スポンサードリンク

気のさまざまな訓練

実際に気を自由自在にコントロールすることはやさしいことではありません。

 

気は訓練次第ではある程度コントロールすることができるようになりますが、
完全にコントロールできるといいきることはできません。

 

なぜなら気というものは自分自身だけでなく、周りの人や場所、環境(天候、静かさ)からの
影響を受けるため、誰もが容易にコントロール出来るというものではないためです。

 

気をコントロールするための訓練のなかには、
座禅(主に仏教の禅宗で行なわれる修行法)、ヨガ(古代インドから伝わる修行法)。

 

これらの訓練によって精神統一し、呼吸を整えて身体を一定の状態に
保てるようにすることで、安定した気の流れを作ることができます。

 

もしも、自分に迷いや悩みなどがあって、意識が別の方向に向いてしまうと、
気の流れも別の方法へと流れてしまうことがあり、よく「気がそがれる」という
言葉を使いますが、これは意識の乱れ、気の流れが乱れたことを表す言葉です。

イメージトレーニング

気をコントロールする上で大切なものです。

 

目を閉じて頭の中で物事もよく考え、そこに意識を
近づけることによって、気をコントロールしようとするものです。

 

仕事や勉強ならば、もっとよい結果が得られるようにするためのイメージコントロールを
すると、自然と気持ちがその方向に向き、気の流れもその方向に向くようになります。

「気」のつく言葉の意味とは

イメージコントロールによって気の流れのシュミレーションをしたり、
声を出して身体に「これから何をすべきか」ということを伝えることは大切なことで、
これにより気持ちや気を高揚させ、目的の達成のために大切なプラス効果の影響を与えられます。

 

普段何気なく使っている、気持ちや気分という言葉は、自己の気の状態を表すのに使われます。

 

気持ちがいい、気分がいい、というときは気の調子の良い状態で、プラスの気が作用している
状態なので、このようなときに仕事や勉強をすると、その結果得られるものは大きいです。

 

これに対して、気持ちが悪い、気分が悪い、というときには気の調子が悪く、
マイナスの気が作用しているため、逆効果の結果が起こります。

「気」がつく言葉はこの他にもたくさん存在する

元気、気合(精神統一し、気を集中し、物事に取り組むこと)、
生気、邪気(他人を、あるいは自分を病気にさせるような悪い気。

 

または悪意を向けることによって発する気をいう)などそれらの言葉の多くは
自分自身の状態や体調、仕事や勉強などのやらなければならないことなどに
対してどのように立ち向かうといった、自己に直接関係するものばかり。

 

「気」という言葉のなかには、人間が自身をコントロールする、何らかの影響を
受けることによる気の流れや考え方の状態を示す意味が含まれていることが多いです。

 

気が乗らない、ようなときは気の流れが乱れていることが多く、この状態では
意識がほかに向きやすく、気が乗っている、ときならば、どんなアクシデントでも
乗り越えて結果を出すことが出きるのも、プラスの気の成せるところです。

気休めの意味とは

外部からの働きによって気を休める

気を使った言葉はたくさんあります。
その中のひとつ「気休め」があり多くの場面で使われると思いますが、これは一体どのようなものなのか。

 

たとえば、身内に不幸があったり、仕事で大きなミスをするなどの、悲しいことや辛いことがあって、
気が落ち込んでいるときに、周囲にいる人がやさしい言葉をかけ、励ますことがあります。

 

それが気休めであり、励まされただけでは根本的な解決にならないことが多いのですが、
それでも何もされないときに比べ、少しでもよい方向に向かうことがあります。

 

一人では解決や進展することもないが、周囲の人々からかけられた声によって、
何かのきっかけを掴むことができます。これが、気休めの効果といえます。

 

しかし、気休めによる効果は、常にあるとは限りません。

 

声をかける人が本当にその人のことを心配しているのでなければ、
意味がないばかりか、逆効果になってしまいます。

 

ときには、そっとして放っておいてもらいたいと思う人もいます。
このような人には、どのような気休めも効果が小さいです。

 

仕事帰りに同僚が飲みに誘ってくれて、元気付けられることもあれば、
大勢の前で大げさに励まされて、逆に落ち込むこともあります。

 

気休めを行なうには、タイミングがカギになります。
そしてこのタイミングは、すべての人が判断できるものではありません。

 

人も気持を理解する、という才能がある人の能力なのです。

 

この能力を持つ人は、意識をしなくてもどのタイミングで、
どのような言葉をかければ、効果があるのかを理解することができます。

 

気休めは、タイミングが大事です。

気を休める

休息や気分転換の効果

気を休めるとは、高揚して気が高ぶっているときは、気の力を使い続けている状態で、
この状態をいつまでも続けることは肉体的にも、精神的にも決してよくありません。

 

なんのトレーニングも積んでいない人がこのような状態に長時間身を置いていると、
いずれは体調不良になったり、精神的に追い詰められることになりかねません。

 

そのために行うことが、休息や休憩、そして気分転換です。
長時間、緊張状態が続くときは、少しの時間でもよいので、休息や休憩をとってください。

 

そうすれば緊張状態から脱することができます。

気分転換することで、リフレッシュすることも可能

気を休めると、気休めという似ている言葉でも、気を休めるは、
自ら積極的に気をコントロールするために行なうもので、
気休めは外部からの働きかけによってコントロールされるものです。

 

自らの意思でコントロールする、気を休めるのほうが効果は大きくなり、いくら外部からの
強い影響を受けたとしても、結局は本人の意思で行うか否かによって、その効果は変ってきます。

気休めとは

気が落ち込んだときに周囲の励ましや慰めによる一時的な気のパワーの回復。

気を休めるとは

気の高ぶりが続く極限に近い状態から、一時的に開放されるよう、気分転換をはかる。
気のコントロールは、外部からの影響も受けますが、本人の意思がもっとも大きなカギになります。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク