スポンサードリンク

頭皮の異常を沈静化させる

汚れを落とす仕組みと育毛

シャンプーとは水だとそう簡単には落とすことはできない頭皮の脂汚れを落とす役割があります。
当サイトでは、シャンプーの重要な役割りと言える頭皮の皮脂や汚れを落すメカニズムにつきご説明いたします。
どんな頭皮でもシャンプーをして育毛剤を使えば効果が出て生えてくるということはありません。

頭皮の異常とは
吹き出物、脂漏性、炎症、うっ血などの状態。
頭皮を改善して、本格的な育毛手当に移るほうが確実。

毛穴が詰まっているとか、皮脂が詰まっていると言われたことは?
毎日シャンプーしているのに、毛穴が詰まることは無く、毛穴が詰まったり、皮脂が多いから薄毛になるということは無いので安心してください。

よく洗ったことが薄毛につながる事にならないように注意しましょう。
改善率を上げるには、前処理を組み入れるこが大事です。
前処理とは、頭皮の回復を現わし頭皮を育毛剤が効く頭皮に改善することです。

 

頭皮の異常を回復させてから育毛剤へ引き継ぐことで改善率は大きく違い確実です。
前処理を組み入れて、育毛手当ての成果を上げています。

 

毛穴が脂や汚れ、老廃物で目詰まりを起こすことはありません。
現代の日本国民ほど清潔に常にシャンプーしてる人種は世界中にいないです。

その上、日本国民の歴史を見直してみたとしても、戦前戦中終戦後や1950年代〜1970年代の日本国民は洗髪は3日か1週間に1回でしたし、チベットやモンゴルだけに限らず世界中には頭を洗浄しない人種が数多くおりますが、従来の日本国民やその人種のみなさんの毛穴が詰まったなどと耳にしたことがありません。

薄毛の人が存在しないことからピックアップされるネイティブアメリカンですら、シャンプーや石鹸を利用していないです。

 

従来の日本国民や、その人種に特別薄毛やツルッパゲの方たちがとてもたくさんなどと言われていないし、TV番組だって観たというのがないです。

 

日常的に脂分を取り除く作用が強力な洗い上がりがスカッとするシャンプーでいつも洗っている現代の日本国民に脂や汚れで毛穴が目詰まりを起こすわけないといえます。

 

であるとしてもそういった現代の日本国民に薄毛や若ハゲがけっこう多いし、脂性の人もかなりいるワケです。
成分といったようなこと・毛穴皮脂取り除き・抜毛を減少するで失敗に終わる。

 

成分にばっかりこだわり抜いたり、毛穴に皮脂や老廃物が目詰りしていると感じたり、抜毛を減少すると頭髪が増加すると望んでいたりすることで、頭皮や体をこじらせていないですか。

 

成分は、ふさわしい含有量やほかの成分といった配合割り合い、成分そのものズバリのランクによって、まるっきりその作用に違いがあります。

 

そういった事実も理解ができないというのにシロウト的な判断で、良し悪し・結果が出るといった判断に結び付くワケがありません。
ガツンと判断を勘違いしていて、頭皮や体をこじらせている傾向にあるといえます。

 

であっても、そういったこじらせた情報はこれっぽっちも現れてこず、いい話に限定された情報が現れているというのが現実です
であるから、薄毛人口が減らずに拡大しているという面もあります。

 

成分的なばっかりじゃ判断はやるべきではありません。
抜毛を少なくしようというのは、毛が育たなくする結果に同様な。
抜毛がいっぱいでも、あるとしたならまだまだ生え変わるパワフルさが残存している裏付けです。

 

対処の仕方・方向性・方法に問題がなければ年月がかかっても改善してくるはずです。
抜毛が多いケースでは、何でもかんでも抜毛を少なくしようとすればかえって髪の毛が育たなく失われていきます。

 

 

致命的、抜毛が減少したけれど、髪の毛の量も半減してしまいます。
けれども、頭皮や毛穴内側にある弱まりがよくないケースや無茶なダイエット等によって体に影響を受けているケースでは、かなり抜毛は一般的に元通りになりません。
抜毛が早く薄くなっている人、やせ細っている人は多いと言って間違いないでしょう。



薄毛の改善は時間との闘い

容器に水と油を入れて振ると、直後は水と油は混じり合っていますが、二層に分かれます。界面活性剤を加えると、水と油を混じったままの状態にして置くことができます。
シャンプーが皮脂など髪の毛の汚れを落とすことができるのは、油汚れと水を混じりやすくして取り出しやすくする界面活性剤の働きによる物です。

 

親油基(水になじみにくいが油にはなじみやすい部分)を毛髪の汚れの表面に向けて集まり水だけでは入り込めない汚れ、髪の毛のすきまにシャンプー液を浸透させます。

 

汚れを髪の毛から引き離すように持ち上げ、界面活性剤が汚れを包み込んでいるため、汚れは再び髪の毛にはつきません。髪の毛をすすぐと、シャンプー液とともに汚れも洗い流されます。

 

頭皮が弱りおとろえているときは、かならず、ルナレストル育毛シャンプーを使い、リンスやトリートメントの替わりに界面活性剤の入ってない、レストルスカルプケアトリートメント、マトリックスローションを使ってください。

シャンプーの成分について

シャンプーは、汚れを落とす成分(界面活性剤)と、髪の洗いあがりを整えるコンディショニング剤その他の添加剤から成っています。

 

シャンプーの主成分は、洗浄基剤(汚れの洗浄)と補助洗浄剤(洗浄力をアップさせ泡立ちを良くする)で、これらの洗浄成分だけでは、髪の毛がパサパサになってしまいます。

 

そこで髪の毛のきしみを少なくしたり、指通りを良くするため、ほとんどのシャンプーにコンディシャニング剤が入っています。

 

シャンプーを安定に保つために防腐剤(菌の繁殖を防ぐ)酸化防止剤(安定向上)ph調整剤(液性を調整する)などの成分が配合されています。

シャンプーは頭皮の脂汚れを落す洗剤

シャンプーや石鹸などを用いることで毛髪や頭皮の汚れを落とすのは、頭髪や頭皮に付着した埃や汚いもの、汗、フケにとどまらず、残っている皮脂汚れを落とす必要が生じるからです。

 

不要物や汚れ、汗やフケなんて水やお湯だけを使ってざっと落とすことができるのですが、皮脂は水やお湯のみでたやすく落とすのは困難なのです。

 

この理由は、水と脂(油)の相性が悪く、互いが反発しあって思ったように脂の汚れを落とすことが難しいからです。分かっていらっしゃるように油と水は混じり合いません。

 

そうならないようにシャンプーには、食器の汚れを落とす洗剤や衣服をきれいにする洗濯用洗剤と同じく界面活性剤という名の洗浄成分が配合されていて、これこそが皮脂の汚れを落とす役目を引き受けているのです。

シャンプーで脂汚れを落とすメカニズム

シャンプーのケースでは実際のところどのように頭皮の汚れを落す仕組みになっているのでしょうか、それらのメカニズムにつきまして簡単にご説明いたします。

市販のシャンプーは
・水が6割
・洗浄成分(界面活性剤)が3割
・残りの1割ぐらいがそれ以外の成分で設計されています。

その配合率から見ても、シャンプーは、その大半が水と洗浄成分(界面活性剤)ででき上がっていて、洗浄成分(界面活性剤)はシャンプーのファクターという部分です。

 

そしてこういった洗浄成分(界面活性剤)が脂汚れを落す役割りを引き受けてます。

乳化作用で脂汚れを取り除き

界面活性剤は、物質の境の面(界面)の発端となり性質を交換する物質のまとめた呼び方です。界面活性剤には、乳化作用、浸透作用、分散作用などが挙げられますが、脂汚れはこのうちの乳化作用を活用して取り除きます。

 

例えば、水と油を1個の容器に混ぜると、2つは反発しあって二つの層に分離されますが、このの内に界面活性剤を含めかき混ぜると、水と油は混ざり合うわけです。

 

何故ならば、界面活性剤が油汚れの表面に密着することで、油汚れと水との間の表面張力を減少し、汚い部分を皮膚から剥がして水中に浮き立たせようと試みるせいです。

 

この作用が乳化作用というわけです。

洗浄成分(界面活性剤)は、
・油になじむ「親油基(シンユキ)」・水になじむ「親水基(シンスイキ)」の二つの分子を持ち合わせています。

親油基は、油にピッタリくるため、頭皮の脂を見つけ出し融合し、一方で、親水基は水とピッタリくるため水と融合します。
すなわち、洗浄成分は、脂と水を握りしめて接続する働きをしてくれます。
このようにして水と油は混じり合っています。

 

親油基が脂汚れに融合し、親水基が水に融合すると、頭皮に脂汚れが付着する力というよりも水になじむ「親水基」の水に作用される力の方が強力になります。

 

脂が水の力によって段階的に取り剥がされていきますと、親油基はより一層頭皮と脂汚れの間に侵入してきて、頭皮から油汚れを引き離すことが可能になります。

 

こういったように界面活性剤(洗浄剤)は、「親油基」と「親水基」で水と脂のどっちともを握ってくっ付け混ぜ合わせて、シャワーといった水(お湯)の勢いで汚れを落とすことが可能なのです。

 

洗濯用洗剤や食器用洗剤についてもこれから申し上げるようなメカニズムで脂(脂)汚れを落しているのです。

界面活性剤を基にしている洗浄力が違う部分

界面活性剤には、成分が違う部分で、・高級アルコール系・アミノ酸系・石鹸系というような種類が存在します。

 

高級アルコール系シャンプーなんかに活用されている界面活性剤の親油基のエリアにはヤシ油など植物系の油脂や石油が含まれていて、親水基のエリアには硫酸が扱われていたりします。

 

原材料が安価なため、シャンプーの売り値は安いが、脱脂力(脂を取り除ける力)が強く皮脂を取りすぎる傾向にあるため、頭皮に対する刺激も強力であるのが際立ちます。

 

スーパーマーケットや薬局なんかで数えきれないほど市場に出回っている安価なシャンプーの大半はこういった高級アルコール系シャンプーです。高級と設置されていますが俗に高級とは限りません。

 

ところが、アミノ酸系シャンプーなんかに扱われている界面活性剤の親油基のエリアには、ヤシ油といった植物系の油脂が組み込まれていて、親水基のエリアには、グルタミン酸といったアミノ酸が配合されています。

 

アミノ酸系の洗浄成分は、原材料が高価なことからシャンプーの商品価格は高くなっていますがバランスのとれた洗浄作用で頭皮に刺激が少ないため、つまりは育毛シャンプー・スカルプシャンプーというようなものはこのアミノ酸系シャンプーがメインになっているのです。

効果的な洗浄力で育毛促進

皮脂は男性ホルモンと関与していて、一般的に男性ホルモンいっぱいの男性に多くなるとされていますが、女の人だって女性ホルモンのバランスが悪くなったり女性ホルモンの分泌量が減少してきて男性ホルモンが強く変化すると皮脂の分泌が増します。

 

皮脂は頭皮のベタつきや頭皮臭が発生する原因にもなるので、どちらかといえば悪者扱いされる可能性が高いものの、皮脂には頭皮環境を保護する大事な働きがあります。

皮脂は、汗と混ぜられて皮膚の表面が覆われる皮脂膜を作ります。
皮脂膜は、セラミド(細胞間脂質)や天然保湿因子(NMF)によって頭皮のバリア機能を果たし、雑菌やウィルス、強い紫外線といった外部の攻撃から皮膚や毛髪を防御したり、頭皮中での水分の蒸発を防止したり(保湿)する役目があります。

一般の低価格のシャンプーなんかに含有されている高級アルコール系洗浄成分(硫酸系)やスルホン酸系の洗浄成分という名の界面活性剤は、脂との吸着力(洗浄力)が大きすぎるというようなの傾向が高いため、頭皮環境をいい感じに守る皮脂や保湿因子(NMFとセラミド)を過剰に流出させる恐れがあるでしょう。

 

また、高級アルコール系洗浄成分にはタンパク質変性作用という名のタンパク質がぶっ壊わす作用も見られるため、何よりもすすぎ残ったりした場合頭皮細胞のタンパク質を少しづつ壊していく危険も考えられます。

 

こういった影響によって慢性化している肌荒れやニキビ、さらには、抜け毛や薄毛の原因になるケースがあるようです。

 

一方で、アミノ酸系洗浄成分(界面活性剤)は、洗浄力が抑え気味で保湿因子という相性もしっかりと、ちょうど良い具合に皮脂や保湿因子を残しながらもやさしく洗い上げることができます。
次のような視点によって育毛シャンプー、スカルプケアシャンプーというようなものは、男性用・女性用とは無関係に、大半が適度な洗浄力の整ったアミノ酸系洗浄成分を用いてのシャンプーが主力となっているのです。

コンディショニングシャンプー

コンディショニングは、髪の調子を整える・髪を調節します。
一般的に、傷んでパサついた髪を好きな形に整えやすく、まとまりやすい髪にするシャンプーをコンディショニングシャンプーと呼ぶことが多いです。

 

毛髪のタンパク質などの溶出を抑え、傷みを少なくするよう設計されています。
コンデショニング剤は髪の毛に吸着し、初めて効果を発揮。
シャンプーは汚れを洗い落とすので、コンディショニング剤も一緒に流されます。

 

すすぎの過程で薄められ、髪の毛に吸着し、コンディショニング効果を発揮します。
傷んだ髪の毛により多くの吸着し、洗髪後の髪の毛にしなやかさやしっとり感を与え、損傷を防止します。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

汚れを落とす仕組みと育毛記事一覧

毛を保護・補修する目的とはコンディショニング効果を期待して使う商品ヘアシャンプー、リンス、トリートメント、各種整髪料、ムース洗い上がりや風合い、感触を優先させた設計で、髪の毛にはいいが頭皮に付着すると不利となる成分が、配合されており、薄毛・脱毛には全くの配慮していません。リンスは髪のために良いと思い込んで使う人がいます。サラッとなる、枝毛を薄い膜をつくることで健康な髪にと思いがちです。リンスは、洗...

初期の育毛には育毛剤よりシャンプーのほうが重要な役割を果します。育毛に使われるシャンプーは氾濫しており、どれを選んでいいのか迷うのが現状です。成分的な内容より、次のことを知って置いてください。目的別の選び方コンディショニングタイプ髪の損傷予防や損傷毛の保護と補修、洗い上がりの感触などを重視。育毛用、頭皮用弱っている頭皮の育毛環境を改善する目的。気をつけたいことは、抜毛ばっかり心配して予防に限定して...

石鹸系にはいい特性もあるが、他のシャンプーより育毛に有利ということはなく、洗浄剤=シャンプーや洗顔剤のほとんどは界面活性剤の洗浄作用を応用しています。界面活性剤は「透作用や細胞を殺す作用、それらの性質を応用して、殺菌剤として使っています。帯電防止作用を応用してリンスやトリートメント、整髪料にも配合そのため頭皮に付着したり残留するような使い方は避けるだけでなく、リンスやトリートメント、整髪料は使わな...

スポンサードリンク