スポンサードリンク

育毛は段階的に改善していきましょう

薄毛の脱毛症のひたいは、後退すると元に戻すのは難しくなります。

 

生え際が後退する前に「毛の伸び」が遅く、兆候を早くみつけ早めの手当てをしましょう。

 

片方だけが早く後退したり、手当をしても片方だけ改善が遅れることもあります。

 

女性も生え際の後退が増えています。

ひたいの後退、M型の脱毛症

スカルプケア頭皮エッセンス1
ひたいの後退が難しいのは、原因の確定が難しく体の不思議は、同じ男性ホルモンが部位により全く正反対に作用をします。

 

男性ホルモンで、頭皮の一部は老化=バランスがくずれるので細くなりやすいのです。

 

ひたいの毛の伸びる速度は極端に遅く、手当ての効果が判定しにくいため、挫折組が多いです。

 

複数ある原因をどれだけ解消できるかが育毛の成功です。

 

これを1本の育毛剤で解決するのはかわいそうです。

 

薄毛は育毛剤の成分的な効果だけに頼ると失敗、手当ての組立と使い方で効果を上げ、育毛剤をいかに浸透させ作用させるかです。

育毛剤を使い分けている理由とは

ひたいの後退、M型の薄毛・抜け毛の脱毛症は特別の手当てと、使い方も違います

 

効果は、手当ての方法と使い方で大きく違います。

 

ホルモン様の働きをする伝達物質に注目しました。

 

これは、毛の成長促進・毛の老化ともに深く関与します。

 

進行し弱っている頭皮を実験に処方設計した製品は、毛の成長期を長くし成長促進を助け、毛の退行期や休止期を早め炎症を起こす作用を緩和、脱毛症の老化タイプの育毛に特化しています。

血管は一定ではなく、作られたり消えたりしています

毛と血流
血流促進だけの血管拡張作用だけではなく、血管の量も育毛には重要な要因です。

 

虚血性、うっ血、血の滞りと薄毛の新しい原因としてストレスによる「血の滞り・気血の滞り」が増加。

 

この原因を「血管拡張・血行促進」効果だけで改善は限界です。
局所的な血管だけを考えた従来の育毛法や育毛剤は、効果に限界があり、新しい育毛剤が必要です。

実践から生み出された新しい育毛剤

現代社会が複雑化し、ストレスを多く受ける社会構造と食生活の変化から、薄毛や抜け毛の原因も大きく変化しました。

 

改善するため、新しい育毛法と育毛手当て、解決する新しい育毛剤が必要です。
開発されたのがスカルプケア頭皮ローションとスカルプケア頭皮エッセンス。

 

従来の育毛剤や育毛手当ては効かないと言われた症状を改善するため開発しました。

 

効果を発揮しています。

 

手ごろな価格で、ほどほどの効き目の育毛剤では解決できない薄毛や抜け毛が多く育毛手当ての細分化、高機能性、特化した育毛商品が必要な状況です。

 

皮脂だとか毛穴とかは古く、症状や状態は、個人差が大きいのです。

薄毛や抜け毛の原因が違います

薄毛や抜け毛の脱毛症として、同じ育毛手当てをすると失敗します。

 

おなじ商品を使っても使い方や使う量などをこまかく処方しないと、治りません。

 

宝の山を前にしてあきらめている人が多いのです。

 

28歳 男性 熱のため抜け毛が多くなり薄毛になっている。約4ヶ月

育毛改善前 育毛改善後

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク