スポンサードリンク

毛を保護・補修する目的とは

コンディショニング効果を期待して使う商品

ヘアシャンプー、リンス、トリートメント、各種整髪料、ムース

洗い上がりや風合い、感触を優先させた設計で、髪の毛にはいいが頭皮に付着すると不利となる成分が、配合されており、薄毛・脱毛には全くの配慮していません。

 

リンスは髪のために良いと思い込んで使う人がいます。
サラッとなる、枝毛を薄い膜をつくることで健康な髪にと思いがちです。

 

リンスは、洗濯のときの柔軟仕上げ剤と同じ、たいへん吸着しやすく髪の毛に残ります。残るようにつくられているからリンス。
これが地肌に残るのが大問題です。
リンスには刺激性があり、刺激成分の陽イオン界面活性剤は、リンスには使えても、女性がお肌に直接つける化粧品には使用できません。

毛を育てるため、増やすために使う商品

ルナレストルセリピッド=頭皮料、育毛剤、ルナレストル育毛シャンプー、レストルスカルプケアトリートメント、マトリックスローション
頭皮や育毛に関連する組織に働きかけ、髪の毛を育てる成分で設計されており、感触剤などで育毛を阻害する成分は配合されていません。

皮膚を守る大切な役目の角質層

その表面にはさらに皮膚膜があり、水分の蒸発を防いでおり、洗うということは、最後の皮脂膜と関係があります。

 

皮脂、汗、角質の中の成分などが混じりあった複雑なもので、薄い膜が殺菌や汚れに対しての保護もしています。

 

空気にふれ酸化により変質して、体からせっかく良い皮脂が出ても時間がたてば硬くなり、酸性になってきます。皮膚の表面は弱酸性になっています。

 

肌にはアルカリを中和する機能も備わっています。
頭皮の垢であるふけは古くなった角質や皮脂の変化したもの、増えるということは新陳代謝が、活発になっているということです。

お菓子は味がおいしくないと売れないように

シャンプーやリンスなども洗い上がりの感触がよくないと売れません。
コンディショニング剤を配合し、それが髪に付着しやすいように設計された商品を販売しています。

 

薄毛や脱毛症の心配のない人は、いいのですが「薄毛になるおそれのある人、薄毛の人」は、こうした成分が頭皮や毛穴から浸透して薄毛や脱毛は確実に進行します。

 

薄毛や脱毛を改善したい人は次の注意が必要です。
コンディショニングを目的とした商品は使わない改善中は、毛を育てる商品のみで改善します。

育毛の専門家からアドバイス

髪の毛の量感がなくなり、
地肌が透けて見えるようになると整髪料を使う人がいます。

お待ちください、薄毛や抜け毛や脱毛を進行させます。
整髪料の中には界面活性剤やコーテイング剤など頭皮や髪の毛に損傷を与える成分が配合され、育毛環境は悪くなります。

整髪料は使わないようにしてください

整髪料の皮膜により炎症のある頭皮使う場合は、頭皮に付着しないよう使うことが大切です。
シャンプー時にはしっかり洗わないと、コーティング剤のこびりつきが落ちません。
髪の毛や頭皮にもよく、感触もよく育毛にもいい商品はありません。
炎症を起こしている。
整髪料の皮膜が付着して毛口や頭皮が閉塞状態。

アミノ酸シャンプーはリンス要らない リンスの役割りということ

アミノ酸シャンプーであっても髪の保護の理由からリンスは無視できません。
リンスの役割りとは、インターネット上の口コミ情報からは「アミノ酸シャンプーがあるのならリンスが要らない」といった意見もあるみたいですが、何故ならば高級アルコール系シャンプーとアミノ酸シャンプーの洗浄力が違う部分、だからこその洗い上がりの違うところにあると思われます。

それでは、アミノ酸シャンプーで洗髪するならばはたしてリンスは必要ないのかさらには、リンスの本当の役割りというのをご紹介していきましょう。

リンスは必要となりますリンスのキーポイントとなる役割り

リンスの役割りというのを知る場合に、さしあたってリンス以前のシャンプーのことでおさらいしていきましょう。
シャンプーマーケットの大多数と化している高級アルコール系シャンプーは、洗浄力がとても強く、髪に含まれる油分を多くをキレイにします。

 

その段階で、頭皮や髪に必須な皮脂まで洗い落とすこととなるため、洗った後の髪は油分もなくてゴワゴワした感触の悪い状態になりがちです。
そういったことを回復する目的で、髪の指通りを改善する効き目のあるリンスが用いられていました。

 

一方で、アミノ酸シャンプーはバランスのとれた洗浄力を持って、必要とされる皮脂を頭皮に残しながらも、汚れをちゃんと洗うことができます。
洗った後の髪はしっとり完成します。
そのせいか、「アミノ酸シャンプーならばリンスは無駄な」と感じている人も少なくないと考えられます。

 

だけれど、リンスの役割りは髪の指通りを改善するだけではないはず。
それどころか感触が回復するという点は補助的な事もあって、基本にあるのはキューティクルの保護がリンスの大事な役割りです。

キューティクルって一体何でしょうか?

人間の髪は、毛根から毛先に向けて張り付いたうろこ状の保護層、キューティクルで守られているのです。

 

キューティクルは汚いものやホコリが髪につきづらいような形で、また髪の内側の水分や栄養素が外部に逃げ出すことをガードすることができます。

 

キューティクルは紫外線のプレッシャー、さらにはカラーリングやパーマなんかによる髪の傷みで剥がれ落ちることが発生します。
たった一度剥がれ落ちたキューティクルは以前の通りに回復するわけがありません。

 

髪を保護するキューティクルの働きが奪われることによって、傷んだ髪はこれまで以上に状態が不規則になりやすいように、切れ毛や抜け毛の発端となっています。

 

「髪を守る役割りを持っているキューティクルをどのようにして大切にケアをするか」が髪を健やかに保つ重要な部分というわけです。

リンスに左右されるキューティクルの保護

リンスは油分で髪をコーティングして外部のダメージから守って、さらには栄養素や水分が外部に逃げ出すことを防ぐ作用があるのです。

 

すなわち、キューティクルと同様の役割りです。
健やかな髪であるのならその状態をキープし、さらにはキューティクルが剥がれた髪だとキューティクルの控えとして働きます。

 

ちなみに、リンスした髪の指通りが改善され、ツヤが生じるのは油分でのコーティングが理由の結果としてです。

リンスとコンディショナーの違うところ

それで、リンスと同じような「コンディショナー」に関しても確認してみませんか。
実際のところ、「リンスとは、コンディショナーとは」をはっきりと定義する基準はされることなく、メーカーが変わればリンスとコンディショナーの定義はいろいろあります。

 

リンスもコンディショナーも、髪を油分でコーティングしてキューティクルを保護する役割りを引き受けています。

 

何種類もの商品に共通の傾向から「リンスと比べてコンディショナーのほうが保護や保湿の有効性が高い」とは言えるのですが、大きく違うところはないと思われます。

コンディショナー誕生するまでの流れ

本当のところリンスとコンディショナーを選り分けていますのは日本だけのことで、別の国ではコンディショナーで一元化されています。

「なぜそうなったのでしょうか」はリンスの誕生から時間を追いかけ確認するとうなずけます。

シャンプーといえば多くが石鹸シャンプーであった世の中に、シャンプー後の髪のゴワゴワやきしみを回復するものとしてリンスが誕生しました。

 

石鹸シャンプーよく現れる、石鹸カスが残るめんどうなことも克服するために、すすぎやすいように開発されているのも特徴になります。

ちなみに、「リンス」の名称は英語のrinse(すすぐ)というような言葉から命名されたものになります。
1980年代頃には石鹸系シャンプーというよりも高級アルコールシャンプーが一般には認知され、主流になったというわけです。
石鹸カスが残るフラストレーションは少なくなってきたため、すすぎやすさなんかよりも髪の保護・保湿の機能を高めたものが求められるように変化して、その時代から数多くのメーカーが商品のネーミングを「リンス」から「コンディショナー」へとチェンジしました。

ネーミングはまったく違うが2つの点で大きな役割りの違う部分はありません

すすぎやすいことがリンス、保護・保湿能力が高いことがコンディショナーおおよそこういったふうに受け止めて間違いないです。

 

アミノ酸シャンプーで髪をきれいにしてもリンスは使うことが常識で、リンスとコンディショナーは同じくらいのものであることが確認できました。

 

でしたら、アミノ酸シャンプーとセットして組み入れれば効果的なコンディショナー(リンス)はどんなものなのでしょうか。

 

 

確実で、わかりやすいのが「アミノ酸シャンプーと同じシリーズのコンディショナーを使う」方法です。
アミノ酸シャンプーとの同時使用を考慮していますから、アミノ酸シャンプーとの相性は素晴らしいでしょう。
髪の保護と保湿の効果抜群のグリセリル-N-(2-メタクリロイルオキシエチル)カルバメート・メタクリル酸ステアリル共重合体を含んでいて、コンディショナーの大きな役割りをしっかりと示してくれるでしょう。
また、髪は言うまでもなく頭皮のケアでも理想的です。
髪の保護・保湿により育毛を活性化させ、のちのち伸びてくる髪を傷みにくく、しかも健やかにします。


頭皮回復から始めましょう

薄毛の80%以上が頭皮に異常があります。
悪化した育毛環境ではいい毛が育つはずがなく、続くと頭皮や毛は次第に弱ります。

 

整髪料の成分が毛、毛穴、頭皮に付着、整髪料が育毛に不利となるのは、髪だけでなく毛穴をふさぎ、頭皮を刺激するためです。
配合されている界面活性剤などが、炎症の原因や頭皮と毛を弱らせる原因です。

 

このような状態の頭皮は、育毛剤が効かないばかりか、手当をすることで頭皮が弱り薄毛や抜け毛や脱毛を進行させます。

育毛とは、頭皮を育てることです

毛を直接育てることだけでなく、毛が育ちやすい環境をつくること。
逆をいえば毛が少なくなるのは、頭皮に異常があるからで、その異常を正していくことで毛は回復してきます。

 

男性型脱毛症は強い因子なのでいったん発現するとシャンプーして育毛剤をつけるくらいの手当では進行していきます。
薄毛脱毛は、老化型の薄毛です。
これからの手当は、老化防止と機能回復を目的とした手当法を組み入れることが必要。

 

よく観察すると頭頂部の髪は細くなり、毛髪の量感が減ってきてシャンプーした後などに地肌が透けて見えるようになっています。
こうした頭皮や毛穴の老化による毛の減少や寿命が短くなるのを防ぎ、回復させるための手当てをしてください。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク