッツ、くるみ、松の実、アーモンド、ピスタチオ、マカデミアナッツ
松の実 アーモンド ごま

なるべく避けたい食品とは

カフェインは血流を悪くします。
また、脂性のフケが出る人は頭皮の脂の分泌量が多い状態です。
脂肪の多い食品はさけましょう。
カフェインが入った食品や脂肪分が多い食品の摂りすぎは避けてください。

摂り過ぎに注意したい食品とは

髪の毛にいい食生活の基本は栄養バランスのよい一日三度の食事をきちんと摂ること。
お酒や清涼飲料水や甘いお菓子は摂り過ぎになりがちです。適量に控えてください。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク