スポンサードリンク

界面活性剤は危険です

石鹸系にはいい特性もあるが、他のシャンプーより育毛に有利ということはなく、洗浄剤=シャンプーや洗顔剤のほとんどは界面活性剤の洗浄作用を応用しています。
界面活性剤は「透作用や細胞を殺す作用、それらの性質を応用して、殺菌剤として使っています。

 

帯電防止作用を応用してリンスやトリートメント、整髪料にも配合そのため頭皮に付着したり残留するような使い方は避けるだけでなく、リンスやトリートメント、整髪料は使わない方がいいです。

 

毛が短く、パーマやカラーなどで傷めることがすくない男性は、リンスやトリートメントを使う理由がないので、進行が激しい薄毛脱毛にはリンスやトリートメント、整髪料は禁止です。

 

界面活性剤は、界面(物質の境の面)のきっかけとなって、性質を交換する物質の全体の名前です。構造とすると、1つの分子に含まれて、水になじみ易い「親水性」と、油になじみ易い「親油性」のそれぞれの要素を保有しています。

 

これらの構造が、本当なら、水と油があるのと同じく混じり合わないタイプを、結び合わせるのに使いやすくて、汚れを落とす洗浄の役割を担います。

 

よく見られるものに石けん(脂肪酸塩)が存在します。
さらに、洗剤だけに限らず、医薬品、コスメティック、食料品といった成分にしても広範に適用されているわけです。

 

シャンプーの原材料は、90%以上が水と界面活性剤で成り立ちます。
界面活性剤は、洗浄効果を期待して使われている原材料なのです。
シャンプー剤に入っている界面活性剤は大きく5つに分けることができます。

高級アルコール系界面活性剤
アミノ酸系界面活性剤
ベタイン系界面活性剤(両イオン性界面活性剤)
ノニオン界面活性剤(非イオン性界面活性剤)
天然界面活性剤

界面活性剤においては洗浄力の強力なタイプと弱いタイプがあるわけですが、洗浄力の強力である界面活性剤は、数多く問題が生じます。

 

頭皮や髪への刺激が強力な⇒薄毛、頭皮の荒れをもたらす原因に。
セットで混入されている成分の効き目をかき消去してしまいます。
頭皮の脂を過剰摂取するから、不十分な脂を間に合わせるため皮脂の分泌が活発になる⇒結果として、外見は脂っぽいのに頭皮は乾いて⇒薄毛、頭皮の荒れが起こる原因に。

 

シャンプーは、水と界面活性剤で作られているからには、シャンプー選びでもっとも肝心なのは「どのような界面活性剤が使用されているか」と言っても間違いないでしょう。

 

皮脂をむやみに取り除いてしまえば、頭皮は足りなくなった皮脂を充足させる影響で一段と皮脂を分泌する状態になって、その皮脂をふたたび取り除いて、というようなどうにもならない状態が起こってしまうわけですが、このことが薄毛や頭皮の荒れが生じる原因ともつながります。

ノンシリコンシャンプーが激アツしてます

することになった原因もハッキリしないままに「シリコンは悪だ」と決めてかかっていらっしゃる人も大勢いると思われます。
シリコンとは、シャンプーする際に髪の摩擦を穏やかにする効果があります。

 

髪の長い女性の人のケースでは、シリコンが含有されているシャンプーを使用するのが一番良いというようなケースもあるといえます。
シリコンは、油に馴染みに抵抗がない親油性といった性質を持ってます。

 

健やかな髪の毛の表層は親水性ですのでシリコンが張り付くことがあり得ませんが、ダメージを受けてキューティクルが剥がれ落ちている部分は親油性ですからシリコンが張り付きやすくなります。

 

シリコンが使われているシャンプーを使用すると、シリコンが髪のダメージ部位に張り付いて髪をコーティングすることによって、光沢を取りもどす作用を望めます。

 

こうしたダメージ部位に張り付いたシリコンは時間が経過するとめくれ落ち、そのタイミングで健やかなキューティクルまで一緒に剥きとってしまうことがあるわけです。

 

こうなってしまうと、ダメージがより一層進行していくので、ダメージがハードなならばノンシリコンシャンプーがオススメです。
シリコンが張り付いた部分はカラーやパーマが当てにくくいデメリットもあります。

 

少しの間「シリコンが入っているシャンプーは毛穴を目詰まりさせて薄毛が発生する原因となる」とされるウワサがたちましたが、このことは裏付けが十分じゃありません。

 

シリコンは親油性、頭皮は親水性、結局のところそれぞれ間逆の性質だからシリコンが毛穴に目詰まりを起こすというのはあり得ないわけです。
だけれど、頭皮に汚れた状態が残ったケースでは話に違いがあります。

 

汚れた状態とはすなわち油のということなので、シリコンが張りつきやすくなります。
すすぎが中途半端だと毛穴にシリコンが目詰まりしてしまう可能性が大きいからです。

 

シリコンが添加されたシャンプーを使うときには、頭皮をこれまで以上に間違いなくすすぐことをおすすめします。
当然シリコンは化学物質ですので、含まれていないことが一番ですが、どうしても敬遠したほうが問題ない成分と決めつけられるものではないのです。

 

あなたの髪の長さやダメージ具合を見たうえで、ノンシリコンシャンプーを利用することが必要かどうか考えてみましょう。

 

 

選び方より使い方
成分や品質を追求しても都合のいいことしか知らされてないのが真相です。
断片的な知識はかえって本質を見誤ることが多いので、シャンプーの品質や成分を追求するより、使い方・毛を育てるシャンプー法を学びましょう。


シャンプー皮膚炎について

頭皮の異常症状この写真が顕著な例です。
頭皮が赤っぽい、かゆみがありふけが多くなるなどの例は多いです。
とくに育毛剤を使用していると、頭皮の状態を見て、シャンプーを選ぶ必要があります。

 

シャンプーは毎日使うだけに、頭皮に合わないと、髪の毛は細くなり、4〜6年ある髪の毛の寿命が短くなり薄毛や脱毛は進行します。

 

頭皮が赤くなる炎症状態だけでなく、頭皮が健康に白く見えても+や++の炎症をおこしているケースが多いです。

 

体の中からの原因が重なって脂漏性湿疹を併発しているケースは、シャンプーを替えてもよくならないことが多く、ルナレストルセリピッドX+ルナレストル育毛シャンプーを使って、正しいシャンプー法で改善してください。

理美容師のシャンプー皮膚炎

シャンプー皮膚炎の手毎日多くのお客様をシャンプーする理美容師は、
写真のようなシャンプー皮膚炎をおこすことが多いです。
最初は指からはじまり手のひら、腕とひろがり、リンパを伝わって身体の内部まで損傷を与えます。

 

ひどいときには、肝臓や内臓に障害がでたり、不妊などの例も伝えられています。
弱っている頭皮や、薄毛が進行しているほどシャンプーやリンス・トリートメントの界面活性剤による損傷は大きいので、知ってください。

育毛シャンプーの使い方を学びましょう

炎症があるときや頭皮が弱っているときは、
ルナレストル育毛シャンプーを2倍希釈します。

スカルプケア頭皮ローションT・ルナレストルセリピッド=頭皮料で、頭皮を保護してから、ルナレストル育毛シャンプーを使います。
すすぎは、いままでの2倍ほどのぬるま湯を使って、ていねいにします。

頭皮異常を沈静化させる

どんな進行状態の頭皮でもシャンプーをして、育毛剤を使えば効果が出て生えてくるということはありません。

頭皮の異常とは

吹き出物、脂漏性、炎症、うっ血などの状態。
このような頭皮を改善してから、本格的な育毛手当てに移るほうが確実性があります。
改善率を上げるには、前処理を組入れてください。

前処理とは

頭皮回復、頭皮を育毛剤が効く頭皮に改善することです。
頭皮異常を回復させてから、育毛剤へ引き継ぐことで改善率は大きく違い確実、前処理を組入れて成果を上げています。

育毛とは、頭皮を育てること

毛を直接育てることだけでなく、毛が育ちやすい環境をつくることです。
毛が少なくなるのは、頭皮になんらかの異常があるからです。
その異常を正していくことで毛は回復してきます。

 

ルナレストルセリピッド=頭皮料で回復させ、頭皮や毛穴の状態=いい育毛環境の状態をつくることが育毛の基本です。
しかし、残念ながら育毛剤では、保護作用や頭皮回復作用が不足しています。

 

頭皮の改善には、スカルプケア頭皮ローション・ルナレストルセリピッド=頭皮料が必要になります。

油で脂を落とすということ

界面活性剤は、人間の排出する皮脂=油を洗い流すために、脂を吸着につなげる油の一種です。油は水に混ざり合わない性質が見られるため、油を洗い流そうとすれば、油を利用しないと落ちないわけです。

 

そのため実用化されたのが石鹸です。石鹸は、脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウムというような物質でできていて、ヤシ油・パーム油などの植初油や、牛脂などの動物油から生産されます。

 

石鹸は、皮膚に張り付くと、脂肪が体の油を吸着することで、石鹸カスとなって脂が落ちるわけです。
石鹸が好ましい点は、脂と反応すると直ぐに石鹸カスと化して、中和される点です。
泣き所として、石鹸は強いアルカリ性で、人間の肌は弱酸性です。

 

石鹸が張り付くと肌が強アルカリに触れますから、肌がデリケートな方には合わなくて、皮膚が炎症が起きたりする点です。
純粋な石鹸は、自然の成分からできているため、肌に合わないと言ったところでそれほどまでにひどい状況にはならないようです。

 

いまどきのシャンプーの界面活性剤は、石鹸でなくて「合成石鹸」といった化学的に処理した界面活性剤を使っています。

 

合成石鹸の界面活性剤は、肌に対しての負担が少なくて済む成分から強い成分までもいろいろです。
合成石鹸の界面活性剤は、石鹸とは短絡的に比べることが容易ではありません。

 

石鹸も刺激が強い一面もあることから、合成石鹸で刺激が弱い商品であるならば、合成石鹸が一番いいかも知れません。
界面活性剤の中においても刺激が強い成分は、高級アルコール系といったものです。

 

例として、ラウリル硫酸〜、ラウレス硫酸〜というような成分で、薬局で売られるシャンプーの大半に使用されているはずです。
ラウリル硫酸Naというような成分は、強い洗浄力を持っていて台所用洗剤のような洗浄力を持っています。

 

大量に製造することに有効であり、安い価格で安定的に提供できる点で、シャンプーにほとんど使われてます。

 

頭皮をケアしていきたいというのであれば、ラウリル硫酸〜の界面活性剤はあまり使わないほうが良いでしょう。

 

肌にダメージを与えない・低刺激な洗浄成分になると「コカミドプロピルベタイン」(天然由来の成分をベースにして設計される両性界面活性剤)というようなアミノ酸系成分。

 

コカミドプロピルベタインというのは、ヤシの実の油から設計されていて安全性・刺激性も抑えられている界面活性剤です。

 

アミノ酸シャンプーの成分になると、コカミドプロピルベタインというような成分が使われていると望ましいですね。

 

このところよく育毛シャンプーが売り出されていますが、高級アルコール系のラウレス硫酸が用いられていることもあって、気をつける必要があります。

 

界面活性剤というと、奥が深く分かりにくいですけれども、シャンプーの裏面の成分表示をチェックしておけば、刺激が強いシャンプーか、刺激が弱いシャンプーということが分かってきます。

 

そんなわけですから、先入観やテレビCMなど一辺倒で、判断することなくあなた自身でシャンプーを選べるように変わってはどうでしょうか。

 

薄毛・頭皮に悪い界面活性剤は「ラウレス硫酸」「ラウリル硫酸」というものに関しては必ず記憶に留めておいてはどうでしょうか。

界面活性剤は頭皮やお肌に悪い?

界面活性剤と呼ばれているのは、しばしば化粧品のポスターなんかに、「界面活性剤不使用ですからお肌にダメージを与えない」などというようなコピーをお目にかかるケースがあると思われますが、何かしら悪者扱いしておられる印象が拭えず、なんといっても肌に悪影響が出る成分のような、とでもいうべき印象が強いだろうと思います。

 

界面活性剤は何がなんでもイコール悪者であるということじゃないと思います。

 

界面活性剤の"界"は"境界"の"界"です。わかりやすく言うと、界面活性剤とは相違する物質の境界面に働きかけ、これらの物質の性質をチェンジして通常であれば混じり合わない物質同士を混ぜ合わせる作用がある物質のひとくくりにした名称です。

 

一つの分子に親水性と親油性の二つの性質を持ち合わせるから、水と油を混ぜ合わせるというプロセスが生じます。

界面活性剤には、
湿潤作用
浸透作用
分散作用
乳化作用
起泡作用
洗浄作用があるのです。こういった類の働きが、洗剤、化粧品、食品などなど、広い範囲にわたる用途に取り扱われているのです。

界面活性剤はお肌に良くないといったイメージが強いだけども、肌にダメージをもたらすというのは洗浄剤として導入されるもののみです。

 

また、洗浄剤の系統にも影響されて、それほどまでに不安を抱く必要性がないものも存在します。
「界面活性剤すなわち肌に悪い」と認識し、例外なく全てを嫌いになってしまうことは早計になります。

 

界面活性剤でもいくつもの種類があって、自然界に存在していて、牛乳に含まれるガゼイン、卵黄や大豆に含まれるレシチン、大豆、茶、ヘチマなんかに含まれるサポニンも、食品やサプリメントにだって用いられる天然の界面活性剤です。

 

こういった天然物以外では、化学的には全てが合成界面活性剤という括りではありますが、"合成"と聞いてありとあらゆるものが悪い印象を持つ人もいるでしょうが、そうとも決められません。

 

合成界面活性剤にも原料に応じてたくさんの種類があって、頭皮への刺激性にだってひとつずつ異なってきます。

洗浄剤に使われる界面活性剤には、
天然由来の石鹸系
脂肪酸エステル系
アミノ酸系
高級アルコール系
石油由来の高級アルコール系
石油系
の界面活性剤があるのです。

それらのうち、頭皮への刺激や有害性がとりわけ問題になるという部分は石油由来の高級アルコール系・石油系の界面活性剤です。

界面活性剤 髪にどういった働きをしている?

石油由来の高級アルコール系・石油系の界面活性剤が配合されたシャンプーは安い値段で種類も数多くあって、マーケットにも圧倒的に無数に販売されています。

表示成分名
ラウリル硫酸ナトリウムラウレス硫酸ナトリウム、ラウリル硫酸アンモニウム、ラウレス硫酸アンモニウム、ラウリルスルホン酸ナトリウム、キシレンスルホン酸ナトリウム、スルホン酸ナトリウム、パレス-3硫酸ナトリウム、パレス-3硫酸アンモニウムなど。

こういった成分は、台所用洗剤や、歯みがき剤にもしっかりと配合されていますが、洗浄力がものすごく強いことから、皮脂を極端に取り上げ、肌のバリア機能を低下させ、痒みや炎症を起こすであったり、頭皮の健康が損なわれる恐れもあるでしょう。

 

そのうえで頭皮へのダメージが蓄積されると毛根が弱まり、抜け毛や脱毛に影響を及ぼしている恐れも広がっていきます。

 

また、経皮毒としては皮膚に浸透して皮下組織に留まり、あるいはリンパ管を通り抜けて全身を駆け巡り、肝機能障害というものを発生させたりするケースもあるそうです。

 

ついでながら女性のケースでは、頭皮から浸透した有害成分が、子宮まで届くのですが費やす時間は驚いてしまいますが40秒ということなのです。

 

また、気をつける点として付け足したいことが、"石油系"界面活性剤の原料が石油に比べて加工がカンタンな植物オイルである可能性が大いにあることです。

 

石油系に分類されるべき洗浄剤を使用していても"原料は植物由来"と謳うことができるので、石油系・植物系の括りのトリックにハマってしまう心配もありますから、"植物原料"であると考えて不安もなく購入すれば何を隠そう石油系の構造であった、というような可能性も考えられます。

 

商品選びの際には、基本的に成分名を丹念に確認することが大切なのです。
天然由来(通称植物系)と呼ばれますのは、石鹸系・脂肪酸エステル系・アミノ酸系の界面活性剤です。

表示成分名
ラウリン酸Na、ステアリン酸Na、オレイン酸Na、脂肪酸エステル系の表示成分名は、ラウリン酸スクロース、ラウリン酸スクロース、ミリスチン酸スクロースなど、それにアミノ酸系の表示成分名はココイルグルタミンン酸Na、ラウロイルメチルアラニンNaなど

どっちも低刺激で、用量を非常識に誤ったりしなければは、皮脂を奪いすぎたり、頭皮の乾燥をもたらしたりする心配はほとんどのケースで起きないでしょう。

 

特にアミノ酸系シャンプーは、髪や皮膚を作るタンパク質を構成しているのもアミノ酸であるので、何よりも髪や頭皮への刺激がなく、敏感肌の人や、頭皮トラブルが見られるケースでも安定して使えるので皮膚医学的にも推薦されるのです。

 

だけどもこういった類のタイプの洗浄剤が配合されているシャンプーは、大量に製造することが無理であるために、サロン専用ではあったり、一般的な薬局であるとか実店舗ではサッパリ流通されてなかったりすること、石油系とは違って販売価格が思っている以上に高い金額であることなどがデメリットといえばデメリットです。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク