スポンサードリンク

薄毛や抜け毛の原因が変わってきました

男性の弱った頭皮
男性ホルモンが毛の成長を抑制するので、皮脂が毛の成長を抑制することはありません。

 

皮脂を取る手当は、薄毛や抜け毛は改善しません。

 

皮脂を強引に取れば、皮脂腺を刺激しますます皮脂が多くなり、防御システムが狂い頭皮や毛穴がおとろえます。

 

皮脂には毛の成長を助ける成分も含くみ、取りすぎは薄毛や抜け毛を進行させます。

 

薄毛や抜け毛はそんな単純な原因だけではなく、最低でも6つ以上の原因が複雑に絡み合って発症し進行しています。

 

現代のストレス社会に反映して原因も変わり、対応した育毛手当をしないと「お金と時間のムダになり手当をしても薄毛や抜け毛は進行する」。

この毛根を見て自然脱毛と楽観してはいけません

ストレス性の抜け毛

ストレスにより制限された毛です。

 

これをきっかけに薄毛脱毛が進行し、元に戻りにくくなるケースが増加しています。

 

こうした抜け毛(信号)がでていて、通常の育毛手当をしていてもよくなりません。


脂漏性湿疹

脂漏性湿疹
脂漏性湿疹はステロイドなどで治療します。

 

体の中からの手当を平行させないと治りにくいです。

 

脂漏性湿疹のシャンプー法は、ルナレストル育毛シャンプーで洗うのが基本です。

 

症状が強いときにはシャンプーを2倍に希釈して、やさしく洗うことです。

 

シャンプー前、頭皮を保護するために、スカルプケア頭皮ローション、ルナレストルセリピッドXを塗布後、ルナレストル育毛シャンプーで洗います。

 

シャンプー後も、スカルプケア頭皮ローション、ルナレストルセリピッドXを薄くつけます。

毛穴の中はボロボロ

洗浄力の強いシャンプー剤で悪化しています

強いシャンプー剤で悪化
こんな毛根の抜け毛が多くなってきました。

 

原因は色々あり毛穴の中がボロボロになっていることは一致。

 

初期なら育毛剤でも改善できますが、症状や進行度によっては育毛剤では無理なことが多いのです。

 

この抜け毛が多いのに育毛剤をつけているからと安心していると、薄毛や抜け毛は進行して、この毛穴から生えてくる次の世代の毛は弱々しい毛ということになります。

適切な手当をしていますか?

どんな薄毛や抜け毛でもシャンプーして、育毛剤を振りかければ毛が生えてくることは絶対にありません。

 

どのような毛が多く抜けて、混じっているか。
頭皮の色、緊張度、フケは、それは細かいか、大きいか。
頭皮はお肌と同じ成分。吹き出物や湿疹ができやすいか。
体質的なアレルギーがあるか、アレルギーの家系か。
現在、使用しているヘアケア製品は育毛環境を阻害していないか。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

 

スポンサードリンク