スポンサードリンク

三調技術の3つの基本

心身ともに安定した状態で動作や呼吸、イメージを用いて
総合的に心身の自己コントロールを行なうのが気功の特徴です。

調心(ちょうしん)心を整える

ストレスに絶えずさらされていると脳が緊張状態になり、自律神経の働きに
乱れが生じて、さまざまな病気を引き起こすといわれています。

 

現在では、膨大な情報と複雑な人間関係の中で頭を使い過ぎる傾向になります。
知性脳が過剰に興奮気味になっているといえます。

 

大脳の興奮を鎮め、自律神経のバランスを回復し、ストレスに強くなる体質を作るために行ないます。

調息(ちょうそく)呼吸を整える

気功の呼吸は、自然界から気を取り込み、病気を吐き出すという意味もあります。

 

呼吸を整える効果は、心肺機能が高まるだけでなく、集中力が高まり、
自律神経をセルフコントロールする訓練になります。

 

人の心の状態と健康状態には、呼吸状態と密接な関係があると考えられています。

 

心に緊張感や恐怖のある人、病気や健康状態の悪い人は呼吸が浅く、
胸や肩に酷くなると顎で呼吸をする場合があります。

 

呼吸は意識してコントロールすることもできますが、
普段の生活や睡眠中などには主に無意識に行なわれているものです。

 

これは呼吸が自律神経によってコントロールされているためです。

 

このことから、呼吸が乱れている人や呼吸が
浅いような人は自律神経が安定していて健康な人といえます。

 

初心者は余分な緊張状態を作らないために、最初は自然な呼吸で行ない、
慣れてくると心身のリラックスも深まり、自然に深くゆっくりとした腹式呼吸ができるようになります。

調息

1.腹式呼吸を心がけて、口からゆっくり、長く息を吐きます。
  息と一緒に、体の中にある邪気を出すイメージです。
  吐くとき、お腹は十分にへこんでいますか?

 

2.鼻からゆっくり、息を吸います。

 

お腹は十分に膨らんでいますか?

調身(ちょうしん)姿勢を整える

全身をリラックスして、背筋を伸ばし、姿勢を整えることをいいます。
正しい姿勢をとと気の重心が下半身に移り、気の循環がよくなると考えられています。

 

悪い姿勢をとることが、長い目で見ればその人の健康状態に
影響を及ぼすであろうということは、予測できます。

 

重心が傾き、背筋が曲がっている人は、
脊髄を通っている重要な神経回路を圧迫していることになります。

 

気功の立場から考えると、心身が常に緊張していることは、気の巡りが悪くなることに、
つながるといわれていて、心や体に緊張があると、気はスムーズに流れなくなると考えられます。

 

心や体をリラックスさせ、全身の筋肉と緊張を緩めることによって、
気が体内にスムースに流れるようにすることが必要になります。

 

気功によって、調心、調息、調身を実践すると、自律神経の働きを高めたり、
基礎代謝を抑えたりして体力を温存する等の効果があるといわれています。

調身

背筋をしっかり伸ばして、重心を下半身に置くようにイメージします。

 

気の研究がすすめられた結果、気の存在やその性質を示す実験結果が得られるようになり、
医学の分野では、科学技術の分野に比べ、研究が進んでいます。

 

鍼灸治療で使われる経穴(けいけつ、つぼ)や、体内にある気の通り道といわれる
経絡の研究は世界中で行なわれています。

 

経穴を刺激することによって治療ができ、気をコントロールすることにより、
心と身をよりよい状態に導くことや、考え方、生き方をもポジティブにすることもできます。

 

実際に誰も気の恩恵を受けるために、気が使いやすい存在にならなければなりません。

気とは何なの?

人は自分自身の肉体を守るために自身の能力の範囲内で行動します。
10kgの荷物しか持つことができない人は、20kgの荷物を持とうとはしません。

 

もし自己の能力を超えた活動をすれば肉体に大きなダメージを与え、生命の危機を招くためです。

 

ウエイトリフティング選手がバーベルを頭上に持ち上げるとき、ハンマー投げの選手が投てきするときに、
大きな声を出しますが、これは日常生活の行動とは異なり、肉体の持つ限界を超えようとする行為です。

 

その能力以上の力を与えているのが、そのときに発する「声」が最大限に引き出す手段となり、
その声が大きければ大きいほど、気合が入っているほど、より大きな能力を引き出せるようになります。

 

声を出すことの意味は普通の人にもあります。
何かをしようとするとき、無意識に声を出すことがあります。

 

荷物を持ち上げたり、椅子から立ち上がるときに「よいしょ」と思わず声を出して
恥ずかしい思いをしたことがある人も少なからずあり、なぜ声が出てしまうのか。

 

人が重い荷物を持ち上げるときや、年をとり身体の筋肉が衰えている
老人が立ち上がるときに「よいしょ」と声を出すのは、これから荷物を持ち上げますよ、
立ち上がりますよ、と自分自身に言い聞かせています。

 

それは、脳からの信号を肉体に伝える手段には、神経以外の力も働いています。
声の効果とは、普段自分の能力範囲内で行動する、能力を超えた行為を可能にします。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク