スポンサードリンク

女性の体は男性よりも繊細

情報を集め自分流でこじらせて悪化させている女性が多く。

 

皮脂が多いと、男性の薄毛と同じ手当て、頭皮クレンジングを使用しています。

 

男性とは体の仕組みや心の仕組みが違います。男社会に適応し働いています。

 

環境がストレスとなり、体や毛髪にも現れ、薄毛・抜け毛を治りにくくしています。

 

東洋医学の智恵を育毛に応用することで改善率が上がっています。

頭頂部が薄くなってきた状態とは

頭頂部が薄くなっている
毛が細くなり、地肌がすけて見え、頭皮の色がくすんできてかたく緊張している。

 

毛穴も萎縮しており、育毛サロンで相談したら、皮脂が多く毛穴が詰まっている」といわれ毛穴を掃除する手当を続けていたが、ますます毛は細くなってきた。

 

パーマやカラーをしてムースや整髪料を使う女性は、手当を間違えるとこじれてしまいます。

 

頭皮や毛穴はおとろえ、毛は細くなり、4〜6年もある髪の寿命が短くなりボリウムが減って薄毛は進行いていきます。

 

過剰な手当で悪循環を繰り返すことになります。注意をしてください。

頭皮回復の手当てをして1ヶ月後には

頭皮回復の手当て1ヶ月
頭皮の色とつやがよくなってきたし、毛の立ち上がりがよくなり、量的に充実した感じがでてきています。

 

リンスやトリートメント、整髪料をやめてマトリックスローションを使い、ルナレストル育毛シャンプーに変えたので、毛質がよくなった結果、髪の色やツヤが違ってきます。

 

このように女性の薄毛は、正しい手当て法をすることで短期間に見違えるほどよくなるケースが多いです。

 

2枚の写真を比較して、手当ての効果がはっきりとわっていただけると思います。

商品の使い方や量により効果は大きく違う

薄毛の進行を自家用車にたとえると

 

1.進行が早いほどブレーキ(育毛手当)をかけても車は進行します。
  これは育毛も同じです。
  a.今までの悪い環境(頭皮や毛穴の内部)を整える段階。
  b.弱っている頭皮を回復させる段階。
  それからやっと育毛の段階になります。

 

2.毛は「生えるときの環境により寿命が決まる」のです。
  つまり、育毛環境が悪いときには生えた毛は、手当をしても寿命はのびない。
  しかし、途中で抜ける広汎性脱毛の抜け毛は改善できます。

 

3.手当をしても抜けていく毛はある。
  これはすでに寿命が来た毛で、手当をすれば寿命がのびるということはない。

 

この毛が抜けた後、約4ヶ月ほどして新しい毛が生えてきます。

 

育毛はその毛の育毛環境をよくして、以前より太く寿命の長い毛に育てるのが役目です。

 

毛穴の内部が角化していたり剥離しやすい状態(体質もある)だと、手当をしても抜け毛は1〜3ヶ月くらいは続くことがあります。(アレルギー体質に多いです)

 

抜けてもいいから指の腹でマッサージするようによく洗うことです。

 

生きている毛がシャンプーすることで「死んでしまって」抜けるということはなく、シャンプーなどで抜ける毛は「すでに死んでいる毛」なのです。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク