スポンサードリンク

ストレスは、脳で快・不快を感じ取ります

ストレスは、脳で快・不快を感じ取ります

脳の中に存在する、大脳辺縁系の篇桃体です。 ここでは、爽やかな刺激に作用する細胞とむしゃくしゃした刺激に作用する細胞があるのです。

 

ここで不快刺激に作用する細胞によってストレス状態になるわけです。 こうした刺激は、視床下部というものを経過して、自律神経や内分泌に影響を及ぼします。

 

外部からの"刺激"では痛みや病気だけに限らず天気模様や暴力、お仕事も入ります。

 

ストレスは、悪いものというようなイメーシがありますけど、必ずしもそうではなく適度な緊張なんかの見られると機能がしっかりと発揮されるであるとか、プラスに作用するストレスもあるのです。


マイナスイオンって何なの

マイナスイオン

span style="color:#FF0A0A">ストレスが続くことで毛髪にも大きな影響が出てきます。

 

頭皮が緊張して固くなり血行不良になるためです。

 

男性ホルモンが活性化すると、皮脂の分泌量が増加、血管が収縮し、血液の流れが制限されやすくなり、胃腸や免疫系統、神経系の影響が毛髪にも及びます。

ストレスと自律神経

ストレスが得意の人・ダメダメな人

外側からの「刺激」には、苦痛や疾病だけに限らず天気模様や暴力、仕事も入ります。

 

ストレスは、極悪なものかのような考え方がつきまといますが、だからといってそうじゃなく程よい緊張などは機能が非常に発揮されるとか、有利に作用するストレスも存在するのです。

 

外側よりのありとあらゆる刺激をストレッサーといい、刺激が強烈すぎて生体が対処できない時をストレス状態と称します。

 

ストレスの感覚は各人各様ですので、ひとまとめにするとどれ位のストレスがプレッシャーであるのかなどという単純比較検討は困難だと思います。

 

われわれの人体は、自律神経の交感神経と副交感神経の2つの神経のコントロールを受けているわけです。
脳から情報を伝えるときに、自律神経の交感神経と副交感神経の2つの神経に亢進と抑制の指示をいたします。

 

交感神経と副交感神経は、1つずつのの臓器に対して2重に拮抗的に支配(二重支配)おこないます。

 

自律神経の交感神経と副交感神経の神経バランスによって、呼吸や血圧、消化、排泄、体温調節といった各臓器の働きをコントロールしているわけです。

 

身体がストレス(ストレッサー)を受けると、自律神経が関係します。
交感神経は一般には「攻撃」(活動する神経)ですから、副交感神経は「休息」(リラックスの神経)となります。

 

ほとんどすべての臓器が、活動する神経とリラックスの神経の二重支配により、ストレスが長年にわたると自律神経が影響力を受けてバランスが異常になり、胃腸や肌に向けてダメージや頭痛を引き起こすといった場合もあるといえます。


呼吸・消化・循環などを支配する

自律神経に働くという効果が主張されています。
自律神経は、交感神経と副交感神経のつり合いで成り立っています。

 

副交感神経は、血圧や脈拍を上げて生体を活動的にする交感神経と拮抗するので、マイナスイオンは鎮静効果をもたらし神経をリラックスさせ、ストレス解消に役立つことが言われるようになりました。

 

プラスイオンには興奮作用があるそうです。
マイナスイオンが健康にどう影響するのか、効果が本当に存在するのか、結論が出るのはかなり先になりそうです。

ストレスは歪み

ストレスは歪み

精神や肉体の釣り合いが崩れる様子を意味する言葉。
人間の身体は、偏りが崩れるとつり合いを取り戻そうと働きが、余分なエネルギーの消費が髪にとっては不利です。

 

本来、髪に回るはずの栄養分がほかのところへ回ってしまいます。
ストレスは、皮脂腺を増大・活性化させて皮脂の分泌を増加させるだけでなく、毛根への栄養を補給する血管の収縮や胃腸障害まで引き起こします。


ストレスと体の不調

ストレスは、不眠症やうつ病、胃痛や頭痛、他には胃・十二指腸潰瘍だったり、心と身体に不調の原因になります。
漢方医学の中には、心身一如というような言葉があるのです。
心と身体の結びつきは非常に綿密なのです。
心の病変やストレスが身体面に影響を及ぼしてて洗われた症状。

胃腸の不具合

胃腸と感情は親密な関係を持っています。

ストレス
→ 副交感神経 > 交感神経 → 胃酸分泌促進 → 胃の粘膜を攻撃する → 胸焼け・胃痛
ストレス
→ 副交感神経 < 交感神経 → 胃酸分泌抑制 → 胃腸の働きの低下 → 消化不良
肌の不調

ストレスが原因の肌の湿疹・かゆみ・ニキビ。

湿疹・かゆみ

無意識に肌を掻くことによって、皮膚が傷つけられる。

 

ストレスが原因となって血行不良が起こって乾燥肌になって、湿疹・かゆみに。

 

皮膚の血行不調によって、ターンオーバーの低下が働き、角層の重層化→肌表面がごわつき→肌のくすみ・肌荒れ

 

過剰のストレスが持続するために、精神面での余裕がなくなって、肌のお手入れをおろそかになることから、毛穴が詰まりやすいようになる→ニキビ

 

さらに、自律神経の乱れ→ホルモンの乱れ→コルチゾール・アンドロゲン分泌増加→皮膚分泌の活性化→毛穴が詰まりやすいようになる→ニキビ

頭痛・肩こり

頭痛は随伴症状を伴うことがよくあります。

随伴症状(痛み以外の症状)

頭痛に伴い吐き気がしたり、胃がムカムカするケースがある
頭痛に伴いふだんは気になることがないレベルの光がまぶしく感じる時がある
頭痛に伴いふだんは気になることがないような音が騒がしく感じる場合がある
頭痛に伴い匂いが気持ち悪いと感じる経験がある

心身一如の医学とは

デカルト以降、西洋医学は心と身体は別のものなのだという要素還元的認識に沿って発展してきたのです。
西洋医学に対して、漢方医学では、心と身体は互いに深く影響し合うといった「心身一如」というような考え方を基にした治療体系です。
漢方医学の解剖生理学の中の五臓の機能としては、物質的な側面にとどまらず、精神的な部位の機能もひとつひとつの五臓が管理しているといった立場を取ります。
西洋医学でも物質的な要素にとどまらず、精神的な要素も含めたストレスが重んじられるようになって、漢方に接近したかも知れません。

漢方医学では、精神と身体とを互いに関与しているものと認識して、"心"すなわち色んな精神活動や感情は、内臓や別の機能と親密に関係して構成されているというような認識。

 

落語にもありますが、失恋が元で健康を害してしまうとか、怒ってばっかりいるうちに、身体の調子が悪化してくる、体の不調も"心身一如の病因論"と言われ、近年の心身医学と深々と関わっているのです。

 

治療も身体面での問題へ、精神的な面からの働きかけ当たることもあり得ます。
例として、現代医学で、胃・十二指腸潰瘍の再発率が約70%と言われていて理由は、胃・十二指腸潰瘍のほとんどがストレスが原因となっていることが理由で。

 

そういうわけで、ストレスが減ることがない限り、潰瘍は快方に向かわずに再発を繰り返すというのが本音です。

 

 

胃・十二指腸潰瘍の点では、漢方医学では、潰瘍の根本原因ということでストレスも考慮に入れることから、治療に当たって、ストレス抵抗性をも高くする心くばりを行なうので言うまでもなく、再発率が減少します。
漢方医学には、内因として、七情というような考え方の病因論を確立しています、まぎれもなく"心身一如"の考え方は、世界先駆けのストレス学説とも言えるでしょう。


円形脱毛症について

円形脱毛症や難治性の全頭脱毛もストレスによるものがほとんどです。
抜け毛に対する必要以上の心配自体、抜け毛が怖くて洗髪できない脱毛ノイローゼの人がいます。ただでさえストレスに弱い髪に余分なストレスを加えることはありません。

 

脳の中にある視床下部には、自律神経やホルモン、免疫といった中枢がストレスによって免疫機能になんらかの異常が起きて脱毛すると西洋医学では考えられています。

 

東洋医学では、人間のエネルギーを気血水で表わします。
気は生命エネルギー、感情を気という言葉で表し、血は血液を指し、気を運ぶ働きのある水は血液以外の体液です。

過度の心配

髪の毛はストレスに敏感に反応します。
白髪、抜け毛、薄毛、円形脱毛症、若ハゲなどで悩む人は多く、精神的なストレスが多いに関わっています。

 

ストレスは髪の毛の健康にどういった影響で、髪の毛がストレスの影響を受けるのか。髪の毛の健康対策を東洋医学から見たストレスと髪の毛についてお知らせします。

髪は血余といいます

血の流れが順調でなら毛髪は保たれ、悪くなると抜けるとされ、気は、血を生じ血は、気を補うという密接な関係にあります。

 

気の流れの停滞も髪に影響します。
ストレスがあると気や血の流れが乱されるため毛根のエネルギーが落ち、木の葉が落ちるように毛根が弱って抜けます。

 

ストレスがあるからといっても誰もが脱毛する訳ではなく、遺伝的要因も大きいです。
まだ詳しいことは解明されていないが、予防は大切です。

ストレスによって白髪が増える人

毛髪の色は毛に含まれるメラニン色素や色を細胞の働きにより決まる
毛根で髪の毛が作られるとき、通常は色素細胞で作られたメラニン色素が毛の中に送り込まれて髪の毛に色が着きます。

 

ストレスがかかるとメラニン色素の機構が働かなくなって白髪になると考えられます。
ストレス性の白髪はストレスの原因が改善されればかなり改善されますが、完全に戻ることはないようです。

 

脱毛や白髪の原因はストレスだけではなく、重い病気や病気に対する投薬や放射線治療などがあります。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

ストレスの仕組み記事一覧

女性は、女性ホルモンが圧倒的に優位に働きます。更年期や出産などホルモンの釣り合いが崩れて影響が出ることがあります。更年期以前であっても仕事や育児のストレスが原因で、ホルモンのつり合いが崩れ脱毛症になる女性が多いです。加齢に伴って脱毛が多く、頭髪が徐々に薄くなるのは生理的なもの、若くして抜け毛が多いのは異常、女性の脱毛症の特徴は頭髪が全体に薄くなることです。東洋医学では、気を司るのは腎で、血を司るの...

スポンサードリンク